2016年8月9日 更新

黒デミグラスの肉汁たっぷりハンバーグ旨い!丹波橋の「京都 れとろ洋食 LOCAVO(ロカヴォ)」

丹波橋のレトロ洋食店 LOCAVO(ロカヴォ)なり。

丹波橋のレトロ洋食店

 (49145)

やってきたのは丹波橋、お店の名前は京都 れとろ洋食 LOCAVO(ロカヴォ)。
 (49146)

なんともレトロ且つよい感じ。こういう雰囲気は年月を経て熟成されるものなので、改装しないで洋食店を始めたのは正解かもですな。全24席らしいが、かなりゆったりとした作り。
 (49147)

メニューの雰囲気も果てしなく昭和ですな。。ランチメニューは、上記と、鹿児島黒毛和牛カイノミステーキセット(150gで¥2200)などかなり豊富、かつそこそこリッチな部類。

黒デミグラスハンバーグプレート¥800と黒デミグラスハンバーグ+和牛サイコロステーキセット¥1800をお願いする。
 (49148)

セットのサラダがどどんと登場。なかなかなしっかり量。ポテサラ、パッケリほどではないでっかいショートパスタのマヨ系サラダが嬉しい。

黒デミグラスが自慢のハンバーグ

 (49149)

売りの黒デミグラスソースがかかったハンバーグプレートが登場。ハンバーグは120gぐらいかなぁ、面積はないが、厚みは3cmほどあるころんとした整形なのだ。黒デミグラスソースは和の雰囲気も感じる甘まろやか系。
 (49150)

あつあつの鉄板に乗ってくるのも昭和ですな。。ソースもいかにも醤油系ステーキソース!という懐かしい感じの一皿。
 (49151)

23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

黒デミグラスソースのジューシーハンバーグ!「京都 れとろ洋食 LOCAVO(ロカヴォ)」

黒デミグラスソースのジューシーハンバーグ!「京都 れとろ洋食 LOCAVO(ロカヴォ)」

丹波橋通りを西に坂道をひたすら下ったところにある「京都 れとろ洋食 LOCAVO(ロカヴォ)」でハンバーグランチなり。
喫茶店と侮るなかれ!プロフェッショナルな洋食を*バンブーハウス【京都伏見】

喫茶店と侮るなかれ!プロフェッショナルな洋食を*バンブーハウス【京都伏見】

朝から晩まで使えるカフェレストラン。喫茶店を超えた手作りの多彩な洋食メニューが魅力。広々ムーディーな店内もおすすめポイントです。
極上俵型ハンバーグ|ファミレスを凌駕する美味しさ「ステーキハウス ブロンコビリー京都南店」

極上俵型ハンバーグ|ファミレスを凌駕する美味しさ「ステーキハウス ブロンコビリー京都南店」

中部エリアをメインに展開する名古屋発祥のステーキチェーン「ブロンコビリー」も京都に展開中。炭火で焼かれた俵型のハンバーグや充実したサラダバーが魅力的で、ファミレスの域を超えたお店です。
【保存版】京都オススメの老舗洋食店!老若男女が大歓喜するレトログルメ☆【厳選8店】

【保存版】京都オススメの老舗洋食店!老若男女が大歓喜するレトログルメ☆【厳選8店】

おおきに~豆はなどす☆和食のイメージが強い京都ですが、意外と洋食店が多いことに驚かれる方も多いのでは?古い洋食店だと創業明治というところもあり、昔から京都人に愛されてきた洋食。今回は京都オススメの老舗洋食店をまとめました。
京都駅から徒歩圏内!使いやすい大箱レストラン「西洋酒樓 六堀(ろくぼり)」

京都駅から徒歩圏内!使いやすい大箱レストラン「西洋酒樓 六堀(ろくぼり)」

京都駅から徒歩圏内、お店の名前は「西洋酒樓 六堀」なり。元はフレンチの「Restaurant むとう」なるお店で、そこのシェフが代替わりされて洋食店に衣替えされたのだ。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。