2016年8月9日 更新

黒デミグラスの肉汁たっぷりハンバーグ旨い!丹波橋の「京都 れとろ洋食 LOCAVO(ロカヴォ)」

丹波橋のレトロ洋食店 LOCAVO(ロカヴォ)なり。

丹波橋のレトロ洋食店

 (49145)

やってきたのは丹波橋、お店の名前は京都 れとろ洋食 LOCAVO(ロカヴォ)。
 (49146)

なんともレトロ且つよい感じ。こういう雰囲気は年月を経て熟成されるものなので、改装しないで洋食店を始めたのは正解かもですな。全24席らしいが、かなりゆったりとした作り。
 (49147)

メニューの雰囲気も果てしなく昭和ですな。。ランチメニューは、上記と、鹿児島黒毛和牛カイノミステーキセット(150gで¥2200)などかなり豊富、かつそこそこリッチな部類。

黒デミグラスハンバーグプレート¥800と黒デミグラスハンバーグ+和牛サイコロステーキセット¥1800をお願いする。
 (49148)

セットのサラダがどどんと登場。なかなかなしっかり量。ポテサラ、パッケリほどではないでっかいショートパスタのマヨ系サラダが嬉しい。

黒デミグラスが自慢のハンバーグ

 (49149)

売りの黒デミグラスソースがかかったハンバーグプレートが登場。ハンバーグは120gぐらいかなぁ、面積はないが、厚みは3cmほどあるころんとした整形なのだ。黒デミグラスソースは和の雰囲気も感じる甘まろやか系。
 (49150)

あつあつの鉄板に乗ってくるのも昭和ですな。。ソースもいかにも醤油系ステーキソース!という懐かしい感じの一皿。
 (49151)

ハンバーグを突っつくと、激しく肉汁が。これはいいですな! 皿が肉汁で一杯になる某店のような不自然なものではなく、なかなかいい感じ。
ソースは伏見の名水(鳥せいの隣接にある)を酌んできて使っているこだわりさ。鉄板に黒デミソースがこぼれると鉄板と一体化して見た目が分からないという致命的欠陥がある(汗)が
、お味はなかなか良いのだ。サイコロステーキもなかなかジューシーで美味しかったです。
 (49152)

ランチはコーヒーなどドリンク数種を¥150で付けられるのも嬉しい。良いスピーカーを設置しているようで、JAZZが結構な音量で店内に鳴り響いているのだが、とても和めてくるのだ。

見桃山、丹波橋周辺はこちらをはじめ、洋食店密度が意外に高く、頑張ってほしいな!と合わせて思うのだ。強みは、せかせかしない、まったりした雰囲気と気の回るサービス、駐車場が4台分確保されているところ。ご近所の方や、営業回りで京都市内を移動している方は、ランチがてらまったりしに、ぜひどうぞ。

京都れとろ洋食 LOCAVO ロカヴォ への口コミ

京都れとろ洋食 LOCAVO ロカヴォ 店舗情報

店名:京都 れとろ洋食 LOCAVO (ロカヴォ)
住所:京都市伏見区舞台町5-1 マンション中川 1F
営業時間:
【ランチ】 11:00~14:00 
【カフェ】14:00~17:30
【ディナー】 17:30~22:00(L.O 21:00)
TEL:075-756-0717

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。