2018年4月13日 更新

大満足の卵 IN 卵★小粋な技ありオムライス『京都オムライス ルフ』【先斗町】

みんな大好きな洋食といえばオムライス。各種メディアでも有名な先斗町の細路地オムライス店。店名を冠した『ルフオムライス』はダブル卵の技ありオムライスでした。

京都の大満足オムライス

 (104001)

先斗町の細路地にある人気オムライス店。
大人一人やっと通れるほどの超隠れ家的ロケーション。
出っ張った白いタペストリーが存在をアピールしています。
 (104002)

小さな間口から想像した店内より
キャパシティある店内。
入り口をはさみ右はカウンターに赤いテーブルクロスを敷いた4人がけテーブル。
 (104274)

 (104003)

アイボリーの壁に清潔かあるフレンチレトなディスプレイディスプレイ纏められた店内。
アンテークな調度品が高級感を放ち、エレガントな居心地を作り上げます。

豊富なオムライスバリエーション

 (104161)

王道のオムライスから京都ならではの素材をつかった創作的なものまで種類豊富なラインナップ。
見ているだけでも心踊る、オムマニアにはたまらない内容。
 (104273)

バリエーション豊かなオムライスメニュー。
サイドメニューつくセットメニューもあり。
 (104272)

洋食メニューも豊富。
 (104163)

卓上アイテムはコーヒーシュガーのみ。
しなしながらはじめにガリがさりげなくサーブされます。

ダイナミックなルックス

ルフオムライス(¥924税込)

ルフオムライス(¥924税込)

サイズの指定はないですが、かなりボリューム感あるダイナミックな出で立ちで登場。
赤と黄色の原色のコントラストが食欲を増進させます。
周りの卵は薄焼き卵。
中に包まれたケチャップオムライスは鶏肉、玉ねぎ、マッシュルームといたってシンプル。
卵は表面は固くうちがわはやや半熟。
バターの風味がふんわり香る卵は見た目のインパクトに反してめちゃくちゃ優しい味わい。
 (104162)

センターにはボイルされたまんまの卵がぽってり表れ、中からは半熟のとろとろ卵が流れ出し、よりマイルドなオムに変化。
 (104271)

女性おひとり様でも、腰を据えてしっとりお食事を味わえ、デザートやコーヒーもありとカフェ使いもできデートや友人との語らいの場としても最適。
全制覇したくなる魅力満載のオムメニューは必食です。

京都オムライス ルフ クチコミでの評判

19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都先斗町】驚愕!オムライスの中から半熟卵がトロン♡卵狂者必見☆「京都オムライス ルフ」

【京都先斗町】驚愕!オムライスの中から半熟卵がトロン♡卵狂者必見☆「京都オムライス ルフ」

京都五花街の一つ・先斗町。京都らしい風情ただよう通りの細い路地にあるオムライス専門店。独創性豊かなオムライスの中、卵好きにはたまらない卵づくしのオムライスが。行ってきました。
路地裏に名店あり!卵好きには堪らない半熟玉子が入ったオムライス!先斗町の「京都オムライス ルフ」

路地裏に名店あり!卵好きには堪らない半熟玉子が入ったオムライス!先斗町の「京都オムライス ルフ」

先斗町と木屋町をつなぐほそーい路地にある隠れ家的オムライスの名店「京都オムライス ルフ」です。看板メニューのルフオムライスを頂いてきました!
”元祖ハヤシライス” 思わず『!』早矢仕ライスの産みの親★文明開化とマルゼンカフェ(京都BAL)

”元祖ハヤシライス” 思わず『!』早矢仕ライスの産みの親★文明開化とマルゼンカフェ(京都BAL)

華々しくオープンした京都BAL地下2階のマルゼンカフェ。ハヤシライスの元祖とも言われる由緒のあるメニューが頂けるなんともプレミアムなカフェ。東京とこちら京都でしか食べれない商標登録されている【早矢仕ライス】をご賞味あれ。
祇園であのご当地グルメ!?元祖オムライス店で北陸生まれのB級グルメ『北極星』

祇園であのご当地グルメ!?元祖オムライス店で北陸生まれのB級グルメ『北極星』

オムライスキラーには外せない元祖オムライスを謳った洋食店。王道チキンオムライスの美味しさもさることながら、オムライスのイメージを覆す、金沢市民が愛してやまないご当地洋食は想像を超えた豊かな味わいは際どい絶品オムライス。花街祇園の風情に浸りながら、ソフトな優しさを包み込んだ創作オムライスを頂きました。
オムライス好きさん必食!とろっとろ半熟卵オムライス『クリーククロス』【河原町】

オムライス好きさん必食!とろっとろ半熟卵オムライス『クリーククロス』【河原町】

裏寺の目立たない地下のアジト。知る人ぞ知るたんぽぽオムライスはライスにオムレツを乗せた斬新フォーム。 卵の中は幸せ満開、とろっとろ半熟卵。選べるソースで美味しさ無限大です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen