2019年4月12日 更新

ヒットの予感!?毎月開催「平安蚤の市」の第1回目が開催されました!【京都・岡崎公園】

毎月10日を開催日としてすでに8月まで開催が決定している「平安蚤の市」☆第1回目は4/10に京都・岡崎公園で開催されました☆あいにくの雨でしたが、それでも多くの人が訪れ、今後も期待できる人気ぶりがうかがえました♪

骨董市の新しいスタイル

 (149705)

あいにくの雨
早朝から結構な本降りです(苦笑)
どんな様子だろう?と、ちょっと心配しましたが
予想以上の人出で人気ぶりがうかがえますね

京都の若手古物商らが企画した新しい骨董市「平安蚤の市」

若い世代にも受け入れられやすいテイストで、国内外のさまざまなアンティーク品、ビンテージ品などが並びます

京都では毎月21日に開催される東寺の「弘法市」、同じく25日の北野天満宮「天神市」が有名ですが
新しい流れがこの平安神宮の前、岡崎公園で根付いて行けば面白いですね


毎月1回開催、ほぼ10日を開催日とし8月開催まで決定しています
 (149708)

さすがにこの雨で、半数以上のお店が出店を取りやめたそうですが
逆にこの日出店されているお店はとても逞しい、パワー溢れる感じが伝わってきますね(笑)

濡れても大丈夫な品物はどんどん表に出されていました
 (149754)

そして客側としても、濡れるのもお構いなしに掘り出し物探すひと

お店も客も同じ感覚なのが雰囲気でわかります

ある意味とても活気がありますね
 (149746)

 (149706)

 (149747)

 (149753)

種々雑多、山盛りに出されているお店もあれば、
シンプルにさりげなくレイアウトされるお店など

見ているだけでも楽しめます
 (149707)

 (149757)

トラックの荷台そのままで!
こういうのもアリなんですね(笑)
 (149756)

古着もだいぶん厳選されたやつですよ
 (149759)

今までの骨董市と違うのは、大きくは世代の違いでしょうか

少し感覚が違うだけで、見せ方やセレクト方法、収集や造り方の方向が変わってくるようです

今回出店されている側も、他所では買い付けをする側でもありますし、
今回客として訪れる方も、他所では出店者であるかもしれません

全国から約150ものお店が集い、京都の文化発信の中心でもある、この岡崎の地で新しい流れが生まれそうなのはとても楽しみですね

次回開催は5月10日

とても期待しています



イベント 基本情報

【平安蚤の市】

☆次回開催決定日
5月10日 (金)
6月10日 (月)
7月10日 (水)
8月11日 (日)

場所 : 岡崎公園 平安神宮前広場
      京都府京都市左京区岡崎最勝寺町他

問い合わせ:平安蚤の市実行委員会

HP : http://www.heiannominoichi.jp

mail : heiannominoichi@gmail.com

FAX : 075-320-2545

TEL : 070-1745-1503

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

千恋し 千恋し