2017年9月5日 更新

宇治平等院表参道を探検してみようシリーズ①「三星園 上林三入本店」【お茶屋さん】

「平等院鳳凰堂」が世界遺産に登録されたことで、国内のみならず海外からも観光客が年中通して後を絶たない宇治。宇治平等院表参道を紹介します。

宇治観光で絶対にはずせないのは「お茶」

 (5703)

私、宇治在住ですが、地元だとかえって知らないこともたくさんあります(´・ω・`)今回は愛する宇治の魅力を再発見するために、宇治でも一番観光客が訪れる平等院表参道をくまなく散策してみます!
 (5704)

宇治の中でも一番人気のエリアが「平等院表参道」ですよね。私、毎朝この平等院表参道を自転車でものすごいスピードで通り、保育園に送っています(笑)
地元すぎて、ゆっくり歩くことが少ないですが、今回は老舗中の老舗、「三星園 上林三入本店」へお邪魔してきましたよー!この赤い三つ星の紋所、茶畑の地図記号の由来になったと言われているんですって!
 (5705)

平等院表参道はお茶屋さんがたくさんあって、どこのお店も素晴らしいのですが、【宇治茶】の歴史を知りたいのであれば、絶対に「上林三入本店」を訪れるべきです!
 (5706)

テレビでもたびたび取り上げられ話題に

 (5709)

 (5710)

 (5711)

 (5712)

お店のご主人「十六代目 上林三入」さんは確かな知識と技術、そして何よりわかりやすくて楽しいお話が魅力的で、よくテレビに出ておられます。
そして、ご主人の娘さんがスイスの方と結婚し、一緒にお店で働いているということで、「YOUは何しに日本へ?」や「世界の日本人妻は見た」などでも特集され話題になりました。
丸坊主のイケメン白人さんがいますよ!!!由緒正しい厳格なお店ですが、接客はとってもアットホームで優しく、お店に入ったお客さんに美味しいお茶をふるまってくれます。

歴史と伝統に触れるお抹茶づくり体験

 (5715)

 (5716)

 (5717)

 (5718)

 (5719)

 (5720)

お店の2階には宇治茶資料室があり、「将軍家御用御茶師」の上林三入本店に伝えられた歴史資料が展示してあります。見てるだけでお茶博士になれちゃいそう♪
こちらは無料で入れます(^^♪そして三階には「三休庵」という本格的な茶室があり、ここでは石うすで抹茶をひき、お抹茶をたて、お茶菓子と一緒に味わえるのです♪♪♪
この体験は予約制でなんと800円( ゚Д゚)もう一度書きますが宇治茶の歴史を学び、文化に触れ、美味しいお抹茶とお菓子で800円なのです☆

もちろん、喫茶、お土産も充実

 (5723)

 (5724)

 (5725)

秋になっても根強い人気の「宇治金時」は喫茶コーナーで味わえます。粗めの氷に抹茶を粉でどっさりかけるのでしっかりした風味が味わえ、リピーターも多いそうです☆

人気のお土産は【煎茶 源氏物語100g1800円】【玉露 抹茶入り白折100g1300円】あたり。私も何かのお返しなどで利用したことがありますが、「どんな人に」「何の名目で」渡すのか伝えると、ご主人自ら丁寧にアドバイスしてくれるので、とっても親切でした(*^^*)

もちろん、実際に味見もさせていただけますよ♪紅葉シーズンはまだ先なので、空いてる方がいい方は今、結構狙い目です(*’ω’*)ぜひ宇治に来られたら「上林三入本店」で宇治茶のすべてを体感してみてください(*^▽^*)

店舗情報

名称
三星園 上林三入本店
住所
〒611-0021 京都府宇治市宇治蓮華27-2(平等院表参道)
電話番号
0774-21-2636
営業時間
9:00~18:00
定休日
年中無休
関連URL
公式ホームページ

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

きなこ きなこ