2016年2月20日 更新

三条京阪 パクチー好きにはたまらない美味しいバインミー!「CHIERiYA(ニューオーモン)」【ベトナム料理】

前々から気になってたお店にようやく初訪。こちらは朝食もやってるみたいですが、今回は昼におじゃましました。美味しいバインミーが食べられるというウワサのお店。仁王門通りにあるカフェ「CHIERiYA(ニューオーモン)」をご紹介します。

元・八百屋さんを改装した昭和レトロな雰囲気

 (1180)

 (1181)

元々八百屋だった店舗を改装して営業。テントの柄や店の外観が昭和レトロな雰囲気でたまりません(笑)店先にはこんなふうに野菜が。八百屋さんだった名残りを多少引き継がれてるんでしょうか。

身体にやさしい素材を使ったパクチーたっぷりバインミー

 (1184)

 (1185)

店先のメニューみて、バインミーをテイクアウトすることにして入店。
 (1187)

注文してから、なんだかこの和む雰囲気のちゃぶ台たちに導かれ、こちらで食べて行くことに変更(笑)手作り感がいい。
 (1189)

こちらも2階で、こんなイベントも。いろいろと楽しそうです~
 (1191)

そして、きました!ずっと食べたかったバインミー。バインミーとはベトナムのサンドイッチのこと。バゲットにバター、パテを塗り、野菜や肉などをはさみ、ヌックマムを振り掛けたもの。こちらのバインミーは自家製豚のパテとニンジン、大根のなます、あと葉野菜と、大好きなパクチー。注文の際にパクチー好きをアピールしたので増量してくれたんでしょうか(笑)バゲットを香ばしくトーストしてから挟んでいるのでパリパリ。そして、パクチーやパテの肉の味や甘酸っぱいなますが一体になっていて、これはうまい!持ち帰りにせず、熱々のをここで食べてよかったぁ~あっという間に完食。野菜もたっぷり食べられるし、素材も無農薬だったりできるだけ体にいいものを使用。だからか、食べると体が喜んでる感覚。ごちそうさまでした!

CHIERiYA(ニューオーモン)への口コミ

店舗情報

名称
CHIERiYA(ニューオーモン)
住所
京都府京都市左京区和国町370
電話番号
営業時間
[月~金] 9:00~21:00
[土・日・祝日] 8:00~21:00
定休日
不定休
関連URL
http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260302/26022748/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

岡崎エリアの新星*コンセプトは大人の遊び場「カフェアンドバー ディテール(Cafe&Bar DETAIL)」【岡崎カフェ】

岡崎エリアの新星*コンセプトは大人の遊び場「カフェアンドバー ディテール(Cafe&Bar DETAIL)」【岡崎カフェ】

昨秋東山に誕生したカフェアンドバー ディテール (Cafe&Bar DETAIL)。個性派ホテルが立て続けに登場し、、京都のカフェ事情ではもはや定着しつつあるドミトリー×カフェの融合。デザイナーズカフェらしい、SNS映えするtogoカップ、岡崎の景色を借景に主張したいアイデンティティ。
【京都岡崎】テラス席もある!眺めのいい開放的大空間でゆったりモーニングが大人気!!「京都モダンテラス」

【京都岡崎】テラス席もある!眺めのいい開放的大空間でゆったりモーニングが大人気!!「京都モダンテラス」

おおきに~豆はなどす☆以前にも紹介したロームシアター京都内にあるカフェレストラン。今回は早朝観光の途中にモーニング利用で。眺めのいい落ち着いた空間が人気のようで、朝から賑わってました。
【京都モーニングめぐり】河原町三条の穴場ビストロ朝食!濃厚なクロックマダムは必食「カフェビストロオーボンモルソー」

【京都モーニングめぐり】河原町三条の穴場ビストロ朝食!濃厚なクロックマダムは必食「カフェビストロオーボンモルソー」

おおきに~豆はなどす☆今回は三条河原町エリア、繁華街にある朝昼晩とそれぞれのシーンに合せた料理を提供するカフェビストロ。その中でも、リッチな味わいの朝食をいただいてきました。
京都白川沿いでくつろぎのコーヒータイムを『やまもと喫茶』【知恩院前】

京都白川沿いでくつろぎのコーヒータイムを『やまもと喫茶』【知恩院前】

東山の知恩院近く、白川沿いにある自家焙煎コーヒー店。現代風昭和レトロな空間に最新鋭のコーヒーマシン。リバーサイドロケーションを満喫しつつ、薫り高いコーヒーでまったりくつろぎの昼下がりはいかが?
癒しの一杯*マスター渾身のサイフォンコーヒー☆木下珈琲店【下鴨本通り】

癒しの一杯*マスター渾身のサイフォンコーヒー☆木下珈琲店【下鴨本通り】

下鴨神社からほど近い珈琲専門店。マスター渾身のサイフォンコーヒーとアットホームな寛ぎとアンティークカップで来客をもてなします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな