2016年12月10日 更新

いつ食べてもやっぱり美味しい老舗の名物ハンバーグ!京の百年洋食「キャピタル東洋亭本店」【京都北山】

創業1897年の100年以上続く京都老舗洋食店。老若男女みんな大好きな名物ハンバーグが大人気のお店。休日には閑静な北山にある本店でも行列を作るほど。

北山通りにある洋館の老舗洋食レストラン

 (65079)

北山界隈に野暮用があり、平日のランチ時。いつも土日に来ることが多く、その時は大抵行列をつくっている老舗洋食店「キャピタル東洋亭本店」。いつもは京都駅の支店を利用することが多いんですが、今回は本店でランチすることに。

こちらのお店は創業1897年。もともとは河原町にあったお店。1966年にこちらの北山に移転。地下鉄に乗っていて、北山駅に近づくと「京の百年洋食・キャピタル東洋亭~」とアナウンスまで入る有名店(笑)
 (65080)

もう最初から食べるものは決まってますが。一応チェック。けっこうバリエーションあり。
 (65081)

ケーキも。
 (65082)

入ってすぐ。ケーキ、意外とバリエーションあるんですね~
 (65083)

そして、そういう季節ですね。こちらはおせちも手がけていて、けっこう有名ですよね。こんなオードブル系のおせちもいいかもなぁ~といつも思いつつ。

ハンバーグ以外も充実

 (65084)

オープンキッチンで、ピザはここで生地伸ばして自家製釜で焼き立てを。ピザ食べたことないけど、いいかもなぁ
 (65085)

奥にはグリルスペース。ジュージュー焼いてます。
 (65087)

入り口にもトマトの入った箱が山積みになってましたが、こちらの冷蔵ケースにはもう一つのこちらの看板メニュー・丸ごとトマトサラダが待機中。トマトさまさま的扱い(笑)
 (65119)

わりと広いです。カジュアルな雰囲気。この日は平日の昼間でわりと年配の客が多かったです。全席禁煙。
 (65088)

で、見晴らしのいい窓際の席へ。テラス席もあります。向かいが植物園なんで借景にもなりますね。
 (65089)

で、改めてメニューチェック。
 (65090)

もう、東洋亭ハンバーグ一択なんですが(笑)
 (65091)

こんなランチ限定メニューが他にも。

で、当然というかいつもの東洋亭ハンバーグとサラダとライスのつくセット1320円を注文。こればっかり(笑)でも、周り見渡すと、9割くらいの客はハンバーグ注文。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都の紅茶専門店パイオニア!創業1930年の老舗ティーハウスは京都人の憩いの場☆「リプトン 三条本店」

京都の紅茶専門店パイオニア!創業1930年の老舗ティーハウスは京都人の憩いの場☆「リプトン 三条本店」

ここを知らない京都人はいないくらい、もう当たり前のように昔から存在するお店。紅茶専門店でありながら、ケーキやパフェ等のスイーツ類から、レストランかと思う洋食メニューも充実。使い勝手よく、昔も今も絶大な人気のお店。
【ハンバーグにフライ】王道の洋食を求めて【グリルじゅんさい】に行ってきました。国際会館駅前すぐ。『最先端星人の京都探索』

【ハンバーグにフライ】王道の洋食を求めて【グリルじゅんさい】に行ってきました。国際会館駅前すぐ。『最先端星人の京都探索』

地下鉄・国際会館駅前すぐにある、王道の洋食が食べられる【グリルじゅんさい】。 自家製ソースやお出汁を使い、こだわりの洋食をいただけます。 シュールなイラストを描く、最先端偉人(筆ペン画家)がレポートします。
【京都宮川町】明治創業の京都老舗洋食☆芸舞妓さん御用達の名物フクヤライスは必食「グリル富久屋」

【京都宮川町】明治創業の京都老舗洋食☆芸舞妓さん御用達の名物フクヤライスは必食「グリル富久屋」

京都五花街の一つ宮川町にある明治40年創業の老舗洋食店。場所柄、芸舞妓や歌舞伎役者にも人気のお店。今回はランチ時にこちらの名物メニュー・フクヤライスを食べに行ってきました。
【京都人気洋食】地元民に絶大な人気のハンバーグ!レトロな雰囲気でコスパよし☆「はせがわ」【北大路】

【京都人気洋食】地元民に絶大な人気のハンバーグ!レトロな雰囲気でコスパよし☆「はせがわ」【北大路】

北大路橋西詰の人気の洋食店。看板メニューのハンバーグはバリエーション豊富で、とにかく地元ファンが多い。コスパもよく、家族連れやカップルなどあらゆる層に人気で店内はいつもにぎわっています。
120年続く京都を代表する老舗洋食店!「キャピタル東洋亭 ポルタ店」

120年続く京都を代表する老舗洋食店!「キャピタル東洋亭 ポルタ店」

北山が本店、120年続く老舗洋食店「キャピタル東洋亭」。今回はポルタ店で、名物のハンバーグステーキと丸ごとトマトサラダを頂いてきました!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな