2017年12月4日 更新

魅惑のお酒、アブサンを堪能。隠れ家バー「SUMMON」【9/1 オープン】

2017年9月1日(金)より京都リサーチパーク1号館地下1階にオープンした、Social Network Salon「SUMMON」。 入口にはスマートロックを採用し、会員様と同伴者様のみ来店できるというユニークなお店です。 今回はそんな隠れ家バーをご紹介します。

缶詰バーからひっそり楽しめるプライベートバーへ

 (97503)

地下にあるプライベートな空間で、まるで毎日が交流会のような、お客様同士がお酒や食事を楽しみながら、交流ができる紹介制バー。
半年ほど前までは缶詰バー「Pelican(ペリカン)」として営業されていたお店を、内装雰囲気をガラリと一新してオープンされました。

お店に入るには会員登録の必要があり、スマートフォンアプリ「Qrio」にて共有されるキーで入口のスマートロックを開錠することができます。
会員になるにはホームページから会員事前予約、又は会員様のご紹介が必要となります。
メンバーになって怪しさ満点のバーを堪能しましょう。

魅惑のお酒「アブサン」と香草系リキュールの数々

ニガヨモギを原料とした香草系リキュール「アブサン」。
フランスで生まれ、嘗てはゴッホや太宰治など名だたる芸術家たちを虜にしたお酒だと言われています。
その魅惑の味たるや病み付きになってしまうこと間違いなし!
SUMMONさんでは現在10種類のアブサンを飲むことができます。
京都でこれだけのアブサンを取り扱っているお店はなかなか他でないので、香草系のお酒が好きな方はぜひ一度体験してみては?

また他にもいろんな香草系リキュールを取り揃えてらっしゃるので好みに合ったお酒を堪能しましょう!

自家製燻製フードはお酒の肴にぴったり

SUMMONさんでは自家製の燻製フードも堪能できます。
食材ごとにチップを変えて燻製されているのだとか。
中でもナッツや枝豆は超絶品! お酒が止まらなくなる極悪メニューです!!
 (97860)

チビチビといろんなものをつまみたい時はおまかせ3種盛りがおすすめです。
また、シメには牛トロ丼があったりとご飯ものも堪能できます!

あなたもSUMMON MEMBERSになりませんか?

いかがだったでしょうか?
魅惑溢れる隠れ家的バー、SUMMONさんのご紹介でした。
会員制とはなりますが、好評につき今ならメンバー事前募集もされているそうなので、
こちらのURLから登録フォームをチェックしてみては?
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

三条河原町にあるノーチャージの大人バー!オリジナルカクテルが美味しい「THE BAR」

三条河原町にあるノーチャージの大人バー!オリジナルカクテルが美味しい「THE BAR」

三条河原町にあるロイヤルパークホテル ザ 京都に併設されている隠れ家バー「THE BAR」をご紹介します。外の喧騒がうそのように静かで上品なバーです。サービス料・テーブルチャージも無料なので、使いやすさも魅力の一つです。
カフェ使いも素敵♡【京都ヨドバシ】で休憩するなら!?☆意外と穴場なブリティッシュパブ「HUB」

カフェ使いも素敵♡【京都ヨドバシ】で休憩するなら!?☆意外と穴場なブリティッシュパブ「HUB」

週末の京都ヨドバシ…外国人観光客も含めてどのお店も大混雑ですね☆東側のカフェ&フード店は大抵いっぱいですが、こちら西側奥の「HUB」は意外と空いてること多いです☆カフェ使いとしてもかなり優秀ですよ♡
京都北白川発祥の京都ラーメン!風味が違う九条ねぎが入れ放題「魁力屋 丹波口店」

京都北白川発祥の京都ラーメン!風味が違う九条ねぎが入れ放題「魁力屋 丹波口店」

本店は北白川、背脂ちゃっちゃの京都ラーメン「魁力屋 丹波口店」さんに行ってきました。JR丹波口前、駐車場も完備で使い勝手もバツグンです。
日本最古の公許花街をぶらり!京都六花街のひとつ!!新選組ゆかりの地☆「島原」【JR丹波口駅スグ】

日本最古の公許花街をぶらり!京都六花街のひとつ!!新選組ゆかりの地☆「島原」【JR丹波口駅スグ】

京都中央卸売市場の南側。日本、そして京都最古の公許花街。新撰組ともゆかりが深く、当時の趣きそのまま現存するスポットも。今回はぶらり散策してきました。
京都リサーチパーク*新スポット「Canzume & Bar Pelican」で缶詰片手に呑み明かそう【呑み屋】

京都リサーチパーク*新スポット「Canzume & Bar Pelican」で缶詰片手に呑み明かそう【呑み屋】

昨年11月、京都リサーチパーク内にオープンした「Canzume & Bar Pelican」をご存知ですか? 缶詰?バー??…気になる方は、この記事を読んでみてください♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

のんベェさん のんベェさん