2016年4月18日 更新

ふわふわキッシュは追加必至!ボリュームありのビストロランチ「イカリヤ523」@三条木屋町上ル

京都に3店舗ビストロを展開されているイカリヤグループ3軒目の「イカリヤ523」、 京都でも、お値打ちさで特に人気が高いビストロだ。

 (28141)

木屋町三条を上がっていくといやでも目に付く大きな一軒家レストラン。2Fフロアも入れるとブライダル用に立食80名で貸し切りができるようなお店で、1Fも30席はありそうな京都のフレンチでも相当にでかい箱。

土日ランチは¥1800というお手頃価格で、スープ、前菜+メインにお茶という構成。さらに+¥500でデザートをセットできる仕組み。若い人向けのお店なので、このコストで量はおどろくほどしっかり。今日も気合を入れてやってきたのだ。(2人分のコースをご紹介)
 (28142)

温かいスープからスタートなり。カリフラワーのポタージュで浮き身はベーコン。いやー、塩分控えめで、ちゃんとしておりますな。きちんと美味しいです。
 (28143)

大きなバゲットに合わせる自家製バターは塩分控えめ系。器も可愛らしい。

繊細で丁寧な前菜

 (28144)

サーモンのマリネと燻製臭をまとった揚げジャガイモのサラダ。器の底にしっかり目量のクスクスが。ドレッシングの酸味しっかり目の明瞭な味付けで、これは呑まないと!というような感じ。一緒にグラスワインを料理に合わせて提案してくれるグラス2杯のペアリングワインをお願いする。
 (28145)

兎のガランティーヌ(ベーコンを巻いてあるハム的な)とゼリー寄せ。これは非常にあっさりさっぱり系で、意外に繊細なお味。ほー、やりますな。

追加必至のスフレキッシュ

 (28146)

追加注文をお願いしたココットスフレキッシュで¥850なり。(というか、これを食べに来たのですな。。)自宅でキッシュを作ってもこういう風にふわふわにはなりませんな~。上にパイ生地で作ったビスケット的なものをかぶせて、鉄鍋で直に玉子ソース(アパレイユという)に火を入れているのが、ふわふわの秘密なんでしょう。しかし、卵Mサイズ4個分は確実そうな、これまたシッカリ量なのだ。

たっぷりメイン

 (28147)

これまた激しくボリューム満点なメイン登場。シャロレー牛すね肉の赤ワイン煮込み。ほろほろに、箸で頂けそうなほどに柔らかく、まろやか旨い赤ワインソースとの相性はばっちり。幅広パスタが付け合わせと、なんともボリューム大!な一品。
 (28148)

子羊ロティ。粒マスタードと赤ワインビネガーを使った円やか旨系なソース。しかし、これが¥1800ランチメニューの加算無しメインで、ででん!と出てくるとは、なんともありえない設定ですな。文句ありません、はい。
 (28149)

甘いものもちょっとだけ食べると。1つだけ、パリブレストを注文。超巨大シュークリームの一部を切り出した的な。ちゃんと旨し。
 (28150)

イカリヤ523への声

イカリヤ523 店舗情報

店名:イカリヤ523
住所:京都市中京区上大阪町523
営業時間:(火〜金)17:00〜24:00 
     (土・日・祝)11:30〜14:00 17:00〜24:00 月休
定休日:月曜日
TEL:075-253-0530

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。