2019年4月30日 更新

【平安神宮】文豪、谷崎潤一郎の「細雪」でマキオカ姉妹が愛した京都の桜スポットを行く《後編》

日本を代表する文豪の一人、谷崎潤一郎の傑作長編小説【細雪】。物語の中の京都でのお花見のシーンが有名です。 前回に引き続き、筆ペン画家・最先端星人が、マキオカ姉妹が歩いた京都の桜スポットをレポートします。

谷崎潤一郎の長編小説【細雪】の京都桜めぐり後編

前回の記事〖【聖地巡礼】文豪、谷崎潤一郎の「細雪」でマキオカ姉妹が愛した京都の桜スポットを行く《前編》〗で、マキオカ姉妹達が京都の嵐山・嵯峨野へ花見へ行った行程を、そっくりそのまま歩いてきたわけです。
 (151090)

今回の《後編》では、マキオカ御一行の京都お花見ツアーの大団円となる平安神宮・神苑の桜をレポートします。

小説の中でマキオカ御一行は朝から、広沢池や大沢池、大覚寺、清凉寺、法輪寺、厭離庵などでお花見を精力的に楽しんできました。

最後に一日の締めくくりとして、毎年どの桜よりも楽しみにしている、平安神宮・神苑の紅枝垂れ桜を観に行きます。

平安神宮・神苑の桜

 (151095)

京都の岡崎・東山エリアにある平安神宮は、明治28年に平安遷都1100年を記念して、第50代桓武天皇をご祭神として創建されました。
皇紀2600年にあたる昭和15年には、平安京有終の天皇で第121代孝明天皇のご神霊も合わせて祀られています。
 (151096)

平安京の正庁を模している朱塗りのご社殿。
平安時代を体感できる場所だ。
 (151098)

安神宮神苑はご社殿を囲むようにあり、約10000坪の広大な池泉回遊式庭園。
ご社殿向かって左側に神苑の入口があります。
 (151099)

小説の中で、この神苑の入口を入ったところにある紅枝垂れ桜を見ることが、マキオカ姉妹のお花見の最大の楽しみであることが綴られています。

神苑に入るまでは「今年はどんなふうか?」「もう遅くはないか?」などと気を揉みながら、入口の目の前にある満開の紅枝垂れ桜を目にした時、マキオカ姉妹は『あーーーっ!!』と歓喜の声を上げています。

この一瞬の喜びこそが花見行事の頂点で、去年の春が暮れて以来ずっと一年に渡って待ち続けていた、マキオカ姉妹のお楽しみなのです。
 (151100)

 (151103)

マキオカ姉妹が感歎の声をあげる、神苑入ってすぐにある紅枝垂れ桜。
 (151101)

 (151104)

 (151107)

 (151105)

53 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【クイーンと平安神宮】1975年にクイーンが平安神宮訪問時に撮影した場所をピンポイントで探しに行ってきた。

【クイーンと平安神宮】1975年にクイーンが平安神宮訪問時に撮影した場所をピンポイントで探しに行ってきた。

映画【ボヘミアンラプソディ】が大ヒット中、クイーンブームが再燃している今日この頃。クイーンが1975年に初来日して平安神宮で記念撮影した場所を、ピンポイントで探しに筆ペン画家の最先端星人が行ってきた。
【京都岡崎】桜みくじも人気!雨桜で見頃もピークからそろそろ終盤に突入!!「平安神宮」

【京都岡崎】桜みくじも人気!雨桜で見頃もピークからそろそろ終盤に突入!!「平安神宮」

国内外の観光客でにぎわう平安神宮。桜のシーズンもそろそろ終盤へ向かおうとしています。週末の雨で桜も強制落下ぎみ。雨の中、朝の平安神宮を散策してきました。
岡崎 明治時代の代表的な日本庭園 「平安神宮神苑」へ 【観光】

岡崎 明治時代の代表的な日本庭園 「平安神宮神苑」へ 【観光】

今日は以前の平安神宮ご案内でも少しふれておりました、こちらのもうひとつの魅力「平安神宮神苑」のご紹介をしたいと思います。
【京都新緑ぶらり】木々のパワーみなぎる早朝にエネルギーチャージ!朝活で珍光景も☆「南禅寺~蹴上インクライン他」

【京都新緑ぶらり】木々のパワーみなぎる早朝にエネルギーチャージ!朝活で珍光景も☆「南禅寺~蹴上インクライン他」

おおきに~豆はなどす☆今回は新緑がすがすがしい早朝の岡崎エリアを散策。桜の名所として知られる南禅寺、清流亭、蹴上インクラインをぶらり。そこには普段見られない珍光景も。
【聖地巡礼】文豪、谷崎潤一郎の「細雪」でマキオカ姉妹が愛した京都の桜スポットを行く《前編》

【聖地巡礼】文豪、谷崎潤一郎の「細雪」でマキオカ姉妹が愛した京都の桜スポットを行く《前編》

文豪・谷崎潤一郎の長編小説「細雪」は、大阪の旧家を舞台に四姉妹の生活を綴った長編小説で、谷崎潤一郎の代表作とも言われています。「細雪」では京都への花見のシーンが美しく綴られており、読む者を惹きつけます。 今回、筆ペン画家・最先端星人が「細雪」の京都のお花見エリアを聖地巡礼してきました。 いつもより長い記事ではありますが、最後までお付き合いのほどお願いします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

最先端星人(筆ペン画家) 最先端星人(筆ペン画家)