2021年2月5日 更新

高級チョコの食べ比べ「THE THOUSAND KYOTO」のアフタヌーンティー

4種の高品質チョコレートを食べ比べるアフタヌーンティー。一つずつに驚きと感動が詰まっています。

ホテルで楽しむアフタヌーンティー

「Choco・Ta・noon (チョコタヌーン)」4種...

「Choco・Ta・noon (チョコタヌーン)」4種のチョコを食べ比べ

THE THOUSAND KYOTOの冬のアフタヌーンティ-は「Choco・Ta・noon (チョコタヌーン)」と題し4種のチョコレートの食べ比べが楽しめます。勿論、20種以上のドリンクも飲み放題!
「現代の茶会」がコンセプトの「TEA&BAR」で楽しむお茶会

「現代の茶会」がコンセプトの「TEA&BAR」で楽しむお茶会

「TEA&BAR」は本格的なお茶が様々なスタイルで楽しめます。全面ガラス張りの吹き抜けの窓からは明るい陽光が差し込み、1階の坪庭に植えられている竹などが顔をだし、季節を感じながら、ゆったりとお茶が楽しめるスペースです。
4種類の上質なチョコレートスイーツ

4種類の上質なチョコレートスイーツ

ドリンクも20種以上が飲み放題です。寒い冬のひと時、心も体も温まって下さい。そんな温かいメッセージがパティシエチームやホテルから聞こえてきそうです。
感動のチョコレートスイーツ

感動のチョコレートスイーツ

左は「ゴールドチョコレート×ゴールデンキウイ」、ゴールドチョコレートはブロンドチョコレートとも呼ばれ、キャラメルの色をしています。日本ではルビーチョコレートが第4のチョコと言われていますが、実はブロンドチョコレートの方が先に世に出て、こちらも第4のチョコと呼ばれています。ほろ苦いキャラメル風味と味が特徴で、甘さの中にも塩気も感じられます。上のキウイと相まり、さっぱりとしていますが、ほんのり甘みがが感じる味です。

右は「ミルクチョコレート×バナナ」、上にキャラメリーゼされたバナナが載っています。どれも間にはそれぞれのチョコレートが練り込まれたクリームがサンドされており、単なるチョコレート味だけではなく味の奥ゆきも楽しめます。下のチーズケーキが、それぞれのチョコとフルーツの味を邪魔することなく、それでいてチーズケーキの味もしっかり味わえます。
チョコレートスイーツ

チョコレートスイーツ

スタイリッシュなスタンド上段に並んだ4種のチョコレートスイーツ。上質なチョコレート4種に、それぞれフルーツを掛け合わせたこだわりのベイクドチョコレートチーズケーキが並んでいます。
左の「ノワールチョコレート×グリオットチェリー」、濃厚なブラックチョコレートがコーティングされ上は甘く煮詰めたグリオットチェリーがのっています。

右は「ルビーチョコレート×ラズベリー」、可愛いピンクのルビーチョコレートと上のフレッシュラズベリーが良く合います。
ゼリーとマカロン

ゼリーとマカロン

左は「柚子と蜂蜜レモンのジュレ」。果物がたっぷりのフルーツゼリー、柑橘系の酸味がチョコレートのお口をさっぱりと引き締めてくれます。

右の「グロゼイユガナッシュのマカロン」は宝石のように輝くグロゼイユ(赤スグリ)が載り、チョコレートクリームと一緒に楽しめます。
スコーン

スコーン

「ショコラスコーン」や「プレーンスコーン」は、「マスカルポーネとオレンジのクリーム」や「チョコレートクリーム」が添えられています。お好みで。
セイボリーアイテムも感動!

セイボリーアイテムも感動!

左は「きんぴらのカナッペ」、甘辛く煮たごぼうが載せられています。中央は「ほうれん草とベーコンのキッシュ」、上にかけられているのは、オリーブオイルパウダー。右は「レンコンバーガー」、蓮根2種とサーモンが野菜と共に挟まれています。冷製の「ヴィシソワーズ」も付いています。チョコレートで甘くなったお口直しに最適ですね。
ガラス越しに見える竹林、そこを流れる風を感じながら、上質なドリンクを飲みながらゆったりと楽しんでください。
 (200501)

基本情報

冬のアフタヌーンティー「Choco・Ta・noon (チョコタヌーン)」
期間:2020年12月01日~2021年03月14日
時間:第1部 11:30~14:30(14:30までのご利用) 第2部 15:30~(17:00最終入店)
※予約は二日前まで
場  所:THE THOUSAND KYOTO 「TEA&BAR」
住所:京都府京都市下京区塩小路通り下ル東塩小路町570
アクセス:JR京都駅中央口から東へ徒歩約2分
16 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つぶあん つぶあん

オススメの記事

今注目の記事