2018年11月18日 更新

気分はまさに"英国貴族" 極上の紅茶サロン『grace』(グレース)【烏丸五条】

烏丸五条、ビジネス街のど真ん中にひっそり佇む紅茶専門店。紅茶インストラクターの資格を持つオーナーによる紅茶や秀逸な焼き菓子でワンランク上のくつろぎ空間を。

ビジネス街でティホリック

 (138421)

烏丸五条に位置する紅茶専門店「GRACE  (グレース)」
上品に佇む控えめな外装、通りに出された電光看板が目印です。

エレガントなラグジュアリー空間

 (138422)

ユニオンジャックをあしらい凝った装飾など細部にわたるまで、演出された空間はまるで英国貴族。
フラワーをモチーフにしたインテリアは女性的な美意識がキラリとひかります。
 (138426)

窓からの穏やかな光が射し込む店内はオペラが奏でる
厳かな空間。
華美な装飾はせずともラグジュアリーな演出は
高貴なティタイムへとアシスト。

高揚感あるサロンスイーツ

クリームティーセット

クリームティーセット

イギリスの伝統的なティータイムスイーツ。
近いものを提供されているカフェもありますが、このように正統派のものはなかなか巡り会えない、知る人ぞ知る内容。
クリームティーセット

クリームティーセット

クリームティーセット、
ミルクティはアッサムかケニアかいづれかを選択でき、私はアッサムをチョイス。
小ぶりなスコーンにはクローデットクリームにイチゴジャム。
バターの香りとサクふわの生地がとても美味。
なにもつけずそのまま頂いてもよいかと。
紅茶はレディメイドで提供され、一番美味しく煮出した状態で楽しめるのがよいです。
サクフワスコーン

サクフワスコーン

正統派のアフタヌーンティーで提供されるスコーン達には必須のクローデットクリーム。
クローデットクリームとは、
生クリームとバターの中間、癖のない豊かなコク。
まったりとした口当たりはホイップより濃厚でクリーミー。
スコーンは表面はサクッ、中はふんわり。
センスあるショップカード

センスあるショップカード

知的空間なサロンとしても利用でき、
外界から遮断された静かな空間でコンサート、会議、勉強会、
文学討論、おけいこ事などの場として最適です。

また、少人数のティーパーティーも可能だそう。ロイヤルアルバートなどテーブルウェアにも英国のエッセンスがプラス。
紅茶インストラクターもされているオーナーが目利きする選りすぐりの紅茶とそれを引き立てる秀一なフード達。

京都が誇る正統派紅茶専門店でした。

クチコミでの評判

店舗情報

店名:GRACE  (グレース)
住所:京都市下京区五条烏丸町400 欧風館 1F
電話番号:075-351-5727
営業時間:11:00~18:30
定休日:水曜日
関連ページ:http://teasalon-grace.com/index.html
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

朝からリッチな気分!ワンランク上のセルフカフェ「上島珈琲店」【四条烏丸】

朝からリッチな気分!ワンランク上のセルフカフェ「上島珈琲店」【四条烏丸】

UCCが全国展開するセルフカフェ。シックな設えにこだわりの家具やバックミュージックとリッチ要素がたっぷり。 繁華街のど真ん中ににて安らぎの時間を過ごせます。
河原町エリアの穴場カフェ☆リプトンプロデュースの秀逸紅茶パフェ「 ばらの木」【高島屋カフェ】

河原町エリアの穴場カフェ☆リプトンプロデュースの秀逸紅茶パフェ「 ばらの木」【高島屋カフェ】

紅茶の名店「リプトン」がプロデュースするカフェ。紅茶パフェは言わずもがなハイクオリティな傑作品です。
烏丸御池で気分はさながら英国貴族「ザ スリー ベアーズ (THE THREE BEARS)」【京都人気ティールーム】

烏丸御池で気分はさながら英国貴族「ザ スリー ベアーズ (THE THREE BEARS)」【京都人気ティールーム】

烏丸御池の英国といっても過言ではない人気ティールーム。高級感溢れるエレガンスさ、そして窓枠からのハイカラな風景、このドッキングはオンリーワン。
京町屋でいただく創作かしわキーマうどんがうまい!「京都四条くをん」スイーツもオススメ

京町屋でいただく創作かしわキーマうどんがうまい!「京都四条くをん」スイーツもオススメ

四条新町を少し上がったところに注目の新店「京都四条くをん」が12月10日オープン。国民食のうどんとカレーにこだわり、オリジナリティを加えた自信作を一足早くいただいてきました。
京都の定番カフェでオススメケーキを★イノダコーヒ コーヒーサロン店【四条烏丸】

京都の定番カフェでオススメケーキを★イノダコーヒ コーヒーサロン店【四条烏丸】

イノダのスイーツでロングセラーとなっているオリジナルレモンパイ。しっとり生地に甘酸っぱさを忍ばせた青春の爽やかな味わい。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen