2018年2月5日 更新

えっ、あのカフェも?『感慨無量』過去1年に閉店された市内の人気カフェ*プレイバック5選【まとめ記事】

新たなカフェが目まぐるしい速さでオープンし、盛り上がりを見せる一方、それに比例するように数々の名店が次々お店を畳まれていかれるのも紛れも無い事実。昨年から一月までに閉店されたカフェにスポットライトを当てていきます。

思い出プレイバック

京都では新たなカフェが目まぐるしい速さでオープンし、盛り上がりを見せる一方、それに比例するように数々の名店が次々お店を畳まれていかれるのも紛れも無い事実。昨年から一月までに閉店されたカフェにスポットライトを当てて、振り返ってまいります。

カフェグリーン【祇園】2017年 3月閉店

祇園のオセアニアスタイルカフェ

 (113637)

京阪祇園四条から一分、雑居ビルに二階の隠れ家的ロケーションにあったgreen。

店内は南半球を思わせるおおらかな空気感、
カウンター席正面には国旗を掲示し気分は異国とまではいきませんが、おおよそにして観光地ではない平穏な空気が流れていました。
夜はバーとして営業、約10年間祇園で愛されたカフェ。
 (113694)

店内には懐かしの玩具、ギャラリーとしても活用されており数々の作品が展示、販売されていました。
 (113638)

 (113639)

メニュー名もニュージーランド風。ショートブレンドはエスプレッソ、
ヴィエナはウインナーコーヒーだそう。お写真はノーマルなロングブラック。
昨年の春に閉店されました。

太陽カフェ 【北白川】2017年12月 閉店

素朴でゆったり

 (113642)

北白川エリア、京都造形大近くの太陽カフェ。1997年にオープンし、昨年12月17日に約20年の歴史に幕を閉じたカフェ。
野趣の溢れる植栽に太陽人の看板が目印です。程よく色褪せた店内。
いい意味で垢抜けていない、カントリーな雰囲気に包まれた和み系カフェ。
 (113640)

野菜たっぷりのしっかりご飯に、拘りのスイーツやコーヒーを提供されていて界隈方ののライフスタイルをサポートしてこられました。
 (113643)

一人物思いにふけったり、
友人と他愛もない会話をしたいと日常に少しの風穴を作ってくれるようなスクールライフの延長のような懐かしの空間でした。

カフェランス 【河原町】2017年11月閉店

スタイリッシュさはピカイチ

29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【閉店】記憶に残したい真心たっぷりボリュームモーニング*ブラジル【堀川中立売】

【閉店】記憶に残したい真心たっぷりボリュームモーニング*ブラジル【堀川中立売】

京都の閑静な街並みに馴染んでクラシカルな純喫茶。手間暇かけたお料理に香り高いサイフォンコーヒー、知る人ぞ知る朝から大満足のモーニングが自慢でしたが2018年5月にお店をたたまれました。
【5月20日閉店】北山の愛されお弁当モーニング*コーヒーハウスマキ北山店【紫竹下本町】

【5月20日閉店】北山の愛されお弁当モーニング*コーヒーハウスマキ北山店【紫竹下本町】

京都のモーニングを代表する「お弁当」モーニングをだされていたローカルな優しい空気感が魅力的な老舗喫茶店。出町柳とは若干違う、地域密着型の皆の集いの喫茶室でしたが5月20日で閉店。その歴史を少しだけ感じてくださいね。
京都郊外の病みつき欧風カレー★喫茶店 かりんとう【八幡】

京都郊外の病みつき欧風カレー★喫茶店 かりんとう【八幡】

八幡市男山に位置するカレーとコーヒーの喫茶店。コクと旨味をギュッと凝縮した特製カレーは家庭的ながらも、手間暇かけて作り出した旨味やスパイス感。わざわざ食べたい喫茶店カレー認定です。
摩訶不思議な碧のドリンク*四条河原町近くで評判の喫茶店「御多福珈琲」

摩訶不思議な碧のドリンク*四条河原町近くで評判の喫茶店「御多福珈琲」

お多福マークがシンボルのアーティスティックな地下のアジト的コーヒー店。ミルキウェイというなのドリンクは甘く、優しい昭和レトロなファンシーでキャッチーなドリンクでした。
百花繚乱オムライスのパラダイス☆伏見醍醐の名店「オムライス屋 スー醍醐店」

百花繚乱オムライスのパラダイス☆伏見醍醐の名店「オムライス屋 スー醍醐店」

石田駅近くにひっそり佇むオムライス専門店。サイズやソース、卵の形状も選べるまさにオムライスパラダイス。リピート必至の伏見醍醐エリアの卵の楽園。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen