2016年7月27日 更新

亀岡*古民家でいただく絶品フレンチ!貸切なのにリーズナブルで感動「古民家restaurant 淳」【レストラン】

亀岡は旭町に、ゲストハウスの一角で営業されているフレンチレストランがあります。懐かしい古民家でのんびりいただく絶品フレンチをご紹介します。

集落の一角、ゲストハウス内にひっそりと

 (41067)

 (41068)

亀岡市旭町。JR八木駅より東に進んだのどかな集落にある「ゲストハウス藤原邸」。
築200年をすぎた古民家だそうですが、そのゲストハウスの一角を使って「古民家restaurant 淳」は営業されています。

シェフの長尾淳一郎さんがお一人で切り盛りされており、週4日営業で完全予約制となっています。
1日2部制で、それぞれの時間は貸切なので、ゆったり自分たちだけで過ごすことができます。
 (41069)

玄関を入ってすぐ左にある専用入口から、靴を脱いで入店。
のれんをくぐるとその先には・・・
 (41071)

懐かしさを感じる、純和風の立派な古民家。
今ではなかなか見かけない贅沢な間取りに、ぐるりと囲むように配置された廊下や縁側、ふすまをはずすと大部屋になる造りは昔のおうちならでは。
窓から見える庭も美しくて広々。
この広々空間が、この時は自分たちだけという何とも言えない贅沢感。このロケーションだけで、来てよかったと満足できます。
 (41072)

 (41073)

実は「古民家restaurant 淳」の前は「ワンディカフェ」として営業されていて、今回名称変更とともに大幅リニューアル。
以前は間借りという形で部屋を使っておられたそうですが、古民家restaurant淳にされてからは専用で利用が可能になったそうで、随分手を入れすっきり美しくされました。

過去に何度か伺っているのですが、畳の表張りをキレイにされていたり、調度品やレイアウトを変えられていて、以前より俄然センスいい空間になっていて、思わず「おぉ〜〜」とあちこち見渡してしまいました(笑)。
 (41074)

料理は創作フレンチ料理で「Deneuner」2,500円のみ。きちんとコース仕立てでこの価格はかなりリーズナブル!
以前京都市内のレストランで腕を奮っておられた長尾シェフ、クオリティは折り紙つきです。

できるだけ地元産の安心安全な食材を使うべく創意工夫をされていて、ご自身も畑で野菜を耕すこだわりようです。
 (41075)

ドリンクはフランスワインの他ソフトドリンクも。どれもセンスいいラインナップですが、今回は4種のワインを少しずつ料理に合わせて出してくださる「ペアリング」(総量グラス約2杯分)1,800円をお願いしました。

目にも美しい絶品フレンチの数々

 (41076)

 (41077)

 (41078)

さっそくお料理スタート。
まずは地元旭町の養鶏所の卵で作られた「はじまりの旭たまご」。
とろとろクリーミーで、これから繰り広げられる料理に期待が高まります。

「畑のサラダ 大豆のテリーヌ」サラダの野菜のほとんどは長尾さんが栽培されたものだそう。
見た目から色鮮やかで新鮮なのがわかりますが、驚くほどの歯ごたえに味の濃さ。野菜ってこんなにおいしいのね!と改めて底力を実感。
テリーヌは具沢山のお豆腐的な感じもあって、見た目小ぶりですが食べごたえある一品。

ワインはここまではスパークリングワインで爽やかに。
 (41079)

丸くかわいくくり抜かれた夏野菜が入ったコンソメスープは、野菜の甘味がたっぷりで優しい味わい。大きめにカットされたナスビがまたおいしくて!

添えられたプチパンもお手製で、これが香ばしくおいしくていつもおかわり(笑)。

シェフの底力を感じるメインディッシュ

 (41080)

 (41084)

 (41085)

魚料理「その日のお魚 その日の調理法で」はパイに包まれていて、カットすると白身魚がたっぷり。口に入れるとふんわりほぐれる身に磯の香りがいっぱいに広がります。パイのサクサク感もベストマッチ。
あさりやあおさも入っているそうで、だからの豊かな味と香りなのですね。
器の鮮やかさに負けない、絶品料理。

ワインは白を。白でも重さというかしっかりな印象でしたが飲みやすく、料理と楽しみながらいただきました。
 (41081)

 (41082)

赤ワインと共に提供された肉料理は「七谷赤地鶏 腿肉のロースト」。
ももですがふんわり柔らかく、噛めば噛むほど旨味が滲み出てくるような豊かな味わい。
皮はぱりっと香ばしく食感の違いも楽しめました。
こんなおいしいかしわがあったとは!と驚愕するぐらいの味わいでめっちゃおいしかったです。
おいしすぎて、もちろんパンもすすみます(笑)。

最後のコーヒーまで手を抜かず気を抜かず

 (43793)

デザートは、この時は誕生日プレートにて。こういった対応もしていただけます。
かわいいプレートに、これなら主役も笑顔になること間違いなし♡
季節の果実を使用との事で、すももが使われていましたが、このすももが甘くておいしい!
すももにはすっぱいイメージがありあまり食べないのですがこれは甘く、こんなにすももっておいしいのねと感動(笑)。
アイスとも相性バッチリでシアワセなスイーツタイム♪
 (43797)

そして〆の喫茶はコーヒーか紅茶などからチョイスできるのですが、コーヒーをお願いしました。
コーヒーはカフェタイムの豆を使用、1杯1杯丁寧にハンドドリップで淹れてくださいます。
これまでの料理も丁寧で凝っていて素晴らしかったのに、最後のドリンクまで気を抜かず用意されるところに、シェフのこだわりやおもてなしの心を感じました。

ご自身お店で食べていて、最後に出るドリンクで失望される事が何度もあったそう。
せっかく料理は完璧なのに、ドリンクは手を抜いてるなぁ、それはないようなぁとすごく思われたそうで、自分はドリンクもきちんと手をかけておいしいものを提供したいと頑張っておられるそうです。
そしてドリンクとともに、これまた自家製のシフォンケーキ。これがまたふわふわでおいしい!
先ほどのデザートのすももソースを最後まで楽しんでいただきたいので、ソースをつけながらどうぞという憎い演出まで!
そしてソースをつけるとびっくりするぐらい好相性でめっちゃ旨!こういう食べ方アリやな〜と印象に残りました。
 (41070)

これだけの料理をすべておひとりで用意され、おひとりでサーブもサービスもされる長尾シェフに脱帽!
しかも気さくにお話してくださり、こんな優しい笑顔も。何だか癒やされちゃいます♡

これら料理がすべてついて2,500円はめっちゃおトクだと思いませんか?
ゆったりした時間と空間の中、絶品料理に舌鼓。贅沢気分が味わえます。
市内から遠いですが、わざわざ行く値打ちありなこちら。
普段使いはもちろん、大切な記念日のお祝いにもオススメです!

古民家restaurant 淳 on Instagram

SHOP DATA

住所:京都府亀岡市旭町宮ノ元2
電話:080-3133-3884
営業日:水・木・土・日(完全予約制)
営業時間:2部制・1部 11:30~/2部 13:30~/close 16:00(1部につき1組のみの貸切)
※料理は「Deneuner」2,500円のみ。
アクセス:JR山陰線 八木駅よりタクシーで約10分(ゲストハウス藤原邸までとお伝えください)

Facebook:https://www.facebook.com/rs.jun0528/?fref=ts
42 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス