2022年4月23日 更新

衰えない人気の理由☆「TRATTORIA LEONE(トラットリア・レオーネ)」【京都・四条烏丸】

イタリア トスカーナ地方の郷土料理を得意としたレストラン「TRATTORIA LEONE(トラットリア・レオーネ)」☆人気のランチをいただいてきました♪

イタリア トスカーナの家庭料理

 (222351)

2007年オープンとなっています。
もう15年になるんですね。

高辻通り室町西入ル。
充分四条烏丸エリアなんですが、この辺りから街が落ち着いてくるイメージ。
すぐそばに京都パティスリーの雄、「パティスリー・エス」がありますね。

ずっと以前からそうですが、いまだに予約しないとフラれる事の多いお店。
どちらかというと派手な要素の少ない、地味な方のお店なんですが。
 (222353)

この人気の持続ぶり。
理由の一つは良い意味で変わらないことでしょうか。

そもそもが郷土料理とか家庭料理という打ち出しをされている訳ですから。
変わらないことが是なのはある意味当たり前。

「前に食べたあれ、また食べたい」
「あそこ、思い出すと食べたくなるんだよな」

それは特定のメニューとは限らず、”味の記憶”をオープン当時から作られてきた訳ですね。

”新しいもの”を次々に求め続け、更新を繰り返す。
その結果、過去に魅力を残さないというミスマッチ。
そんなお店も多い中、こちらは頑なに変わらない。

そんな姿勢が支持される理由ではないですかね。

PRANZO B

 (222343)

ランチのB。
前菜盛り合わせとパン、パスタ1品のセットです。

まず前菜盛り合わせ。
種類の多さとポーションが丁度よいですね。

説明をほぼ聞き逃してますが、分かる範囲で。
人参から右回りでパプリカ肉詰め、インゲンのトマト煮込み、鶏レバーのクロスティーニ、色々煮野菜のクロスティーニ、豚肉とレンズ豆、セロリで肉を巻いて揚げたもの、カポナータ、中央に押し麦とツナのサラダ。

ほんのり温かい前菜。優しい味付けで気分は上々。
 (222344)

パスタは自家製タリアテッレ・ラグー。

肉々しさが印象的。
鮮烈に記憶に残る感じ。
 (222345)

こちらは相方のオーダーしたペンネ・キノコペーストのクリームソース。

こちらも見た目地味なんですがキノコの旨味風味がたっぷり。
今でも思い出せるお味です。
 (222346)

 (222350)

 (222349)

追加したデザート。 ピスタチオのセミフレッド。
 (222348)

とてもテンポの良いランチでした。

写真を並べただけで分かりますが色合いがほとんどベージュですね(笑)

ある時ふと食べたくなる味の記憶。
ふらっと寄りたいところですが予約、した方が良いです。
欲求を満たすには計画性も必要ですね。

メニュー写真

 (222347)

 (222352)

店舗 基本情報

■店舗名:  TRATTORIA LEONE(トラットリア・レオーネ)

■住所:   京都市下京区高辻通室町西入ル繁昌町295-1 京都1号館ビル 1F

■電話:   050-5457-0598

■営業時間: 12:00~14:30(L.O.14:00)
       18:00~22:30(L.O.22:00)

■定休日:  水曜日・第3火曜日

■詳細:   https://www.instagram.com/trattoria__leone/
17 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

千恋し 千恋し

オススメの記事