2017年12月17日 更新

これまで京都に無かった新しいスタイル☆「白い」コーヒーショップが衝撃オープン「Walden Woods Kyoto」【河原町六条】

パンとコーヒーの街京都にまたまた新しいコーヒーショップが12/14オープン☆スペースを大きく取った初めて見るタイプのインテリアは衝撃的☆新しいくつろぎ方の出来るスペースはとても素敵で価値ある時間を過ごせます ♪

これまでに無かったテイストで

 (108920)

白い壁でまとまられた外観と店頭
よく見れば迷彩柄です
知らなければ何のお店なのかも分からない感じ
DCブランドショップかと思えるかもしれない

とてもスタイリッシュで、ちょっと気後れする感じなんですが…
元気のいい挨拶の声に、すごくフレンドリーさが感じられて、すぐリラックス出来ます(笑)
 (108921)

 (108945)

 (108922)

「写真撮ってもいいですか?」に

「もちろんっ!どーぞありがとうございまっす!」笑

スタイリッシュなスレイヤー製のエスプレッソマシン
これも迷彩柄で統一

とりあえずカプチーノを注文

この後2Fに上がるのですが、びっくりします

2Fがとにかく衝撃的

 (108924)

 (108925)

朝一だったので空いてたんですが…思わずニヤけてしまいましたよ(笑)

「テルマエ・ロマエ」をなんだか連想しますね
サウナのひな壇みたい…の声も(笑)

しかし直感的に「これはいい!」と思えます

屋内なのに野外に居るような開放感
薄暗くても禅的に自分と向き合えるような感覚
整然と並べられたランタンは何かの儀式が始まるかのような雰囲気
とにかく落ち着きます

テーブルを廃する事でこんなに自由度が増すのですね
素晴らしいです

混み合ったとしても、この感覚は損なわれないだろうと思います
ちなみに2段目にも上がって座っても良いらしい

テーマは「What is your FREEDOM ? 」だそうです(笑)
 (108926)

使い方は自由ですからここをテーブルと呼んでも良いし
椅子と呼んでも良いのでしょうか?(苦笑)

木製で出来ているのですが、うまく光沢感を出していて大理石のように見えなくもない

ここにまたトレイと呼んで良いのかソーサーと呼んで良いのか(笑)素材感の対比が素敵です
 (108927)

しっかり温かいカプチーノ
とてもバランスの良い一杯でした♪
 (108928)

何にもなくても

じっとしていられますね(笑)

実際にはそれほど時間経たずとも不思議な満足感がありますよ
 (108930)

もう一杯いただきたくなる

 (108935)

せっかくなのでもう一杯
今度はドリップで

東京の有名コーヒー店出身の店主
浅煎りの爽やかな酸味と果実感を味わえるタイプをシングルで3種
ブレンドを2種用意されていました
 (108932)

 (108933)

シリアルを各種チョコでコーティングしたお菓子
オレンジチョコが美味しかった ♪
 (108934)

好きな時にカフェ巡りですかね(笑)
 (108936)

 (108937)

 (108939)

 (108938)

このお店のオープンで京都の珈琲業界、ちょっとザワついてますよ

すでに有名な方々が続々と(笑)

スタイリッシュですがとてもフレンドリー
今まで体験した事ないような不思議なくつろぎ感は一度体感してみてほしいです

良い感じでこの地に定着して欲しいですね

Walden Woods Kyoto 口コミ情報

店舗 基本情報

■店舗名    Walden Woods Kyoto

■住所     京都市下京区栄町508-1

■営業時間   9:00〜19:00

■定休日  不定休

■駐車場    なし

■詳細ページ  http://www.walden-woods.com/smt/
26 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

千恋し 千恋し

オススメの記事