2016年2月15日 更新

一年の〆はやはりソウルフード!あなたの知らない世界「餃子の王将」

ご存知でしたか?餃子消費量ランキングで宇都宮が1位ということになってますが、あれは消費量=購入額として換算したランキング。これ、本当の消費量換算にするとどうやら京都が1位らしいですよ。じつのところ。

そして、もうおわかりだと思いますが、その背景にあるのは間違いなく低価格で高いクオリティの餃子を提供する「餃子の王将」のおかげ。
以前にもご紹介した、あなたの知らない世界「餃子の王将」シリーズ。また、新たな変化がありましたのでご報告します!

前回の宿題「餃子両面焼き

 (12318)

前回のおさらい。こちらは餃子「よく焼き」。標準より、こんがりとよく焼けています。
 (12320)

そして、初トライ。ちょっとわかりづらいですが、こちらが「餃子両面焼き」。たしかにクリスピー感アップ。ただ、なんとなくですが、ちょっと圧縮されて小さくなった印象が(笑)でも、カリカリ好きの方にはオススメ!
 (12322)

こんなふうに、ちゃんとカテゴリーとして登録されてます(笑)

新商品続々登場!常に変化する王将

 (12325)

 (12326)

えっとーここは王将ですか?という商品いろいろと(笑)
 (12328)

 (12329)

これ、ちゃんと筍特有のエグみも少し残しつつ食感もいい!さすが国産
 (12331)

 (12332)

一押しのようですが、夜の段階で限定10食未達ということはあまり人気がないようです(笑)チャレンジ精神は買います!
 (12334)

王将ウォッチャー、小さな変化も見逃しません(笑)スプーンは今までありませんでしたが卓上に。
 (12336)

気づくのが遅かった 😥
こんなボーナスキャンペーンがあったとは。
 (12338)

 (12339)

そして、余談ですが。これ図書館で借りてきたPTA推薦図書のひみつシリーズ。その餃子編で、なななんと!餃子の王将が!!地元民としては誇らしいことです。ソウルフードが本に詳しく書かれてるなんて。
来年もまた、定点観測絶賛継続予定!どんな変化も見逃しません!!乞うご期待

尚、餃子の王将は元旦はお休み。2日からは通常営業とのこと。

餃子の王将への口コミ

餃子の王将 基本情報

名称
餃子の王将 京都東インター店
住所
京都府京都市山科区東野北井ノ上町6−16
電話番号
営業時間
月~土/11:00~深夜3:00(ラストオーダー2:30)
日・連休最終日/11:00~22:00(ラストオーダー21:50)    
関連URL

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都人のソウルフード】年の瀬にはやはり餃子三昧!年末年始の臨時休業要注意☆「餃子の王将」

【京都人のソウルフード】年の瀬にはやはり餃子三昧!年末年始の臨時休業要注意☆「餃子の王将」

山科・東インター沿いにある京都人ソウルフードで知られる餃子の王将。年の瀬の買い物途中のあわただしさの中利用。意外にも年末年始は臨時休業の店舗も多数。要注意。
【京都発祥】餃子だけじゃない!王将が本気出してきた!!創業50周年メニューの黒酢すぶた必食「餃子の王将」

【京都発祥】餃子だけじゃない!王将が本気出してきた!!創業50周年メニューの黒酢すぶた必食「餃子の王将」

京都発祥ということで、京都人のソウルフードとしておなじみの全国中華チェーン店『餃子の王将』。その王将で創業50周年感謝メニューが絶賛展開中だが、中でも今の時期限定の黒酢すぶたが巷で大好評。
地元民のソウルフード!あなたの知らない世界「餃子の王将」

地元民のソウルフード!あなたの知らない世界「餃子の王将」

王将もあと2年で創業50年になるんですね。なんとも時の経つのは早いもので。こちらも本社京都。小さい頃からお世話になってました。当時中華料理のメニューも限られてる中、本格的!テイクアウトできる!店の人がちょっと片言中国系(私が行ってた王将だけかも)!と幼心をわしづかみにする魅力がありました。
【京都人のソウルフード】急げ!期間限定メニュー『よだれ鶏』必食!新CMはケンコバ起用☆「餃子の王将」

【京都人のソウルフード】急げ!期間限定メニュー『よだれ鶏』必食!新CMはケンコバ起用☆「餃子の王将」

おおきに~豆はなどす☆今回は餃子チェーン店としては全国ランキング第1位の売り上げを誇り、京都人のソウルフードとの呼び声高い、京都発祥の『餃子の王将』。期間限定メニューや新CMが話題。
【京都中華めぐり】怪しさ満点のディープ中華!クセになるマニアックな美味しさで中毒必至☆「上海バンド」

【京都中華めぐり】怪しさ満点のディープ中華!クセになるマニアックな美味しさで中毒必至☆「上海バンド」

おおきに~豆はなどす☆今回は元田中にあるマニアック中華。外観の怪しさやお酒に合うクセになる料理に、中毒者続出。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな