2016年10月24日 更新

ハイクオリティのこの寿司ランチが580円!串八が手掛ける本格寿司店「傳七すし 西院店 (でんしちすし)」

西院駅からスグ、人気の本格寿司店「傳七すし 西院店 (でんしちすし)」です。実は、あの串八の系列店なんですよ。

串八系列の本格寿司店

 (59917)

阪急西院駅から西へ徒歩1分「傳七すし 西院店 (でんしちすし)」です。
ちょうどジョーシンの向かいにあります。

界隈でもオススメのランチ、本格寿司がお手頃価格で頂けます。
 (59916)

実は4階建ての一棟ビルなんです。結構奥行きもあり立派なビルです。

赤い壁が目印ですよ。
 (59926)

店内はこのように広く、大きなカウンター席とテーブル席になっていて、上の階にはお座敷の席があるそうです。

もちろん寿司職人が目の前で握ってくれる本格派のお店です。
 (59927)

店内は水槽もあり、お魚にこだわりあり。立派なあじとカワハギです(たぶん・・)

こだわりの鮮魚を使ったランチは480円~

 (59918)

ランチのおしながきはこちら。なんとミニ鉄火丼は480円とかなりお得、女性にはピッタリではないでしょうか。

どんぶり、すし、揚げ物とのセットメニューも豊富です。
 (59919)

裏面はミニどんぶりのセットメニュー、うどんなどもあります。
お手頃価格で色々選べていいです~

お手頃だし、串カツをやけに推すなぁと思っていたら、傳七すしは串八の系列店と聞き納得しました。調べると北白川にももう1店舗あるみたいです。

そう京都を代表する串カツのチェーンの串八です。さすがです。

580円とは思えないハイクオリティのランチ

 (59920)

まぐろがたくさんのった鉄火丼は、なんと580円です。
赤だしととろろもついてきます。

赤だしを頂くとホッとしますよね。
 (59921)

ご飯の上には錦糸卵がギッシリひいてあり、その上にはたっぷりのまぐろがのっています。
ビジュアル的にはなかなか迫力ですが、これが580円ですからお得です。
 (59922)

このお値段とは、本格寿司店なので味は、しっかり美味しいです。

聞くと北は北海道の札幌中央市場、南は九州の博多からネタを直送で仕入れるこだわりようです。
 (59923)

大ぶりのネタのった、にぎり寿司六貫セットも580円です。赤だしと巻き寿司と二切れついてきます。
 (59933)

さすが串八の系列店ですね。職人が握った、この内容のお寿司を580円で出してくれる寿司店はそうありませんよ。
お店の雰囲気も落ち着いていいですし。
 (59924)

大ぶりのネタは、厚さもこの通りです。食べ応えもたっぷりです。

やっぱり串八のグループは侮れませんし、しっかりといいものをお手頃価格で出してくれます。
西院駅からすぐと立地もいいので、オススメです。今度は夜にお邪魔したいなと思います!
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

金閣寺・北野天満宮周辺の手軽に美味しい寿司店「傳七すし白梅町店」串八の系列店

金閣寺・北野天満宮周辺の手軽に美味しい寿司店「傳七すし白梅町店」串八の系列店

京都屈指の人気串カツチェーン串八の系列店であり、地元民から観光客まで広く人気のお手軽寿司店「傳七すし白梅町店」です。
750円の海鮮ちらしがうまい!イオン五条店裏の隠れた人気店「寿司割烹 錦平(きんぺい)」

750円の海鮮ちらしがうまい!イオン五条店裏の隠れた人気店「寿司割烹 錦平(きんぺい)」

イオンモール京都五条裏の隠れた人気店「寿司割烹 錦平(きんぺい)」をご紹介します。クチコミ系のサイトではほとんど話題にはあがりませんが、実は地元人気の高いお店なんです。
【京都ランチめぐり】祇園・絶品江戸前寿司の注目店!全てが本格派!!ハイクオリティな設えも☆「祇園 鮨 忠保」

【京都ランチめぐり】祇園・絶品江戸前寿司の注目店!全てが本格派!!ハイクオリティな設えも☆「祇園 鮨 忠保」

京都祇園、花見小路を東に入った昨年4月オープンの本格江戸前寿司が食べられるお店。すでに注目店でSNSやグルメサイトでも話題のお店。ランチで行ってきました。
【京都】岡崎の隠れ家寿司屋で数量限定の『マグロの中おち丼』を「とよ寿司」

【京都】岡崎の隠れ家寿司屋で数量限定の『マグロの中おち丼』を「とよ寿司」

京都随一のカルチャーゾーン、岡崎の隠れ家寿司店「とよ寿司」で、数量限定マグロの中おち丼を頂いてきました!
京都・錦市場近くで職人寿司ランチ!12貫1200円とお得!「すし旬」

京都・錦市場近くで職人寿司ランチ!12貫1200円とお得!「すし旬」

錦市場近く、富小路にあるお手軽寿司店「すし旬」、お得な寿司ランチを頂いてきました。職人さんが握るお寿司がこの価格帯なのはうれしいでねー。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし