2019年9月30日 更新

美味しいものが集まる中央卸売市場!市場周辺の美味しい食堂6選【2019年まとめ】

中央市場の周辺には美味しい食事処がたくさん!その中でも気軽に使える食堂をまとめました!

京都人の胃袋を守る京都市中央卸売市場。隣接する関連棟や場外なら一般客も利用することができます。中央卸売市場周辺にはオススメの食事処がたくさんありますので、その中でも気軽に使える美味しい食堂をまとめました。

まだ行けていないお店もありますので、また追記します!

マグロの中トロがついて驚きの値段!『魚問屋ととや』

 (165055)

南北にも東西にも広い京都中央卸売市場。『魚問屋ととや』があるのは、南口側の西隣です。ビニールカーテンが市場の雰囲気を残しつつ、ロゴなどはちょっぴりオシャレ。
 (165057)

看板見て、目を疑います。「まぐろ中トロ」「びんちょうまぐろ」「活タイ」「たこ」。どれかを選ぶのではなくて、全部盛り!
 (165059)

こちらは、「あぶりとろ丼」。炙ったトロがたんまり。白飯を見せることなく覆いかぶさっています。これだけたっぷりなので、まずは刺身でいただくという贅沢な食べ方も可能。マグロ好きなら、もう行ったことありますよね?

店名:魚問屋ととや
住所:京都市下京区朱雀北ノ口町64番地
参考記事:https://kyotopi.jp/articles/h5Xqo

並んででも食べたいランチタイムは神コスパ!『魚河岸 宮武』

 (165061)

京都中央卸売市場 第一市場からはJRの線路を挟んで東。青果卸売共同組合の南側、もっといえば「きんせ旅館」などに近い、島原エリアにあります。
 (165063)

間接照明に照らし出された日本酒の瓶。ちょっと高級そうなお店かと思いきや…。
 (165064)

じゃん!これで800円!写りきってませんが、ごはんとお味噌汁もつきます。
アクセスがさほど良宮内にも関わらず、道に長い行列ができるのは、800円のランチにも決して惜しまぬ料理人の心意気が感じられるから。
たとえば、お刺身の鯛は、皮目を軽く炙る、タラはバジル焼きにしてきのこのクリームソースをかけるなど、この値段でいただくのは申し訳なくなるほど。素晴らしいです。

店名:魚河岸 宮武
住所:京都市下京区西新屋敷下之町6-5 アンクル島原 1F
参考記事:https://kyotopi.jp/articles/6a9ZH

定食の種類も豊富!『食彩よしもと』

 (69832)

関連棟12号棟にある「食彩よしもと」です。清潔感のきれいな店舗で好感が持てます。
お刺身やフライもの、唐揚げなど定食の種類も豊富です。
 (165069)

肉と魚のメニューのバランスの良さ!市場の近くのお店ならではです。誰を連れていっても、喜んでもらえそう♪ こちら単品のお品書きで、辛子明太子や出汁巻卵、じゃこおろしなんてメニューもあるので、昼酒を飲むのにも良さそうです。
 (69834)

定番のお造り定食(980円)はこちらです。その日の美味しいお刺身が頂けます。もちろんのその日の仕入状況によって異なります。小鉢もぬかりなく美味しいです。

日替わり定食がコスパもよく人気!『割烹マキノ』

 (69850)

2軒目は、この昭和レトロな雰囲気が楽しい「割烹マキノ」です。割烹とはありますが、昔ながらの食堂といった感じで気兼ねなくお食事が楽しめます。
 (165071)

こちら2017年当時のメニュー。いまはサバ煮定食700円と煮魚定食700円が追加されています。
 (165072)

食のプロ“市場関係者”がこぞって通う店というだけあって、この中トロ造りの新鮮さ、切れ目の分厚さったらありません。なんせ添えられているワサビも天然モノですから。これが市場クォリティーというやつです。

店名:割烹マキノ
住所:京都市下京区朱雀分木町80 京都市中央卸売市場 関連事業11号棟
参考記事:https://kyotopi.jp/articles/n6Bzo

セルフ方式で朝から晩まで営業している『村上食堂』

 (69838)

3軒目は市場の場外、七本松通りを渡ったところにある「村上食堂」です。半世紀続く、このお店は市場関係者はもちろんのこと、ご近所さんタクシーの運ちゃんにも人気の食堂です。
 (165078)

なんかこの雰囲気、映画に出てくる漁港の町の食堂みたいじゃないですか?
 (69839)

その理由はふたつ、早朝5時から20時まで営業されていて使い勝手が抜群がところと、ご覧の通りセルフ方式で美味しいおかずが並んでいて、選ぶのが楽しいところでしょう。
目の前にこうやって並びとなににしようか迷っちゃいますね。
間違いない味でレトロな雰囲気もよく、なんだか癒される食堂です。

美味しいお出汁を堪能『権八』

 (71391)

5軒目は「権八」さんは、朝5時半からお昼の13時まで営業されており、まさに市場で働く方々の胃袋を支えている食堂です。
味のある外観で、入るには少し勇気がいるかもしれませんが、間違いないお店。
 (165073)

キレイめファッションの女子を連れていくには、はばかれますが、おいしいものを食べるためならどこへでも!というツワモノには強力にプッシュしちゃいます。
 (71392)

とくにお得なのが10時45分〜12時45分のタイムサービス「ミニ丼セット」!天丼、玉子丼、きつね丼、親子丼のいずれかのどんぶりものと、蕎麦かうどんのセットが700円!

名物の親子丼は熱々なのに、玉子がトロトロでもはや職人芸の域です!最初から山椒が振りかけられているのですが、その上品な香りがたまりません!食欲をそそります。
お出汁が美味しいうどんも間違いない美味しさです。
中央卸売市場周辺の寄ってみてほしい食堂をまとめましたが、いかがでしたでしょうか。関係者以外は入れないと思われがちですが、関連棟や場外は誰でも入れますのでぜひ寄ってみてくださいね。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kyotopi まとめ部 Kyotopi まとめ部