2016年2月1日 更新

八幡の絶品穴場フレンチ☆「南フランス家庭料理気まぐれ市場」【レストラン】

穴場と言っても、知っている方も多いでしょうね♪28年目を迎える「南フランス家庭料理気まぐれ市場」さん。シェフとマダムの人柄と美味しい料理で、一度来た人は心も胃袋もわしづかみにされてしまうお店です(*’ω’*)

先日、TV番組「よーいドン!」で、円ひろしさんがお店に訪問していましたね。そのオンエアを見て久々に行きたくなり、今回は友人とちょっと贅沢ランチに行って参りました☆

お店の前から気分はプロヴァンス♪

 (6063)

 (6064)

 (6065)

 (6066)

お店は男山団地のほど近く、住宅街にあるのですが、外観はひときわ目を引く可愛さです(*´▽`*)
緑に囲まれたエントランス。レンガの階段も一段上るたびにワクワク♪お店は約20席、駐車場は3台しかありませんので、電話で予約をした方がいいと思います(^^)

もちろん店内も素敵空間

 (6069)

 (6070)

 (6071)

写真を見ておわかりいただけるでしょうが、内装も可愛すぎてため息が出てしまいます(*´Д`)何度足を踏み入れても、新しい発見があります。店内には所狭しとアンティークなものが飾られていれ、料理を待つ間も飽きさせません♪日常を忘れ去れせてくれる、本当に居心地の良い空間です♪
 (6073)

 (6074)

ちょっと!食器もいちいち可愛いんですけど!センスを感じますね♪

お料理も最高なんです

今回はランチの2,000円のBコースをチョイス♪メインは魚、羊、鶏から選べます。
 (6078)

前菜の盛り合わせは、新鮮なお野菜と味のマリネにスモークサーモン、エスカルゴやパテなど盛りだくさんです!初めて見たセロリのようなお野菜は、蓮芋の茎だそうで、癖もなくシャキシャキとしていて美味しかったです♪
 (6079)

自家製のパンはあつあつもちもちでかすかに香草の香りがして、料理によくあいます(*’ω’*)なくなったらマダムがそっとお皿に置いてくれます。本当にいつ置いたかわからないくらいさりげない神タイミングなので、食べても食べてもなくならないのか?と錯覚しました。美味しすぎて3個食べました(笑)
 (6080)

スープはごぼうのポタージュです。ごぼうの風味と甘みを活かした優しい味わいです♪パンにつけても美味しかったです( *´艸`)
 (6081)

メインです♪私は鶏肉にしました(*^^*)お肉が柔らかくてしっかりとうまみが閉じ込めてありました☆添えられたお野菜が本当にどれも美味しくて赤ワインのソースにもよく合います!
 (6082)

友人は子羊をメインに。初めて食べたそうですが、臭みも少なくお肉の程よい弾力を楽しんでいたようです♪こちらも添えられたお野菜が美味しすぎて驚いていました(^^♪単なる彩りのために置かれたのではなく、しっかり素材の味を楽しむことができるあたり、一皿一皿に込めるシェフの熱意を感じます(*^^*)いい仕事してますね~♪
 (6083)

デザートまで、すべてシェフのこだわり抜いた手作りだそう。「よーいドン!」でも紹介されたガトーショコラは開業以来作り続けている最高のショコラだとシェフも自負しています☆本当に、濃厚でとろける食感なのに、後味がさわやかで上品で驚きますよ( ゚Д゚)
洋ナシのタルトなんて、その辺のケーキ屋さんよりも美味しいんです!!!おかしいですね。食べたらどんどん減っていくんですよ~(・ω・)マダムのさりげない神タイミングのおかわりサービスは、残念ながらここでは見られませんでした(笑)コーヒーも最高ですよ♪

居心地良すぎて帰りたくないんですけど

 (6086)

 (6087)

料理を堪能しているときも、ピッチャーが空く前に新しいのを持ってきてくれたり、シェフやマダムが料理の説明をしてくれたり、子供をあやしてくれたりと、サービスの面でも細かい気配りがあり、100点満点です(*´▽`*)シェフとマダムが美男美女でとっても仲良しで素敵なご夫婦です♪地域のいろんなイベントにも精力的に参加されているので、今後の活躍にも期待が高まります♪
こんなに本格的な南フランス料理が、気を張らず気軽に食べに行けるお店はそうそうないですよ!!心の底からオススメします!!!ランチでしか行ったことがないのでまたディナーも行きたいです♪きっとワインも美味しいはず~☆

店舗情報

名称
南フランス家庭料理気まぐれ市場
住所
〒614-8055京都府京都市八幡柿ヶ谷13-4
電話番号
075-971-0407
営業時間
11:30~15:00 / 17:30~22:00
定休日
月曜日(祝日の場合翌日)
関連URL
http://www.eonet.ne.jp/~ail/menu.html
30 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

きなこ きなこ

オススメの記事