2017年2月7日 更新

VD直前のパリ発チョコレートの祭典!☆有名ショコラティエも続々登場「サロン・デュ・ショコラ」【ジェイアール京都伊勢丹】

毎年この時期恒例のジェイアール京都伊勢丹で開催されるパリ発チョコレートの祭典。今年は京都伊勢丹が開店して20周年。それを記念して、京都の素材を使用したものや、伝統を掛け合わせた商品が目白押し。

国内外の選りすぐりのショコラが一堂に会する祭典「サロン・デュ・ショコラ」

 (71493)

もう凄まじい人気ぶり。ちょうど昼すぎぐらい。京都伊勢丹10階の催物場。
 (71496)

会場の喧騒がまるで「ワッショイ!ワッショイ!!」と聴こえてくるのは私だけでしょうか(笑)皆ちょっと興奮気味な。
 (71494)

特設会場ではトークショーも。こちらは座席整理券が必要です。抽選です。
この時はフランスの老舗洋菓子店「MAZET(マゼ)」のショコラティエによるトークショー。
 (71495)

代わる代わる有名ショコラティエが続々と登場して、美味しいショコラの作り方も伝授。
 (71499)

この方もトークショーに出演される有名な方なんでしょうね。

海外勢バリエーション豊富

 (71500)

ホントに種類豊富。そして、どのショコラもフォトジェニックなものが多い印象。なんでここでコスメ?と思ったら、こちらもショコラみたいです。リップスティック型。
 (71501)

ベルギー「デルレイ」のダイヤモンドBOX。ピンクダイヤモンドを試食させてもらいましたが、チョコガナッシュ濃厚でうまっ!
 (71503)

こちらもベルギー「プラリベル」
 (71504)

イタリア「ヴェストリ」。金のスプーンですくって食べるチョコが今年の新作。

とにかく、海外勢の出店多数でどれにしたらいいかホントに迷います。

国内のショコラも負けてません!

 (71497)

祗園に本店がある「京都祗園あのん」。京都伊勢丹限定の実演販売のショコラ回転焼を買いに来たのですが。
 (71498)

全然お客がいないな、と思ったら、回転焼きの機械が不調で販売中止。タイミング悪ッ!と店員さんと思わず苦笑い。
 (71505)

京都が誇るショコラ専門店「ダリケー」。
 (71506)

お、こちらも和の雰囲気。
 (71507)

と思ったら、辻口シェフ。来店予定です。
 (71510)

そして、なんて含蓄のある店名。
 (71508)

ちゃんとスイーツのお店。
 (71509)

福島県の会社で、もとは精密機器メーカー。こんなスイーツもやってる異色の会社。
 (71511)

日本酒とチョコレートの組み合わせも定着してきましたね。
 (71512)

銘酒「獺祭」と「月の桂」のスパークリング使用。スパークリングは珍しいですかね。京都伊勢丹限定商品。
 (71514)

こちらは海外勢カウントですかね(笑)逆輸入的な。
「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」。私もパリで抹茶エクレア買いましたよ。青木氏も参戦。
 (71516)

こちらは黒七味やこがし醤油、ふきのとうなど、和食材と掛け合わせたショコラいろいろ。
 (71517)

とにもかくにも紹介しきれないくらいいろいろ。
 (71518)

で、会場内に香ばしいバターの香りとともに行列が
 (71519)

皆のお目当てはこれ。「アンリ・ルルー」のクイニーアマン・オ・C.B.S。作りたてを味わえるということで、私も便乗して並びました。
 (71520)

で、これ。
アンリ・ルルー発祥の地フランス・ブルターニュ地方の伝統菓子クイニーアマン。そこに塩入りバターキャラメルを丸ごと1個分包み込んだ逸品。
 (71521)

で、実食。
私じつは甘いモン全然好きじゃないんですが、これ激ウマ!塩がいい塩梅で甘さとバターの風味を引き立てて、いくらでも食べられそうな。クセになる味。

サロン・デュ・ショコラは14日まで開催してますが、人気ショコラは品切れの可能性もあり。お目当ての商品は早めの購入が吉。

サロン・デュ・ショコラ へのツイート

詳細情報

会場:ジェイアール京都伊勢丹 10階催物場
会期:2月1日(水)~2月14日(火)
詳細サイト:http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/floorevent/1701sdc/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers