2016年3月10日 更新

【珍土産】R18指定の名物おかき♥古川町商店街内の京菓子店「むらを東三堂」【東山三条】

かつては「東の錦」「京都の東の台所」と言われた古川町商店街。最近では世代交代して新しいお店もある中、昔から変わらない雰囲気のお店もまだまだあります。そんな中、一風変わった菓子を扱うお店をご紹介します。

「京の東の台所」と呼ばれた古川町商店街

 (21470)

地下鉄東西線東山駅上ってすぐのところにあります。昔、今の地下鉄が京阪電鉄京津線で路面電車が通ってて、下車した乗客がそのまま買い物に寄ってけっこうなにぎわいの商店街でしたね。今は世代交代して新しいお店も増えつつありますが、昔ながらのスタイルのお店も。
 (21471)

シャッター閉まってるところもありますが、こんな風にちょうちんぶら下げて景観を工夫したり、イベントを催したり、商店街の活性化を図っています。

故デヴィッド・ボウイも御用達の商店街

 (21473)

つい先日亡くなったイギリスのミュージシャン・デヴィッド・ボウイも京都で暮らしてた時期があり、ここ古川町商店街でよく買い物をしてたと話題になりました。写真の背景みると、ちょっと歴史を感じますね。

昭和15年創業の古いたたずまいの京菓子店

 (21472)

そして、こちら「むらを東三堂」。一見地味目な雰囲気で、店番をしているのもちょっとご高齢の女将さん。でも、こちらはちょっと珍しいお菓子を扱っていて、雑誌やテレビではかなり紹介されていて、この商店街では名物店のひとつ。

古めかしい、懐かしい雰囲気のお菓子たち

 (21475)

こんな無地袋に入ったお菓子類も、かなり懐かしい。焼き菓子やラムネ、あめちゃんなど。最近は外国人観光客も多いらしく、こんな寿司パッケージもウケるんだとか。

そして、名物のオトナのお菓子コーナー♥

 (21474)

そして、奥に入るとこんなコーナーが。
おかき・・・なるほど、考えましたね(笑)

R18指定!これが名物「四十八手男火気」だッ!!

 (21476)

 (21477)

タイプは2種類。「歌舞伎四十八手男火気」と「よろめき四十八手男火気」。
こちらの二代目店主が祇園遊郭丙部のお茶屋配達の際、四十八手の浮世絵の存在を知り、それをカードにしてお菓子とドッキングさせて考案したのがこれ。
今、岡崎でちょうど春画展をやってますが、ちょっとそれに精通するかんじでしょうか(笑)

京都らしいのど飴もあります

 (21479)

エロいお菓子ばっかりウハウハ物色するただのエロい人と思われないように、こちらののど飴を買ってみました(笑)九条ネギ、金時人参、とこちらの聖護院大根の京野菜ラインナップ。のどに効きそうだし、お土産にもよさそう!そして、四十八手男火気もネタになるお土産ですね!!

ヨ~イヤサ~♪

むらを東三堂 への口コミ

むらを東三堂 基本情報

■店舗名
むらを東三堂
■住所
京都府京都市東山区唐戸鼻町
■電話番号
(075)561-3243
■営業時間
月曜〜土曜・・・午前10:00〜午後6:00
■定休日
日曜と祝日・・・不定休(日曜は基本的にお休みです)
■詳細ページ
http://www.tosando.com/index1.html

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな