2017年3月3日 更新

京都で食べたい「美味しい天丼」厳選5店!定番から新店、穴場まで【まとめ】

京都にはいろんな美味しい食事がありますが、今回は天丼をピックアップして定番から新店、穴場まで厳選してご紹介します。

四条烏丸の好立地「米福 四条烏丸店」

 (73680)

四条烏丸の大丸横の場所、少し入ったところにある「天ぷら居酒屋 米福 四条烏丸店」です。
日本海の山陰から直送される新鮮な海鮮料理と、米油を使ったサクッとヘルシーな天ぷらが人気で、女性のお客さんも多いお店です。
 (73681)

一番人気でコスパ抜群の米福天丼は驚きの890円、具だくさんの豚汁もついています。もはやタワー天丼です。

海老2本、鶏天、半熟玉子天、なす、かぼちゃと具だくさんで決して見掛け倒しではありません!

大きめの海老天は、衣はサックサク、身はプリプリで美味しかったです。鶏天もなかなかオススメです!

鞍馬口の新店「天ぷら 鈴」

 (73665)

地下鉄鞍馬口駅出口から徒歩1分ほどにある、昨年9月に出来た天ぷら屋さん「天ぷら 鈴」、オープン以来に人気の天ぷら専門店です。
天ぷらの名店、圓堂ご出身の店主が揚げる軽やかな天ぷらが人気の理由です。
 (73666)

名物の鈴天丼は1,250円です。天然エビ2、大きなアナゴ1、万願寺唐辛子に茄子に舞茸、わすれちゃいけないとろとろ卵黄!という布陣です。
甘口の丼つゆをまとっていてしっとりな食感。ご飯もしっかり目で、普通クラスの食欲なら納得できそうなボリューム感です。きっちり赤だしもついています。

祇園の超人気店「天ぷら 天周」

 (73668)

祇園にある人気の天ぷら屋さん「天周」です。祇園四条駅からも徒歩すぐ、縄手を東へ少し進んだところ四条通沿いにあります。間口は狭いので気をつけないと見過ごしてしまいます。

お昼はどんぶり、夜は天ぷらのコースが頂けるお店です。
 (73669)

名物の穴子天丼は1,100円。ビッグサイズの穴子が3本のっていて、どんぶりからもはみ出しています。
このサイズの穴子天丼はそうそうありません。天周の衣はしっとりとして、ふっくらもちもち穴子の身と本当によく合います。

ボリュームがすごい!寺町「天丼まきの」

 (73672)

寺町にある「天丼まきの 京都寺町店」です。焼鳥のファミレスや丸亀製麺を展開する「トリドール」が最近始めた新展開店舗。
 (73673)

天丼は3種類あり、一番豪勢な「ハ」はこの壮観なボリューム!ご飯はそれほど多くないのですが、間違いなく具のほうがご飯より多い構成です。大きな穴子に海老2、イカと小柱のかき揚げ、玉子に海苔、ししとう、キス、というラインナップです。この値段でこのボリュームなら大納得です。

先斗町の穴場「きたむら」

 (73676)

先斗町四条からすぐ、路地奥にあるカウンターのみの天ぷら専門店「きたむら」です。
店内はカウンター10席のみの落ち着いた空間です。
目の前で職人が天麩羅を揚げてくれ、ライブ感が楽しめます。
 (73677)

ランチ限定のミックス天丼は1,296円です。海老・穴子・キス・ししとう・まいたけの天麩羅がのった贅沢な天丼です。
プリプリの海老、モチモチした穴子、フワフワしたキス、素材の良さも感じる上品な仕上がりです。
ししとうとまいたけの天ぷらもいいアクセントになっています。
いかがでしたでしょうか、天丼まとめ。コースなどで食べにいくと少々値が張りますが、天丼だったら1000円前後で堪能できますね。天丼を食べたいときに参考になれば幸いです。

また随時追加していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kyotopi まとめ部 Kyotopi まとめ部