2022年5月30日 更新

新しくも懐かしさもあるカフェ感覚☆【出町枡形商店街】「ライオンキッチン」

昨年2月にオープンしたカフェ「ライオンキッチン」さん☆1周年を経てすっかり商店街の一員として馴染んだお店は連日満員の人気ぶりです☆

ささやかな楽しみのために

 (223933)

昔ながらの商店やスーパーマーケット、ミニシアターなどの文化施設などいろんなジャンルの個性的なお店が並ぶ「出町枡形商店街」。
程よいバランスで丁度よい大きさのとても魅力的な商店街です。

その西側の入口に位置する「ライオンキッチン」さんは昨年2月にオープンしたばかり。
 (223935)

初めて伺ったときに「おっ!」と思った鮮やかな色合い。

最近のお店はナチュラルテイストでグレートーンのイメージが多くなっていますね。
知らず識らずに、ですがそういう傾向に感覚が慣れてしまっているんですね。
こういう鮮やかな色にちょっとびっくりしたり。

実はこちら、大阪で10年前から営業されていた実績のあるお店なんですね。
地域性、という訳でもないでしょうが、少しだけトレンドの流れが違うところから持って来た、という面白さが出ていますね。
 (223939)

”洋食レストラン「ライオンキッチン」”と名乗られていますが、それを含めて”カフェ”と呼んで良いかと思います。
通し営業で何時でもちゃんとした食事が出来る。
スイーツもあり、ドリンクはもう悩むほどのたくさんのメニュー。
アルコール類もある事で使い方が幅広くなりますね。

写真は人気の「しっとりバナナケーキ」(アイスクリーム添え)。

これ、オーダー時に冷たいやつか温めるか聞いてもらえます。

こういうささやかでちょっとしたカスタマイズ。
これぞカフェ的楽しみ方、というと大げさですが(笑)
すごく懐かしいカフェ感覚だなあと思いました。
 (223934)

こちらは「オムカレー」(チーズ、ハンバーグトッピング)。

きのこデミごはんにふわとろオムレツ。
そこへビーンズカレーたっぷり。

"きのこデミごはん”と”ビーンズカレー”あたりがとてもカフェ的要素(笑)

メニュー

 (223940)

 (223936)

 (223937)

 (223938)

店内の壁面や玄関には世界的に有名な絵本作家「谷口智則」の絵が。

最初ちょっと違和感あった色合いが、お店全体をその世界観で包まれている事に気づきます。
美味しいお料理と楽しい雰囲気の店内。
ジワッと来ますね。
 (223942)

 (223943)

この2月で京都でも1周年。
大阪時代からだと10周年になるそうです。

連日満員の凄いお店ですがそんなに目立ってるわけでもない。
この出町枡形商店街、凄いお店ばかりですから。

店舗 基本情報

■店舗名     LION KITCHEN(ライオンキッチン)

■住所      京都市上京区表町23 桝形ビル1F

■電話番号    075-231-2332

■営業時間    11:00-21:00(20:00 L.O.)

■定休日     火曜日

■詳細ページ   https://www.lionkitchen.com/

        https://www.instagram.com/lionkitchen/
15 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

千恋し 千恋し

オススメの記事