2016年2月23日 更新

嵐山特集㉖ 「アラビカ」おしゃれさが際立つコーヒーショップの日本第2号店は嵐山に!【バリスタ】

嵐山特集・第26弾は、コーヒー専門店「アラビカ」です。『%』のロゴ、見たことないですか?

 (17261)

アラビカは、世界60カ国以上を旅した日本人オーナー(東海林克範氏)が厳選したスペシャルティーコーヒーを扱う、香港拠点のコーヒーロースターとして2012年に香港でスタートしたコーヒー総合商社です。

『世界に通用する日本発のコーヒーブランドを創りたい』という想いから、京都の東山にフラッグシップストア「% Arabica 京都」を昨年9月にオープンされました!
 (17263)

そして、今回ご紹介する嵐山店は今年7月にオープンしたばかり!真新しい、白を基調としたコーヒーショップです。
 (17265)

渡月橋のすぐ近くで、目の前には桂川が見えますよ。こちらからの景色も、ごちそうですね~!
 (17267)

最高のコーヒーを提供する為に・・

 (17269)

ハワイのコナにコーヒー農園を所有し、世界中からのスペシャルティコーヒーを貿易し、世界最高峰のエスプレッソマシン「スレイヤー」の日本・香港代理店、日本製焙煎機「トルネードキング」の海外輸出元などを務め、コーヒー総合商社として様々な角度からコーヒーを追求されているんです。

奥に見えるのが、焙煎機です。
 (17271)

こだわりの豆が展示されています。
 (17273)

「See The World Through Coffee」

こちらをスローガンに、世界展開を目指されているそうです。

アラビカメニューはこちら。
 (17276)

こちらのエスプレッソマシンで、美味しいコーヒーが出来上がるわけです。惚れ惚れするほどかっこいい、スレイヤー製です♡
 (17278)

アメリカーノ(左)とカフェラテ(右)です。
 (17280)

アメリカーノは、なめらかで飲みやすい(^O^)カフェラテは、苦味抑えめで、コーヒーが苦手な方でも甘みなしでいただけるほど。オシャレな焙煎機やバリスタさんがおられる店内はとても絵になり、おもわずうっとり。。素敵な時間を過ごせますよ。
 (17282)

嵐山で、最先端のおしゃれなコーヒーショップ♪世界最高峰のコーヒーとカルチャーを発信しています。コーヒー好きさんも納得のお味ですので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね♪

アラビカ京都 嵐山店への口コミ

アラビカ京都 嵐山店 基本情報

・名称
アラビカ京都 嵐山店
・住所
京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町3-47
・電話番号
075-748-0057
・営業時間
8:00~18:00
・定休日
不定休
・関連URL
http://www.arabica.coffee/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

嵯峨美横*倉庫跡にオープン!自家焙煎がおいしいコーヒースタンド「SARUT COFFEE(サルーコーヒー)」【11/4開店】

嵯峨美横*倉庫跡にオープン!自家焙煎がおいしいコーヒースタンド「SARUT COFFEE(サルーコーヒー)」【11/4開店】

コーヒースタンドオープンが続く京都市内ですが、今度は嵐山エリアにオープン。倉庫跡をリノベーション、天井が高く無骨でかっこいい店構えは、今まで京都になかった雰囲気でとてもオシャレです!
嵐山特集㊵ モダンな雰囲気の「TOGETSU CAFE(トゲツカフェ)」で渡月橋を眺めながらコーヒーを飲もう【観光】【カフェ】

嵐山特集㊵ モダンな雰囲気の「TOGETSU CAFE(トゲツカフェ)」で渡月橋を眺めながらコーヒーを飲もう【観光】【カフェ】

嵐山特集・第40弾は、老舗旅館 渡月亭が運営する「TOGETSU CAFE(トゲツカフェ)」です。
【嵐山】祝20周年「嵐山のむら」の今しか味わえないプレミアムなかき氷を味わってみて♪

【嵐山】祝20周年「嵐山のむら」の今しか味わえないプレミアムなかき氷を味わってみて♪

どもこんにちは〜西のお店行きまくりのデブ子デラックスです★6月に入り梅雨が迫り、毎日暑くなってきましたね。暑くなると恋しくなるのがかき氷。今回は創業20周年を迎えた「嵐山のむら」のプレミアムなかき氷を紹介します。
サクラ満開の「京都 嵐山」を大満喫!一度は訪れたい日本有数の観光地

サクラ満開の「京都 嵐山」を大満喫!一度は訪れたい日本有数の観光地

日本有数の観光地、京都嵐山。桜満開の嵐山をたっぷりお届けします。
【京都嵐山】世界にとどろく京都随一の観光スポット!初夏の嵐山は竹林清涼シャワーが心地いい☆

【京都嵐山】世界にとどろく京都随一の観光スポット!初夏の嵐山は竹林清涼シャワーが心地いい☆

もう何も説明いらずの京都随一の観光スポット・嵐山。初夏の嵐山散策に行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

アリー アリー