2016年8月26日 更新

前菜からパスタまで絶品!隠し玉あり!まだまだ新店「オステリア センプレ」

三条のイタリアン「オステリア センプレ」。まだまだ新店です。

まだまだ新店のイタリアン

 (51592)

昨年末オープンしたばかりでまだ新店と言えるレベル、やってきたのはオステリア センプレ。

スッキリした外観で内装も同じくすっきり。カウンターが7席、4人掛けテーブル1の2人掛けが2、というこじんまりしているのだが、さりげなくオシャレ。確かにシンプルなのだ。
 (51593)

前回は気が付かなかったのだが、こういうハッピーアワー掲示を発見したので、このあたりを夕方ウロウロしているメンバーに共有しておきます汗。

メニューは前回から見直しがあったようで、前菜盛り合わせはなくなった代わりに小皿系なものがちょっと増えていて、舞鶴産の魚料理が一押しで、パスタ類も結構豊富。

いやはや悩みますな。軽めにね!と前菜3、パスタ2を始めに注文する。

センスが光る前菜

 (51594)

外食が続くと野菜不足になりがちなので、ついつい注文したカポナータは¥600なり。鉄板ですな。
 (51595)

仔羊のカレーパン、なるお料理で¥850なり。カレーが包まれているわけではなくて、ころんころんと角切りの仔羊がたっぷり入ったカレーをディップにしてパンを頂く趣向。いやー、これまた鉄板!なカレー好き。しかし、ネーミングの勝利!
 (51597)

白さば河豚とおくらのフリットは¥850なり。白ワインとばっちり~、実はメインはおくらかな。これまた美味しい。

正統派から少し変わり種のパスタまで

 (51596)

パスタその1は、生雲丹のシチリア風 リングエッティーネで¥1550なり。リングイネより若干細めなパスタで、良い感じに雲丹が絡みますな。。いやー旨し!
 (51598)

スープパスタで「大和肉鶏とポルチーニのスープパスタ」で麺は平打ち細麺のタリオリーニ。これは1人前を分けて別々に出してくれました。で、面白いサブネームがついていて・・、
 (51599)

「大人のチキンラーメン」なり。ちょっと麺を柔らかめに仕上げるのがポイントだそうな。確かにチキンラーメン的ですが、お味はぐっと上等で¥1600なり。
呑んだ後の〆に非常~に良さそうな優しいお味です。

隠し玉を色々お持ちなようなので、また覗きに来る気満々です。次回こそはメイン料理を。

オステリア センプレ クチコミ情報

オステリア センプレ 店舗情報

店名:Osteria Sempre (オステリア センプレ)
住所:京都市中京区麸屋町通蛸薬師上ル坂井町458-2
電話番号:075-746-2332
営業時間:17:00~24:00(L.O.23:00)
定休日:不定休
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

江戸時代末期のリノベ酒屋で頂く京都イタリアン!「あるとれたんと」@堺町姉小路の巻っす

江戸時代末期のリノベ酒屋で頂く京都イタリアン!「あるとれたんと」@堺町姉小路の巻っす

烏丸御池からもほど近い堺町姉小路にある「あるとれたんと」さんでイタリアンランチっす。
四条烏丸エリアの人気店!秀逸な生パスタはリピート必至「ダニエルズ」【錦市場近く】

四条烏丸エリアの人気店!秀逸な生パスタはリピート必至「ダニエルズ」【錦市場近く】

入れ替わりの激しい飲食店街で20年以上人気をキープし続けるカジュアルイタリアン。リーズナブルに楽しめるパスタとフォカッチャのついたランチはお値段以上のグルメな内容です。
【京都ランチめぐり】錦市場スグの穴場的カジュアルイタリアン!自在に選べるセット☆「トラットリア ラパーチェ 」

【京都ランチめぐり】錦市場スグの穴場的カジュアルイタリアン!自在に選べるセット☆「トラットリア ラパーチェ 」

京の台所・錦市場から堺町通上る。通りから奥まった場所にある、ある意味隠れ家的イタリアン。ランチはパスタ&ピッツァ中心で選べるセットでカスタマイズ。
【京都ランチめぐり】旬の豊かな食材と創作性あふれる本格イタリアン「リストリア ラディーチェ」

【京都ランチめぐり】旬の豊かな食材と創作性あふれる本格イタリアン「リストリア ラディーチェ」

夷川通室町にある本格イタリアン。カジュアルな雰囲気の中、旬の素材豊かに使いこなした創作性あふれる料理の数々。ランチをいただきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。