2018年9月12日 更新

京都の正統派珈琲店||麗しき渾身の一杯★三条珈琲店【東山三条】

珈琲は目の前で自分の為だけに注がれる。そんな特別感に浸る三条に佇む正統派珈琲専門店。語らいも贅沢な珈琲時間。

シックでクールな正統派珈琲専門店

 (104000)

三条通り沿い、宿泊施設がたちならぶ脇にひっそりと。
オーセンティックな雰囲気を醸し出すモノトーンのシックな佇まい。
 (104008)

 (104041)

ライトで灯されたカウンター前には洒脱なブランドカップやグラス、
クラシカルな店内。
スピーカーからは厳かにクラシックが流れ
妖麗な世界観。
スレンダーなお身体に
ベストを纏ったロマンスグレーのマスター。
小麦色の肌が
なんともワイルド。
 (104033)

豆は萩原珈琲と神戸の某老舗珈琲店の流れを組んだ設え。
重厚な木目のカウンターに
キューブ型のチェア。
バイオレットの布地が高貴な
大人の世界へ誘います。
 (104007)

メニューはどれも、香りの〇〇、苦味の〇〇など、イメージしやすい形容詞つき。
珈琲は一律700円也。
 (104034)

ご自慢のスイーツとのセットメニューもあり。
 (104035)

私はまろやかな
コロンビアをチョイス。
マスターが美しい所作で
目の前でドリップしてくれます。
 (104009)

ブラックで一口、華やいだ香り。
えぐみなど全くない、フルーティな味わい。
ウェッジウッドのアンティークカップや味のあるディテールで珈琲を楽しめるのもならでは。
 (104010)

珈琲豆の販売、そしてテーブルにも飾られていた珈琲豆で描いたポストカード。
こちらはマスターさんご自身の作品だそうでも購入可能。
京都には沢山珈琲店がありますが、あまり見られない希少な正統派珈琲専門店です。
 (104030)

端正なルックスに
硬派なイメージですが、ざっくばらんなマスター。
敷居が高いイメージを払拭する柔らかなおもてなしや下手なうんちくは並べない分かりやすいメニューなど珈琲ビギナーさんにもオススメ。
大切な方をスマートにエスコート。
そんな贅沢なシーンにも対応できる
オトナな喫茶室です。

三条珈琲店 クチコミ情報

三条珈琲店 店舗情報

店名:三条珈琲店
住所:京都市東山区三町目40-1
電話番号:075-746-3799
営業時間:
[火~金] 13:00~20:00
[土・日・祝] 10:00~20:00
定休日:月曜日
関連ページ:
https://www.facebook.com/%E4%B8%89%E6%9D%A1%E7%8F%88%E7%90%B2%E5%BA%97-352383218200740/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都カフェめぐり】祇園雑居ビル内の激渋レトロ空間!眩いステンドグラスは昭和色☆「喫茶ラテン」

【京都カフェめぐり】祇園雑居ビル内の激渋レトロ空間!眩いステンドグラスは昭和色☆「喫茶ラテン」

おおきに~豆はなどす☆今回は祇園雑居ビル1階にある知る人ぞ知る激渋純喫茶。創業約70年を誇る老舗。年月を経てかもされたレトロ感は他の追随を許さない独特さ。
美味しすぎる自家製パン☆お洒落な古民家カフェ『サガン』【清水五条】

美味しすぎる自家製パン☆お洒落な古民家カフェ『サガン』【清水五条】

清水エリアの町家カフェ。アート色の強いお洒落空間で頂く自家製パンを使用したモーニングはもっちり、ふんわり。
【京都カフェめぐり】超穴場の大学カフェ!市内一望西山連峰を望むオープンスペース☆京都女子大「カフェSora」

【京都カフェめぐり】超穴場の大学カフェ!市内一望西山連峰を望むオープンスペース☆京都女子大「カフェSora」

おおきに~豆はなどす☆今回は地元民には『京女(きょうじょ)』で知られる大学・学食カフェ。東山高台に位置するカフェからは京の街や西山を見渡せる開放的スペース。しかもこだわりのコーヒーや抹茶が味わえる超穴場カフェ。
【京都カフェめぐり】清水寺や三十三間堂にもスグ!オーストラリア人バリスタ営む☆「きりは イン&カフェ」

【京都カフェめぐり】清水寺や三十三間堂にもスグ!オーストラリア人バリスタ営む☆「きりは イン&カフェ」

おおきに~豆はなどす☆今回は東山七条から北へ。観光地密集するエリアにあるゲストハウス併設カフェ。観光の合間に利用しました。
【京都カフェめぐり】京都国立博物館内にある老舗コーヒー店!眺望もいい絶好のロケーション☆「前田珈琲」

【京都カフェめぐり】京都国立博物館内にある老舗コーヒー店!眺望もいい絶好のロケーション☆「前田珈琲」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は京都国立博物館内にあるカフェ。京都の中でも老舗珈琲専門店として有名な前田珈琲の支店

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen