2017年12月10日 更新

コッペパンを今風にデザインしたらこうなりました♡「Happy Buns(ハッピーバンズ)」【京都・今熊野】

11月3日にオープンしたコッペパン専門のベーカリカフェ「Happy Buns(ハッピーバンズ)」☆昭和を感じさせる昔ながらなフォルムのコッペパンを、斬新なアレンジでたくさんのメニューを展開されています☆見た目の面白さだけでなく、ちゃんと美味しいのですよ♡

「楽しい」が「美味しい」のです

 (107534)

島原の「Good Time Coffee」さんと姉妹店になるこちらのお店

母体はデザイン会社ですから「今風」の表現については抜かりなし

新しさと楽しさをセンス良くまとめたデザインは、誰にでも受け入れられる親しみやすさがありますね
 (107537)

たぶん今の一番人気はこれ「ラーメン」

ナルトが効いてますね
ビジュアル的には申し分ない(笑)

程よい塩味の麺と、どこまでも優しく柔らかいコッペパン
今風のラーメンじゃなくて、昔ながらの中華そばのイメージですね♪

楽しいメニューがいっぱい♪

 (107538)

入ってすぐ近くにあるショーケース

このレトロ感が素晴らしいですね

昔の画像を見てるかのような錯覚が起きますが、それぞれ色とりどりの商品を見てると、その面白さ楽しさにすっかり魅了されます
 (107539)

 (107540)

 (107541)

 (107542)

とりあえずいただいたのが先に紹介した「ラーメン」と「グラタン』

「グラタン」はホワイトソースとミートソースにベーコン
案外素直なお味です
バランスが良いですね
 (107535)

一緒にいただいたドリップコーヒー

「Good Time Coffee」と同じくイワシコーヒーさんの焙煎

ですが、ブレンドのチョイスはだいぶん違ってこちらは軽くスッキリした印象

ここら辺で、何がしかの統一感みたいなのが分かってきましたよ
 (107543)

コッペパン…かなり軽い感じなのでもう一ついただきました(笑)

「キヌガサ」
お揚げの入っただし巻き卵

これもコッペパンとのバランスがすごく良いですね
パーツではどれもあまり主張しない

後味が「はんなり京都」な感じでしょうか(笑)
 (107544)

 (107546)

破綻が無いのはデザイン会社としてのキャラクターでしょうか…

すごくバランス良くまとまってる感じ

いい意味で、突出するものがないのは「京都らしさ」なのかもしれません


それにしても、肝心のこのコッペパン…
ご近所の「ベーカリーチロル」のレシピを元にアレンジされたそうですが
この食べやすい柔らかさと素朴なお味は、いろんな具材を受け止める土台として頼もしい存在ですね

次の新作がとても楽しみです ♪

Happy Buns(ハッピーバンズ) 口コミ情報

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

プチ・リニューアルでセカンドステージへ☆「Happy Buns(ハッピーバンズ)」【京都・今熊野】

プチ・リニューアルでセカンドステージへ☆「Happy Buns(ハッピーバンズ)」【京都・今熊野】

コッペパン専門のベーカリカフェとしてスタートして半年になる「Happy Buns (ハッピーバンズ)」☆初めての盛夏を迎えてメニュー構成を一新☆夏メニューも加えてより楽しめるようになりました ♪
「美味しいパンとコーヒーあり〼」北白川のベーカリーカフェ「喫茶とパンdo」

「美味しいパンとコーヒーあり〼」北白川のベーカリーカフェ「喫茶とパンdo」

オープンされてまだ1年経ってないのにもうすっかり安定感漂うベーカリーカフェ「喫茶とパンdo」さん☆地元の方にとっては日常使いのパン屋さんとして頼りになる存在ですが、カフェとしての実力もすごいお店なのです☆
キュートなキューブで女子のハートがキューッ!♡?(^ ^)「アルトスベーカリー」【京都・一乗寺】

キュートなキューブで女子のハートがキューッ!♡?(^ ^)「アルトスベーカリー」【京都・一乗寺】

叡山電鉄一乗寺駅すぐのキューブ型にこだわるパン屋さん☆イートインが充実していて「ベーカリーカフェ」的要素が強くなっていますね☆新しく始まったランチメニューがとてもフォトジェニックで素敵すぎる♡
【保存版】パン消費量日本一の京都が誇るオススメの老舗ベーカリー【厳選7店】

【保存版】パン消費量日本一の京都が誇るオススメの老舗ベーカリー【厳選7店】

石を投げればパン屋に当たる、といっても過言ではない京都。わりと年配の方でも朝パンを食べる人が多く、パン消費量全国ランキング1位になったことも。そんなパンにはうるさい京都人がオススメする老舗パン屋さんをご紹介します。
あの洋館でフランス式の朝食を|人気小説のラストシーンにも登場「進々堂 京大北門前」【百万遍】

あの洋館でフランス式の朝食を|人気小説のラストシーンにも登場「進々堂 京大北門前」【百万遍】

京都カルチェラタンの象徴ともいえる洋館を用いた老舗喫茶店。懐古的ムードとアカデミックな雰囲気に浸りながらフレンチメイドな朝食はいかが?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

千恋し 千恋し