2018年8月20日 更新

京都愛宕神社参道のオアシス!千日詣では深夜営業の救世主的軽食店に☆「智楽庵」

京都愛宕山、愛宕神社の表参道にあるお店。7月31日の千日詣では夜通し営業。多くの参拝客へ軽食を提供し、無事を見守る。そして、じつは清水焼の窯元でもあり、作品も展示されるお店。

下山後の休憩スポットは意外にも清水焼の窯元

 (131454)

右京区清滝。愛宕山・愛宕神社参道。愛宕神社といえば、7月31日の夜中に山頂愛宕神社を参拝する夏の風物詩・千日詣で有名な場所。つい最近、千日詣が執り行われたばかり。
 (131455)

そんな愛宕神社表参道、鳥居前にある茶店。
 (131485)

千日詣の際には参拝客の水分補給や空腹を満たす場として、夜通し営業するオアシス的存在の茶店。

今回は、下山後ちょっと休憩がてらかき氷でも食べようと、売店で買うのではなく店内でいただくことに。
 (131456)

今まで何度となくこの前を通りましたが、初入店。大きなダイニングテーブルが一つ。
 (131457)

意外にも、京焼(清水焼)の茶碗や器が店内に飾られています。ギャラリースペースですね。
 (131458)

じつはこちら、普段は清水焼の窯元で、並行して茶店として営業もされてるということ。千日詣の際にはこちらのお弟子さん総動員で参拝客のために徹夜営業されてるんだとか。
 (131459)

 (131460)

メニューはこちら。もちろん、窯元が本業なのでわりと簡単なものが中心。
 (131461)

こちら、注文したかき氷レモン450円。レモンなんて久々に見ます(笑)
器が独特の釉薬で焼かれた、窯元ならではなもの。もしかしたら、ここならではのかき氷とも言えます。
 (131463)

そして、クリームソーダー500円はブルーハワイ。ラムネ味がしました。

じつは友人が山中で足をくじいてここで休憩がてら寄ったわけですが。女将さんに事情を話すと、不自由だろうと杖代わりにストックを提供してもらいましたが、駐車場まですぐだったので丁重にお断りしました。そんなオアシス的というか救世主的お店。千日詣でも、そうですが。そんなお店が参道にあると思うと、参拝も心強いですね。

ヨ~イヤサ~♪

智楽庵 への口コミ

詳細情報

住所:京都市右京区嵯峨清滝町15-1
電話番号:075-862-5281
定休日:日曜日
17 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな