2016年2月26日 更新

二条富小路 体感型京町家カフェで滋味あふれる一汁三菜ランチ☆「まつは」【和食】【バー】【カフェ】

以前から評価が高く気になってたお店。前回来た時は、何かの撮影で貸切でフラれましたがようやく初訪。今回は評判の町家カフェ「まつは」でランチをいただいてきました!

ベンガラ色の目を惹く京町家リノベーションカフェ

 (14970)

二条通り沿い。ベンガラ色がいい雰囲気を出してます。昔何かのお店だったんですかね。向かって右側に床の間のようなショーウインドーがあり、掛け軸が飾られています。

京町家特有の間取り奥に長い「ウナギの寝床」

 (14974)

調理場を横切る細い土間を通り抜けると広がる空間。小上がり部分は畳敷きの掘りごたつ風テーブル。小さなお客さんものびのびと過ごしてました(笑)
 (14971)

こちらも。畳敷きなのに靴を脱いで足を投げ出せるのはいい!そしてガラス張りでお庭の風景も楽しめる席。
 (14972)

こんな中庭を眺められます。なんとも暖かな光が差し込んで縁側にでもいるような。
 (14973)

そして反対側はこんなレトロなストーブが用意されたアンティーク調のテーブル席。こちらもステキです。京町家特有のひんやりとした冷気も感じられて、イマドキの空調の効いたカフェとは違う、四季さえも設えの小道具のよう。

ランチ以外にも昼からお酒と肴も楽しめる~♪

 (14976)

 (14975)

 (14977)

今回は食事目的だったんで注文しませんでしたが、お酒が充実。そしてそれに合わせる肴も。
次回は飲み目的で来るとして(笑)今回は一汁三菜の800円ランチを注文。
メインの品は3日ごと、副菜は月替わりくらいのローテーションンだそうです。

滋味あふれる丁寧に調理された絶品の一汁三菜ランチ

 (14978)

なんでしょうね・・・いまこうして記事書きながら画像見てるだけで癒されます(笑)よく「体にやさしいランチ」を謳い文句にしてるお店がありますが、こちらのランチ、見ただけでやさしさが伝わる。

ごはん、豚そぼろふりかけは春菊ですかね、あと香り高い七味が混ぜられていてオトナな味。

丸大根のすり流し、やわらかい丸大根の甘みと繊維。少しとろみがかって体が温まる。

きたあかりのグリルは味噌ダレが少し添えられています。よりジャガイモの味を感じられるように。
 (14979)

そして、卵と金柑の包み揚げ。驚きの組み合わせ。スクランブルエッグの中にゴロンと金柑のシロップ煮が。甘しょっぱい面白いバランス。独創的です。

とにかく、食べ終わった後、体がよろこんでるのがわかります(笑)なんていうんでしょう。ひとつひとつの味を感じようと五感がフル稼働するような。
ここ、人気なのがわかります。食後、帰るお客さんが皆満足気なんです。私もですが(笑)
オススメです!

ヨ〜イヤサ〜♪

まつはへの口コミ

まつは 店舗情報

■店舗名
まつは
■住所
京都府京都市中京区晴明町671
■電話番号
075-231-7712
■営業時間
10:00~22:00(L.O.21:00)
■定休日
月曜日
■禁煙・喫煙
完全禁煙
■駐車場

■詳細ページ
http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260202/26023607/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな