2016年11月18日 更新

名物のオマール海老は圧巻の美味しさ!カジュアルなフレンチレストラン「ルナールブルー」@烏丸御池

カジュルフレンチの「レストラン ルナールブルー」でコースランチっす。オマール海老や鴨肉のもあり大満足のランチでした。

烏丸御池のカジュアルに楽しめるフレンチレストラン

 (63048)

烏丸御池駅からもすぐ、姉小路高倉東の「レストラン ルナールブルー」さん。
ランチは通常、3種類、2700円、4200円、5800円といった価格帯になっています。
今回は貸切ということで4000円のコースをお願いしました。
 (63049)

店内は広々スペースで33名入れそうです。

ショートカットがお似合いの初めましてのマダム麻子さん!
細やかな気遣いと明るい笑顔でお客さんに魔法をかけ、シェフをサポートする最強のマダムではないでしょうか(≧∇≦)

圧巻のおいしさ、オマール海老

 (63050)

それでは楽しみにしてたお料理をば。
前菜はホロホロ鳥とフォアグラのテリーヌはじめ温かいお料理もサラダも手が込んでてそれぞれ美味しかった〜♫
 (63051)

聖護院かぶらのポタージュ。
野菜の甘味をしっかり感じとれます。
 (63052)

圧巻がこのお料理!
ルナールブルーの名物でもあるオマール海老。

その日使う分を活きた状態で毎日仕入れるとゆう贅沢な素材をシンプルにソテーしただけという事だけど!こんなに味が濃いの?とゆーくらい旨味の宝庫のような濃厚さ!
海老の殻をふんだんに使ったアメリケーヌソースもまた絶品(≧∇≦)
面倒くさがりな僕も珍しくしゃぶりついて食べてしまいました!
皆さんこの皿と別れるのが名残惜しいかのようにずっと胴の部分やら脚の部分にしゃぶりついついてはりましたよ(笑)

4000円でお願いしたランチコースに活けのオマールなんてかなり無茶してくれてますよね(^^;; 申し訳ないっす…
 (63053)

さらにお肉もありますよー。

選択できるようにしてくれてて、こちらは鴨肉です。
結構なボリュームで大満足!
 (63054)

ちょっと面白い料理をとシェフと相談してくれたらしくこちらはラム肉を使ったハンバーグ。
これもウマウマだったそうな(≧∇≦)
食べたかったなぁー♫
 (63055)

デザートも盛り合わせでたくさん
もうお腹パンパンです(≧∇≦)

ごちそうさまでしたー

ルナールブルー クチコミ情報

ルナールブルー 店舗情報

店名:ルナール ブルー
住所:京都市中京区姉小路通高倉東入ル南側 加藤重ビル 1F
電話番号:075-231-0972
営業時間:11:30~13:30(L.O) 18:00~20:00(L.O)
定休日:月曜・第1日曜
店舗HP: http://www.renard-bleu.net/
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

東京の世界的有名店で修行されたシェフがフランス料理店「NAKATSUKA」を烏丸御池にオープン!

東京の世界的有名店で修行されたシェフがフランス料理店「NAKATSUKA」を烏丸御池にオープン!

東京青山に「NARISAWA」なる世界にも知られるイノベーティブ系料理店があり、そちらで修業されたシェフがフランス料理店「NAKATSUKA」を烏丸御池にオープン!
充実1000円ランチが大人気!メインは選べるお肉料理「洋食 ヒグチ亭」@東洞院通押小路上ル

充実1000円ランチが大人気!メインは選べるお肉料理「洋食 ヒグチ亭」@東洞院通押小路上ル

烏丸御池エリア、東洞院通押小路を少し上った場所にある「洋食 ヒグチ亭」なり。充実の手作り1000円でランチがコスパ良好で予約必須の普段使いできる洋食店。
【京都ランチ】オフィス街のカジュアルなビストロランチ!新鮮野菜たっぷり♡「バスティーユ キチネッテ」【烏丸御池】

【京都ランチ】オフィス街のカジュアルなビストロランチ!新鮮野菜たっぷり♡「バスティーユ キチネッテ」【烏丸御池】

三条柳馬場にある、カジュアルなビストロランチが楽しめるレストラン。立地よくランチ時には満席になることも。たまたまこの日は空いてたんで、フラッと映画観賞の帰りにランチで行ってきました。
今、京都ビストロの中で特におすすめしたい一軒「ピエール プレシウーズ」

今、京都ビストロの中で特におすすめしたい一軒「ピエール プレシウーズ」

六角通高倉にある京都ビストロ「ピエール プレシウーズ」でランチなり。今、京都ビストロの中で特におすすめしたい一軒。
クオリティ・ボリューム共に大満足のコースイタリアン!「クレメンティア」

クオリティ・ボリューム共に大満足のコースイタリアン!「クレメンティア」

烏丸御池からもほど近く、御所南エリアにあるクレメンティアで、イタリアンのコースランチなり。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

聖護院 嵐まる店主 聖護院 嵐まる店主