2018年7月27日 更新

ビジネスマン御用達☆頼りになるちょっとリッチな洋食店「グリル葵」【四条烏丸】

室町通り高辻下がる、お昼時にはビジネスマンでいっぱいのエリア☆”今日はちょっとリッチなお昼ご飯を”という時にぴったりな洋食店☆しっかりとしたサービスながらスピーディーな対応はさすが頼りになる存在です

日替わりランチが間違いなし☆

 (129699)

お昼の開店時間は11:30
ジャストのタイミングでどんどん入ってこられます

ほとんどの方が慣れてるっぽい

そしてほぼ全員が、35食限定¥1,000の「日替わりランチ」を注文されます

この日は海老フライ、ハンバーグ、ビーフコロッケの3種盛り

こういう「間違いない3種」が少しずつ組み合わせが変わって、毎日が嬉しい日替わりになる訳ですね(笑)
 (129698)

 (129701)

まさに王道のハンバーグ
流石にお試しサイズではありますが、柔らかさ、お肉のジューシーさ、デミグラスソースとの相性、
これが合わないという人いませんでしょ(笑)
 (129702)

ビーフコロッケ
これもジューシー、クリーミー!
 (129703)

海老フライ
これも小ぶりながら、プリッとした歯ごたえのある食感
コクのあるタルタルソースも素晴らしい

スペシャルなやつもいっぱい

 (129709)

初めての訪問なら「日替わりランチ」で間違いなしですが、

たまには他のメニューも…となると俄然悩む(苦笑)

魅力的なメニューありすぎですよ
 (129712)

 (129719)

で、悩んで注文したのが黒板メニューから¥1,400のランチ

悩んだ末ですが、劇的には変わらない小市民ですみません(苦笑)
 (129721)

ミルフィーユビフカツ
ポークのミルフィーユカツはあるけれどビーフは珍しいですね

初めていただく食感
美味しい!
 (129726)

これまた珍しい「活ハモ松茸巻揚げ」

ハモって淡白なようで意外と主張するんですよね
面白い食感でこれも美味しい

こういう和食材をさりげなく使ってくるのがこのお店の特徴ですね
 (129727)

とてもスピーディーに、かつ丁寧に
ビジネス街のレストランとしては必須の条件ですね

揚げ物主体で重くなるイメージの洋食ですが、早いタイミングで新しい揚げ油と交換するなど「軽さ」を感じる工夫もされています

スマート過ぎず、どことなくほっこり感があるのはたぶん、親子3人での息のあった仕事っぷりのせいでしょうね(笑)
 (129728)

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

丁寧な仕事っぷりにファンがいっぱい☆意外とガッツリな老舗洋食店☆「キッチンぽっと」【京都・北山】

丁寧な仕事っぷりにファンがいっぱい☆意外とガッツリな老舗洋食店☆「キッチンぽっと」【京都・北山】

1975年創業の老舗洋食店☆北山の「キッチンぽっと」さん☆一品ずつ丁寧に調理されるペースで待ち時間はちょっと長め☆それでも席はどんどん埋まっていきます☆実直な仕事と魅力的なメニューにファンがいっぱいです☆
温かいお料理はココロもあったまる♡ホッとするお店「CROSSROAD」(クロスロード)【京都・円町洋食店】

温かいお料理はココロもあったまる♡ホッとするお店「CROSSROAD」(クロスロード)【京都・円町洋食店】

円町交差点から南へ、店主が一人で切り盛りするこじんまりしたお店☆一品一品丁寧に…真面目で実直な仕事っぷりはとても好感が持てます☆時間に余裕のあるときにゆったりと楽しみたいお店です☆
「ほのぼの」が過ぎると泣けてくる(≧∀≦)ハートウォーミングな洋食店 「舟形」【西賀茂洋食店】

「ほのぼの」が過ぎると泣けてくる(≧∀≦)ハートウォーミングな洋食店 「舟形」【西賀茂洋食店】

店名はもちろん、大文字送り火の「舟形」からですね(^ ^)西賀茂の住宅地にある洋食店☆それなりに年季の入ったお店は何のプレッシャーもなく優しく迎えてくれます☆気取らないご馳走たちは誰もが笑顔になる美味しさです ♪
【京都洋食めぐり】冬場の名物メニューカキフライはボリューム満点!地元密着のデイリー洋食「おおさかや」

【京都洋食めぐり】冬場の名物メニューカキフライはボリューム満点!地元密着のデイリー洋食「おおさかや」

やっと行けました(笑)千本北大路にある地元密着型の洋食店。とくに冬場のカキフライはこちらの名物メニュー。SNSでもよく話題にのぼる人気店。
京都駅から徒歩圏内!使いやすい大箱レストラン「西洋酒樓 六堀(ろくぼり)」

京都駅から徒歩圏内!使いやすい大箱レストラン「西洋酒樓 六堀(ろくぼり)」

京都駅から徒歩圏内、お店の名前は「西洋酒樓 六堀」なり。元はフレンチの「Restaurant むとう」なるお店で、そこのシェフが代替わりされて洋食店に衣替えされたのだ。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

千恋し 千恋し