2022年8月12日 更新

京都伏見の「玉乃光酒造」直営!酒粕料理と日本酒が楽しめる『純米酒粕 玉乃光』

京都をもっと!!今回は烏丸線四条駅から徒歩約2分、米と米麹、水だけで造る「純米酒」にこだわる玉乃光が2022.04.03にオープンしたレストラン&ショップ。酒粕の魅力を存分に味わえます◎

玉乃光・純米酒粕を使ったレストラン&ショップ

 (227441)

350年の歴史を持つ玉乃光酒造直営!!

下京区、烏丸線四条駅から徒歩約2分、
すぐ隣にはコインパーキングがあり利便性抜群のところにあります。
お店の名前は、酒粕レストラン&ショップ「純米酒粕 玉乃光」
玉乃光の大きなロゴが見えます。
 (227438)

日本酒を作る過程でできる米と麹だけでできた
「純米酒粕」を使った料理とお酒を提供、
食卓でも日常的に酒粕や日本酒を楽しんでもらえる
アンテナショップとしてオープンされました。
月替わりのランチメニュー

月替わりのランチメニュー

ランチはこちらのプレートランチとお酒・ソフトドリンクを提供されています。
税込2200円、ちょっと贅沢なランチにぴったりです。
プラスで日本酒・ソフトドリンク・酒粕アイス・酒粕プリンを選択することもできます。
ディナーメニュー

ディナーメニュー

 (227446)

 (227445)

ディナーでは、プレートの他に酒粕を使ったおでんや一品料理なども楽しめます!
こちらの料理はランチの時間帯に頼むことができないためご注意を。
 (227449)

-ランチ-

最初に甘酒から始まりました。優しい甘さと温かさで、次に出てくる料理に向け
胃の調子が整えられます(ほっこり)
旬の野菜・糀・酒粕を使ったメインプレート

旬の野菜・糀・酒粕を使ったメインプレート

1列目が季節のもの、2列目が酒粕、3列目が糀を使った料理になっています。
彩りはもちろんのこと、少しずつ様々な料理を味わえるのが楽しいです。
酒粕や糀の香りや甘味を感じられる優しい味付けで、ペロリとたいらげることができます。
 (227453)

美味しいが故にもう少し量が欲しいような(笑)
 (227479)

次に酒粕ポタージュが。
コクがあり粕汁よりもより酒粕を感じることができる
濃厚さがありました。
 (227481)

食べるペースを考えたほうがいいかも…

最後にちりめんじゃこと新生姜の炊き込みご飯が。
炊き上がるまで約25分ほどかかるのでおかずと共に食べたい人はきをつけてください。
炊き立てのご飯は出汁と共に食べることもでき、おこげもいい感じにあって大満足!
ちなみに私はおかず全部なくなってました(笑)
デザートを追加で

デザートを追加で

デザートに酒粕アイスを注文しました。
酒粕の甘さと香りが食べる前からわかるほど、さっぱりとした中にしっかりと酒粕を
感じることができる逸品◎

玉乃光のプレミアムブランド「無垢-muku-」

 (227497)

レストランと併設されたショップで
酒粕を使ったオリジナ商品が並んでいます。
中でも酒粕フィナンシェは人気商品でネットでも買うことができます。
 (227494)

私は酒粕クリームチーズを購入
滑らかな舌触りと華やかな酒粕の香り、旨味が日本酒によく合います。
少々お値段はしますが満足できること間違いなし!
 (227504)

 (227503)

食品以外にも、
酒粕を使ったフェイシャルマスクや石鹸など
変わった商品もあります。
 (227499)

玉乃光の日本酒も置いています。

今回は「純米酒粕 玉乃光」
を紹介させていただきました。

ランチ・ディナーは勿論、酒粕を使った商品も多数あるので
新たな発見の場としても是非一度足を運んでみてください。

ひとつよしなに

店舗情報

店名:純米酒粕 玉乃光
住所:京都府京都市下京区因幡堂町658−1
TEL:075-708-7261
営業時間:ランチ 11:30~15:00(Lo.14:00)
ディナー 17:00~22:00(Lo.21:30)
定休日:無し
関連サイト:http://sakekasu.tamanohikari.co.jp
36 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kyoto-Motto Kyoto-Motto

オススメの記事