2016年3月15日 更新

ガツ盛界のニューカマー!学生街に堂々オープン!「にんにく豚丼 京都・西浦」(伏見区)

先日、よ~いドン!のくいな橋ぶらりで、円さんも食べて気になっていた「にんにく豚丼 京都・西浦」へ。

店名の通り場所は、伏見区の西浦。龍谷大のすぐ近くです。オープンは今年の1月末とあってピカピカの新店です。
 (22931)

外観は少し落ち着いた感じですが、所々に張ってある写真からジャンクさを感じます(笑)

龍大近くで学生もうれしいメニュー構成

 (22932)

店内はL字のカウンターになっており、15席ほど。キッチンはオープンなタイプです。
 (22934)

龍谷大がすぐということも学生仕様で大盛り無料。さらに味噌汁と漬物、なんと嬉しい生卵もついてきます。
 (22933)

気になるジャンキーなガツ盛メニューはこちら!まず、注目すべてはご飯の量!!

「並盛350g、大盛り500g」と大胆な量(笑) 350gって普通のお店の大盛りサイズです。

そして、注文したのは、もちろん「スーパージャンク丼」です。うん、これ一択ですよね(笑)

味付けは、にんにくかショウガを選べます。そこは食い気味ににんにくでオーダー(笑)

まさに「スーパージャンク丼」

 (22935)

見てください、笑っちゃうくらいのガツ盛具合(笑)
ちなみにスーパージャンクのご飯の量はデフォルトで500gです。

大量のごはんの上には、ぶた肉、唐揚げ、ウインナー、キムチ、目玉焼き、ネギ、たまねぎが乗っています。まさにオールスター(笑)
 (22936)

アップにしてました。人によっては、これのビジュアルだけで胃もたれしちゃうんじゃないでしょうか(笑)
少し濃いくらいのしっかり味なので、これだけご飯があるとそれでバランスがとれて、逆にちょうどいい感じです。
 (22937)

次はどんぶりの反対側から。唐揚げも結構大き目なんです。それが五個くらいのっていました(笑)
唐揚げだけでも十分なボリュームです(笑)

生卵がついているので、途中でかけて食べるとまろやかになり、また美味しい。
ボリュームだけではなく、味の美味しくて、ガツガツ食べたいときにピッタリ。

学生さんにはうれしいお店がオープンしましたね、また行きます!

にんにく豚丼の感想

にんにく豚丼 京都西浦 店舗情報

名称:にんにく豚丼 京都西浦
住所:京都市伏見区深草西浦町2-90 コーポ西浦 1F
電話番号:075-755-4830
営業時間:11:30~15:00 / 18:00~22:00
定休日:不定休
店舗Twitter: https://twitter.com/butadon_0127

この記事のキュレーター

ガロン ガロン