2018年2月9日 更新

【かわいい京みやげ】女の子への贈りものにぴったり!上品で可憐な井澤屋のガーゼハンカチ

南座の向かいにお店を構える和装小物店「井澤屋」さん。梨園の方々や芸舞妓さんが訪れる中ではぐくまれてきた新鮮さと上品さを兼ね備えた和小物はすべての女子必見です。女性への贈り物に悩んでいる男性もどうぞ。

京好みな和装小物のお店「井澤屋」

だんだん近づくバレンタイン。と同時に近づいてくるホワイトデー(気が早い?)。今回ご紹介するのは、女性に何を贈ろうか悩んでいる方におすすめの和小物のお店です。
 (114207)

それがこちら南座の向かいにある「井澤屋」さんです。
今どき和小物を贈るなんて…と思ったそこのアナタ!井澤屋さんは一味違うんですよ~。

ほんのり、はんなり、可愛らしい

 (114209)

井澤屋さんの一味違ったポイントはやはり、はんなりとした上品さがありつつどこか新しいデザインです。このハンカチの小さなお花の刺繍の可憐さといったら!一方、ハンカチの地のレースは上品で。20代の若者からマダムまで幅広い年齢層に似合う品だと思います。

こうした上品さは、井澤屋さんが祇園でお店を営まれ、梨園の方々や芸舞妓さんが訪れる中ではぐくまれてきたものなんだそう。このどこか新鮮な上品さは花街から生まれたものだったんですね。

ちょっとしたプレゼントにおすすめのハンカチ

 (114212)

井澤屋の一味違うポイントその2は、着物を着ない方も普段づかいできる小物が充実していること。ハンカチが最たる例で、特にこの柄は洋服にもよく似合うと思います。1枚480円というお値段も嬉しいですよね。
 (114215)

このガーゼハンカチ「まいまい」は430円。京都らしい刺繍がいいですね。子どもさんへのプレゼントにもってこいです。
 (114217)

このいざわやガーゼハンカチはさらにお安かったと思います。「いざわや」の刺繍が京都らしいので、ちょっとしたお土産に最適ですよ。

出産祝いには赤ちゃん用肌着を

 (114219)

もうひとつおすすめなのが、出産祝い向けの赤ちゃん用品。長下着は2000円、コンビ肌着は2650円。そのほかおくるみやスタイなど充実の品揃えなんです。

上品で、可憐で、はんなり、という乙女な要素がぎゅっとつまった井澤屋のガーゼ。これを贈られたらきっと女の子は嬉しいはず!身近な女性に一つ、いかがでしょうか。

以上、カメ子でした。

井澤屋 店舗情報

店名:井澤屋
住所:京都市東山区四条通大和大路西入ル中之町211-2
電話番号:075-761-3939
営業時間:11時〜20時
定休日:なし (年末年始および2月・8月に連休あり)
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【あじき路地】舞妓など京都らしいアイテムがかわいい♡作り手のセンスが光る「とことこ」のアイシングクッキー

【あじき路地】舞妓など京都らしいアイテムがかわいい♡作り手のセンスが光る「とことこ」のアイシングクッキー

昨年秋、あじき路地にオープンした「とことこ」。焼菓子屋さんなのですが、舞妓やがま口財布など、京都らしいアイテムのアイシングクッキーがかわいいと話題です。
今年で創業300年!敬老の日に玉露の贈り物☆世界に誇る京都を代表する老舗☆「一保堂茶舗」【寺町二条】

今年で創業300年!敬老の日に玉露の贈り物☆世界に誇る京都を代表する老舗☆「一保堂茶舗」【寺町二条】

京都を代表する老舗茶舗・一保堂。今年で創業300年。いつも国内外問わず、ワールドワイドな客でにぎわう。
【京都逸品まとめ】長く大切に使いたい!食卓が豊かになる京都老舗のオススメ暮しの道具【厳選5店】

【京都逸品まとめ】長く大切に使いたい!食卓が豊かになる京都老舗のオススメ暮しの道具【厳選5店】

丁寧に作られた道具で料理したり食事をしたり、それだけで美味しく感じることってありますよね。今回は京都を代表する老舗店、しかも食卓が豊かになる道具を扱うお店をまとめてみました。
【京都発酵めぐり】底冷えする京都が育む三大京漬物の一つ!唯一無二の絶品!!千枚漬の老舗「村上重本店」

【京都発酵めぐり】底冷えする京都が育む三大京漬物の一つ!唯一無二の絶品!!千枚漬の老舗「村上重本店」

四条河原町下る、ひっそりとたたずむ創業180年の京漬物の老舗。三大京漬物の一つ、千枚漬はこちらの看板商品。そして、京都冬の味覚。
【京都老舗茶舗】創業300年の歴史!秋はほっこり温かい日本茶を楽しむ☆「一保堂茶舗」【寺町二条】

【京都老舗茶舗】創業300年の歴史!秋はほっこり温かい日本茶を楽しむ☆「一保堂茶舗」【寺町二条】

寺町二条上る、創業300年の老舗の茶舗。国内外問わず、毎日多くのお客でにぎわう京都が誇るお店。秋らしいお茶を求めて行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カメ子 カメ子