2019年11月30日 更新

マイルドなスパイス加減♡毎日でも食べられるスリランカカレー「KURUNDU(クルンドゥ)」【東一条鞠小路】

カレーファンの選択肢がまた1つ増えました☆鞠小路東一条上ルの新しいカレー屋さん「KURUNDU(クルンドゥ)」☆スパイス感が強い尖った感じではなく、マイルドで優しいスパイス感のスリランカカレーです♪

優しいスパイス加減が素敵☆

 (171154)

この11月10日にオープンされたばかり、カレー屋さんの新店です。

これまでに左京ワンダーマーケットなど、イベントの出店では有名な存在。
東一条鞠小路上ルの元ゲストハウス地球号の場所を改装されて開店されています。

こちらではいただくカレーは、
たくさんの種類のスパイスをたっぷり使う、濃厚だけれどココナッツミルクを使うことによって優しい味わいになるスリランカカレー。
副菜もたくさんの野菜を使い、これらをワンプレートに盛り付けていただきます。

パンチの効いたスパイス欲求も満たし、かつサラッとヘルシーなイメージもあるという申し分のなさ。

ガッツリ男子だけのためのカレーでなく、老若男女誰でも楽しめるカレーだろうと思います♪

 (171153)

この日は開店間もない日だったため、ビュッフェスタイルの営業でした。

今後、土日はこのスタイルで、平日は普通に単品のオーダーになります。

写真はいわゆる、あいがけの全部のせ(笑)ビュッフェですからもちろんおかわり自由。

副菜も含めて単独のお味も確かめながら、自然に混ざり合うプレートをいただく!
これがスリランカカレーの流儀です!
 (171155)

 (171311)

 (171156)

この日はバスマティライスとスリランカ米(赤米)がありました。
当然両方いただきます。
 (171157)

カレーは3種
●パリップ(レンズ豆のカレー)
●ポークカレー
●チキンカレー

これらももちろん全部いただきます(笑)
 (171158)

色とりどりの副菜

(写真右)可愛いカタチのカトゥレット(スリランカ風魚のコロッケ)
これは以外に辛かったです。
魚介の素材はスリランカ料理の特徴です。

(写真左)ビーツのキラタ(ビーツのココナッツ煮)
お馴染み鮮烈な色合いのビーツ。プレートが一段と華やかになりますね。
ココナッツ使うのもスリランカ料理らしさです。
 (171159)

 (171160)

 (171161)

 (171162)

 (171163)

このスリランカの国旗掲げてあるだけで、スパイシーな雰囲気満点ですが(笑)
内装は日本的にモダンで明るいイメージ。
壁掛けの南国っぽいタペストリーでちょうど良いバランスです。
スリランカカレーのバランス感覚と似た印象がありますね。

野菜もたくさんいただけて、いっぱい食べても罪悪感なし!(笑)
スパイスでもたれる感覚も無く、もう毎日でもいただけそう。おすすめのカレー屋さんです♪
 (171164)

KURUNDU(クルンドゥ)  口コミ情報

店舗 基本情報

■店舗名    KURUNDU(クルンドゥ)

■住所     京都市左京区吉田中阿達町33-15

■電話番号   075-204-0077

■営業時間   平日   ランチ11:30〜14:30(14:00ラストオーダー)
            ディナー17:30〜21:30(21:00ラストオーダー)
       土曜日 ランチ11:30〜15:00(14:30ラストオーダー)
            ディナー17:30〜21:30(21:00ラストオーダー)
       日曜日  ランチのみ 11:30〜15:00(14:30ラストオーダー)
         ❇︎土日はスペシャルビュッフェスタイルでの営業

■定休日   火曜日、第1第3水曜日

■詳細ページ  https://www.facebook.com/kurundu3315/
        https://www.instagram.com/kurundu3315/

※ 2019年11月10日オープン時の情報です
 ご訪問の折にはホームページ等の最新情報をご確認下さい。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

千恋し 千恋し