2016年3月21日 更新

本格的だが飾らない「フランス食堂 ekaki(エカキ)」バル使いもあり!【四条寺町】

四条通から寺町通りを南へ50mたらず、人通りの多い場所にこういう赤い扉が見えてくる。お店の名前は「フランス食堂 ekaki」

 (24330)

アテ系ビストロ料理で、軽くワインでも呑みましょう的な気軽なお店だ。
2階建てで意外に席数は多くて、1Fはカウンターに立ち飲みスペースで15席ほど、2Fは2人テーブルが2、4人テーブルが2という構成。
 (24331)

2Fが禁煙関なのでそちらに移動。雰囲気写真をどうぞ。こういうカフェ的でシンプルな感じ。1組おられたが1瞬だけ我々になったのでパチリ。遅めの時間が人気で20:30過ぎに直ぐにカップル3組で満席になったのだ。
 (24332)

ドリンクメニューはテーブルに、お料理メニューは大きな黒板に。なかなか豊富ではありませんか。。。(ちなみに18:00までに入ると、ハッピーアワーでグラスワイン半額)

お手軽フレンチ

 (24333)

前菜盛り3種。量がわかりにくいですが奥のキャロットラペはなんだか小マウンテン。お隣中央部は北寄貝にムール貝、イカにエビのマリネ。結構しっかり目の酸味。
 (24334)

こちらは、安納芋のグラタンドフィノア。シンプルなグラタンだが、芋の甘味が攻め込んできますな。美味しいです。
 (24336)

海老のキッシュ。上にでろりんととろけたチーズがたっぷり乗っていて、トマト味の海老と良く合う。キッシュも料理人の数だけバラエティがあるという感じですな。

飾らないけど美味しい

 (24337)

あーこれは良い!と出てきてニコニコになった肉加工品5種盛。キャルなんちゃら、とか言わないのが、逆にお洒落(汗。
厚切りベーコン、生ハムにロースハム、大きな焼きソーセージにパテドカンパーニュでてんこ盛り。どれもちゃんとしていて美味しい。
いやー、再度繰り返しますがこれは良いです。パテドカンパーニュはレバーを使っていない締まったタイプで、こちらが好きと言われる方も多いかも。
 (24339)

〆はパテドカンパーニュと一緒にパンを食べたくて、パンに合うものをもう1種!と追加したフォアグラと卵のココット焼
 (24341)

パンは豚まんぐらいのむっちりほわほわ系で。器を含め、面白い出し方ですな。

先のココット焼をぐっちゃぐっちゃと混ぜて、パンと合わせていただくと鉄板的旨さ。いやー、良いです。

〆にはビタープリンを

 (24342)

甘いものも当然食べるのだ。実は奥の皿を食べに来た!な、このお店名物、大人プリン、手前は専用ガラスケースに入ったカヌレ。

大人プリンは超ビターなカラメルが円やかプリンと見事な調和を見せる素敵な一皿。珈琲を呑めるなら子供でも喜ぶでしょうな。カヌレもしっとり、ちゃんとしておりました。以上で充実ディナー終了。
仕事帰りのお若いカップルでとても盛況!御馳走さまでした、また軽呑みに使わせてもらいます~。

フランス食堂 ekaki の感想

フランス食堂 ekaki 店舗情報

店名:フランス食堂 ekaki
住所:京都市下京区貞安前之町611-3
営業時間:15:00~24:00
定休日:不定休
TEL:075-708-3675

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。