2018年9月15日 更新

グルメすぎるローストビーフガレット★クレープリー cafe363【河原町エリア】

御幸町通りのランドマーク的人気カフェ。自家製ローストビーフを使用したガレットはわさびソースの香りが尾を引くグルメな味わい。

河原町エリアのテッパンお洒落カフェ

 (100302)

御幸通りのクレープリー
一際目を惹くオレンジのひさし。
入り口は正面とサイド二箇所に設けおり、通り沿いオープンなスペースにもお席を設けられいます。
 (100304)

店内はタイルを用いたアラビアンな凝った装飾。
可愛らしくかつエキゾチックな魅力。
お席は大人数も利用可能なソファ席からお一人様で気兼ねなく利用できるコンパクトなお席もあり。ティータイムも重なり、
クレープの甘い香りが店内に広がっていました。

魅力的なガレットやクレープ達

 (100303)

ドリンクがつくランチメニューも遅くまでされていますが、自家製ローストビーフの文字に踊らされこちらを単品で頂く事に。
ドリンクやスイーツも豊富。
ローストビーフガレット ¥920

ローストビーフガレット ¥920

自家製ローストビーフのガレットをチョイス。
さっくり、もっちりした蕎麦の風味いっぱいの生地。
わさびとオニオンが
爽やかにまとめあげます。
 (113543)

お野菜も新鮮。
特にトマトはフルーツを思わせる甘さ。
見た目以上に食べ応えもありランチとしては十分です。
 (113544)

店内はWifiも完備でコンセントも利用させてくれます。
オープンで使いやすいカジュアルな雰囲気、
カフェメニューも豊富で人気があるのも頷けるマルチユースなカフェでした。

cafe 363 クチコミ情報

cafe 363 店舗情報

店名:cafe 363
住所:京都市中京区御幸町通蛸薬師下ル船屋町363-1 MJビル 1F
電話番号:080-2454-8902
営業時間:10:30~21:30(L.O.21:00) 土日22:00まで
定休日:第2水曜日
関連ページ:http://cafe363.com/a
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

”元祖ハヤシライス” 思わず『!』早矢仕ライスの産みの親★文明開化とマルゼンカフェ(京都BAL)

”元祖ハヤシライス” 思わず『!』早矢仕ライスの産みの親★文明開化とマルゼンカフェ(京都BAL)

華々しくオープンした京都BAL地下2階のマルゼンカフェ。ハヤシライスの元祖とも言われる由緒のあるメニューが頂けるなんともプレミアムなカフェ。東京とこちら京都でしか食べれない商標登録されている【早矢仕ライス】をご賞味あれ。
新食感の韓流デザートブルーベリーチーズケーキ雪で長居必至★デザートカフェ「雪のはな」【河原町】

新食感の韓流デザートブルーベリーチーズケーキ雪で長居必至★デザートカフェ「雪のはな」【河原町】

寺町通りにある京都では珍しい韓流デザートカフェ。新食感氷にもちもちした自家製パスタとお食事もスイーツも見逃せない★
京都カフェ|『幻想と現実』時が止まる癒しのひとり時間*月と六ペンス【御所南】

京都カフェ|『幻想と現実』時が止まる癒しのひとり時間*月と六ペンス【御所南】

ここには最高の無がある。トーストを囓り、ハンドドリップコーヒーで舌鼓。孤独を愛おしく思える一部屋の魔法。
穏やかな時間が流れる普段着の京都喫茶*『ウインズ』【堀川四条】

穏やかな時間が流れる普段着の京都喫茶*『ウインズ』【堀川四条】

スポットライトを当てたい、ネットなどでは情報が不足気味なマイナー喫茶店。こちらは大通り脇にひっそりと営まれている街の喫茶店。 充実しすぎる丁寧な仕事ができる光る真心モーニングセット、穏やかに流れる時間は普段着の京都の姿を愛おしく思える瞬間です。
京都のレトロオシャレビル★ボリューム満点のクロックムッシュ「アンデパンダン」【京都カフェ】

京都のレトロオシャレビル★ボリューム満点のクロックムッシュ「アンデパンダン」【京都カフェ】

三条通のランドマークともいえる1928ビル。今や新しいライバルカフェが次々とオープンされるなか人気の衰えを知らないアンデパンダン。その魅力は個性豊かなメニューとカジュアルな使い勝手オンリーワンのかっこよさにありました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen