2016年5月13日 更新

【神出鬼没】土日だけ突如鴨川に野点特設スペース!自由なスタイルで茶の湯に触れる☆「鴨茶・茶の湯集団鴨ん会」

京都には古くから茶の湯文化があります。古い歴史のあるもの、王道なところでは茶道の家元御三家。そして新興のものまで。そんな中、新興の面白い茶の湯集団発見。

賀茂川に突如出現する謎のスペース

 (33464)

友人から、土日だけ鴨川でやってる「鴨茶」てのがあるよ~と。
なんじゃそら?と、調べてみるとFBやツイッターで出没時間と場所を告知する野点。

この日は雨で、どこでやってるんだろう?とウロウロ。
すると賀茂川・北大路橋の下に川に張り出した怪しい特設スペース(笑)
 (33463)

主はその向かいに簡易ベッドを持ち込んで寝てましたが(笑)
一服お願いしました。
こんな茶箪笥まであります。
 (33465)

もちろん畳の上なので靴を脱いでましたが、よかったら川の水に足でも浸して
涼んでください、と。
この日はあいにくの雨だったので、形だけ(笑)

そして、お点前スタート

もともとちゃんと茶道家元の流派の方のようですが、型にはまらず自由なスタイルでお茶を楽しみたい、ということで、こんな活動をしている「茶の湯集団・鴨ん会」のお一人。
この方以外にも、自転車にカセットコンロと茶釜積んで、野点される方も。
 (33468)

信楽からトラックに茶室を積み込んで、土日だけこんなふうに茶をふるまってるんだとか。
当初は怪しいので職質されたりしたそうですが、営利目的ではなく茶の湯を広めたいという活動の一環であるということで、認めてもらってるんだとか。

型にとらわれず

 (33466)

 (33469)

なので、お菓子から食べて~ということでもなく、一緒によかったら食べてください!と。

そして、入れてもらった茶も斬新。水出しの抹茶。 絵の具のような練り茶には黒豆を付けて食べてみたり。
 (33467)

背後では、たまたまではありますが、三味線の練習をしている方が。
ちょうどいいBGM。

ここではお茶を通して、いろいろと世間話。よく人生相談をされたりもするそうです(笑)
小1時間くらい過ごして、最後それぞれの感覚で心遣いとしていくらかを。

神出鬼没。ちょっと日常にはない、不思議な感覚。ラッキーにもめぐり合えたら、ぜひ体験してみてください。

ヨ~イヤサ~♪

鴨茶 への口コミ

茶の湯集団 鴨ん会 基本情報

名称:茶の湯集団鴨ん会
関連サイト:
https://twitter.com/kamonkai?lang=ja
https://twitter.com/tamemasahito?lang=ja

尚、鴨茶は鴨川べりで開催されています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな