2020年4月6日 更新

古道具に埋もれてお茶できます ♪☆「古道具と喫茶のお店 ペンデュラム」【堀川御池】

店主が長年収集されたアンティーク品が所狭しと並べられ、その合間のわずかなスペースに据えられた席で楽しめるカフェ☆庶民的で親しみを感じるものが中心で懐かしい昭和感を思い起こさせるお店です♪

リアルに懐かしい方おすすめ

 (181814)

白い壁にグレーっぽい青色の扉
ナチュラルテイストの外観は今時のおしゃれカフェですね。

その印象とは裏腹に店内は昭和レトロな器や雑貨がいっぱいです。

”アンティーク”という表現よりも、もっと日常に近いレトロ感。
「子供の頃うちにもあったあった!」みたいなものが其処此処に散らばっています。

”蒐集”を趣味とする方にはそれぞれいろんな拘りがあって、ジャンルやテーマがあるものだと思います。
こちらは普通に日用品としてすぐにでも使えるものが多いですね。
あくまで理屈でなく、無意識にそういう物に惹かれるんでしょう。

シンプルで機能的なフォルムやデザインは懐かしさも感じつつ、今現在も十分おしゃれです。
”普遍的”などと大層なものでなく、さりげなくその時代に創られたものが、改めて見てみれば存在感を発揮している物があるんですね。

そんな”妄想”を展開しつつ、静かにお茶できます。

こういう感じで過ごせるカフェ自体、なんだか懐かしい(笑)
 (181816)

 (181900)

 (181901)

 (181824)

 (181817)

レトロ感とお菓子の嬉しいギャップ

 (181818)

「お茶も出来る古道具屋さん」ではあるんですが、こちらで用意されているお菓子はとてもそんな扱いには勿体無い、素晴らしく美味しいものです。

むしろこれが看板と言っていい美味しさ。
スコーンを2種類いただきましたが、絶品です。

ほろほろの柔らかさとしっとり感。
そのままいただいても十分美味しいのですが、付いてくる生クリームとジャムがまた絶妙の存在で、スコーンに付けていただくのはもちろん美味しいし、クリームとジャムだけでも美味しい。
付ける量やバランス考えないでもいい自由さが素晴らしいですね。
思わず笑ってしまうほどの美味しさです(笑)

その他「本日のケーキ」としてガトーショコラなどや、
ランチ向きにもなるフレンチトーストやクロックムッシュなど。

全部試したくなる、ってやつですね。
 (181819)

クランベリーのスコーン。

泡立て器の「カツカツカツ!」という音はほっこりしますね。
クリームの立ち方が”美味しさの記憶”です。
 (181821)

イチジクのスコーン。
それぞれ付いてくるジャムが違います。
 (181903)

 (181822)

 (181823)

 (181815)

三条小川通り上ル
街中に近いようで、この辺りは静かで落ち着いた雰囲気ですね。

こういうスローなカフェは以前はたくさんあったような気がしますが、何故だかとても新鮮です。
地味な存在で続いてほしいお店です。
 (181906)

#古道具と喫茶のお店ペンデュラム 口コミ情報

店舗基本情報

■店舗名    古道具と喫茶のお店 ペンデュラム(pendulum)

■住所     京都市中京区小川通姉小路上る西堂町508番地

■営業時間   月火木金  11:00-18:00
        土日   11:00-17:00

■定休日 水曜日、他不定休

■詳細ページ  https://www.instagram.com/pendulum_studio/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

千恋し 千恋し