2016年11月20日 更新

【新店】9月オープン京都初上陸で行列も!あの丸亀製麺と同系列店「豚屋とん一」【寺町商店街】

この9月にオープンした新店。たまたま他の日に歩いていて行列が出来ていたんで、気になってランチへ。讃岐うどんでおなじみの丸亀製麺をプロデュースする会社の別業態が京都初上陸。

寺町商店街に9月オープンのカツ丼、トンテキのお店

 (59224)

先日、夜たまたま他の取材で歩いていると、ここが行列に。この9月にオープンしたとんかつ、カツ丼、トンテキのお店。調べてみると、あの讃岐うどんで有名な丸亀製麺を手がける会社・トリドールホールディングスの別業態。
 (59226)

 (59227)

トリドールですが、こちらは豚メイン(笑)この時点でけっこう割安な印象。まだ12時前でしたが、早速入店。

うなぎの寝床式に意外と広い店内

 (59229)

間口が狭い割に、奥にかなり長く広がる店内。手前に長い白木のカウンター席、奥にグループ用テーブル席。さらに2階には座敷席もあり、家族連れや大人数対応も。
 (59228)

で、再びメニューを吟味。とんかつ定食もかなり惹かれるし、どんなだか見てはいないが熟成豚のかつ丼550円(税別)は破格。いろいろ迷ったが、「名物」の文字に従順にとんテキ定食を注文。
 (59230)

おニューな店内は清潔そのもので気持ちいいですよね。いろいろ卓上にアメニティ。
 (59231)

ドレッシングはごま、たまねぎの2種類。そして、唐揚げ用ですかね。からし、わさびマヨも。
 (59232)

けっこう好きなんですよね。つぼ漬け。こちらもフリー。

おかわり不要のボリューム感!

 (59233)

で、注文したとんテキ定食890円。チェーン店系とんかつ店でデフォ装備になりつつあるご飯、味噌汁、サラダおかわり自由はないものの、最初からけっこうなボリュームで登場。
 (59234)

メインとなるとんテキもけっこうデカ目。これならおかわりナシでも十分満足できる量。で、その分安い。
おかわり自由の店に行くと、そこそこの価格なんで元を取らねば!て心理に陥りがちで死ぬほど食べてしまうわけですが(笑)
おかわりない分、安い。ありそうでなかった発想。
 (59235)

この肉厚とボリューム感。で、このタレがまたご飯増進剤。素揚げして柔らかくなった丸ごとにんにくをペースト状に潰しながら、肉に絡めて、練がらしもつけて。いいよいいよ~トンテキ。
千切りキャベツもたっぷり、味噌汁はなめこ。時折、つぼ漬けポリポリ。で、あっという間に完食ゴチ!

最後、仕上げに番茶を頂いて、ほっこり。
けっこう、周りの友人からも好評の声。納得。カツも気になる。またこれは来るな。きっと。

ヨ~イヤサ~♪

豚屋とん一 への口コミ

19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【新店】関西初出店で10月オープン!JAZZクラブ『ブルーノート』のカフェ☆ホテルリソルトリニティ京都 「ブルーブックスカフェ 京都」

【新店】関西初出店で10月オープン!JAZZクラブ『ブルーノート』のカフェ☆ホテルリソルトリニティ京都 「ブルーブックスカフェ 京都」

10月にオープンした、御池通りから麩屋町上がった場所にあるホテルリソルトリニティ京都館内にあるカフェ。全国にチェーン展開するジャズクラブ『ブルーノート』がプロデュース。店内には本も並ぶ落ち着いた雰囲気。
丸亀製麺 トリドールの新業態は"肉食堂"「肉のヤマキ商店」が京都に初上陸!!

丸亀製麺 トリドールの新業態は"肉食堂"「肉のヤマキ商店」が京都に初上陸!!

丸亀製麺のトリドールが手掛ける肉食堂「肉のヤマキ商店」が伏見の一号線沿いにオープン!昼は焼肉定食やどんぶり、夜は鉄板ホルモン焼きやすき焼きがいただけます!
【京都発酵食品めぐり】10月オープン新店!全国の醸造味噌32種類を扱う味噌専門店「蔵代味噌」

【京都発酵食品めぐり】10月オープン新店!全国の醸造味噌32種類を扱う味噌専門店「蔵代味噌」

地下鉄烏丸御池駅にもほど近い場所に、今月オープンした醸造味噌の専門店。全国津々浦々の選りすぐり味噌が全部で32種類。レアな味噌やブレンド味噌も。
肉汁プッシャー!な京都の人気ハンバーグ店「とくら」が三条にオープン!

肉汁プッシャー!な京都の人気ハンバーグ店「とくら」が三条にオープン!

京都のハンバーグ好きならご存知であろう「とくら」が三条に3店舗となる店舗をオープンなり。ランチで行ってきました。
餃子専門店出店ラッシュの京都!「京GYOZA 杏杏(しんしん)」が花遊小路にオープン【開店】

餃子専門店出店ラッシュの京都!「京GYOZA 杏杏(しんしん)」が花遊小路にオープン【開店】

四条通から新京極通に上がり一本目の路地、花遊小路にオープンした杏杏(しんしん)でランチ呑みなり。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな