2016年3月8日 更新

【神コーヒー】伝説のオオヤコーヒーに出会える個性派カフェ「FACTORY KAFE 工船」【河原町今出川】

カフェの多い街・京都。老舗から新店まで幅広く。そんな中、全国的に有名でコーヒー通の間では知らない人はいない伝説のコーヒー、京都・美山に焙煎所をかまえるオオヤコーヒーが飲めるお店。ご紹介します~

わからなければたどりつけない、謎のコーヒー店

ずーっと存在は知りつつ、行こう行こうと先送り。いつも場所だけは確認しつつ。じつは実際たどりつけなかったことも(汗)どんだけ方向音痴やねん!とも言えますが
 (21082)

河原町通り沿い。特になんの看板もありません。以前はこの入り口に案内札ぐらいあったような記憶がありますが、今では全く手がかりなく。郵便受けにかろうじて店名が。ここで正解でした(笑)
 (21083)

階段を上っていけばいいのかそれすらわからないかんじ
 (21084)

そして、古い学校のような廊下に、こんな引き戸のあるスペースがいくつかあります。ここの建物は、元進駐軍の病院だったそうです。そんな場所のリノベーションもちょっと珍しい。ガラス越しからなんとなくここが目指すお店だと確認。そして入店

店内にはなぜか自転車屋も(笑)

 (21086)

 (21087)

わりと広めの、まるで作業所のような雰囲気。少し大きめのテーブル一つとカウンター席。入り口にはアンティークだけど、現役のコーヒー焙煎器。ちょっと圧力釜のような。こちらの豆はオオヤさんと店の共同焙煎とのこと。
 (21089)

店の奥には、なぜか自転車屋さん(笑)サイクリング界では有名なお店らしいです。私もチャリ乗りなんで、珍しいフレームあったりして、ちょっとうれしい~♪
 (21088)

そして、カウンターはこんな雰囲気。ゴルフしてるカストロのポスターがいい感じです~
予備知識で女性の店主だと思ってましたが、この日は男の方。

世界地図表示もある個性的なメニュー

 (21085)

世界地図表示されてる国の豆を取り扱っているようですが、現在あるのはシールの貼った国。そして、焙煎ぐあいもシールで色分けされています。そして、さらに「こってり」と「あっさり」の指定ができます。
今回はブルンジの深煎り、こってりを注文

時間をかけて丁寧にネルドリップ

 (21090)

注文聞いてからコーヒーをミルで挽く。意外と豆の投入量多め。そして、こんなふうにネルに湯を注ぎ、ぷっくりとコーヒーのドームを形成しつつ丁寧に淹れる。まさに一杯入魂な雰囲気。

この間、テイクアウトで豆だけを買いにきた客4~5人は待ち状態。いつもの光景なんでしょうかね。どうも、業務用で買いにきたみたい。

まったく想像外のコーヒー

 (21091)

こんな風に木盆に乗ったグラス入り。こちらの女性店主のお父様が金沢在住の漆作家で作られたもの。切子ガラスも知り合いのガラス作家オリジナル。

そして、飲んでみました。
最初の印象・・・温ッ!まあ、温いから取っ手ないグラスで飲めるという。とても、濃く強い焙煎。こってりチョイスということもあるのか。そして、このときはわからなかったが、後々、コーヒーの後味がずーっと口に残る。そして、不思議なことにコーヒーが食道をつたって胃に落ちて身体に拡散していく導線がわかるんですよ。マジで。
あ、私霊能者とかそんなんじゃないですから(笑)なんの先入観も思い入れもなく飲んでそれですから。

これはヤバイコーヒーに出会ってしまった!!そんなかんじです。

そして、いまやオオヤコーヒーの虜(笑)

 (21092)

後日わかったことですが、あの温さ。このオオヤコーヒーには最適な抽出温度だったんだとか。玉露とかと同じ感覚なんですかね。

そして、この本。図書館にあったんで借りてきました。自分がこんなストーカー体質だったとは驚き(笑)もう、あれ以来オオヤコーヒーの虜です。京都には他にもオオヤコーヒーを扱ってるカフェがいくつかあるみたいなんで、また他の店でも試したい。ヤバイ!中毒かも

ヨ~イヤサ~♪

FACTORY KAFE 工船 への口コミ

FACTORY KAFE 工船 基本情報

■店舗名
FACTORY KAFE 工船
■住所
京都府京都市上京区河原町通今出川下ル梶井町448、清和テナントハウス2F G号室
■電話番号
075-211-5398
■営業時間
11:00~21:00
■定休日
月曜日・火曜日(祝日は営業)
■禁煙・喫煙
全面喫煙可
■駐車場

■詳細ページ
http://ooyacoffeeassociees.com/?cat=7

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな