2016年9月6日 更新

京都土産には八ツ橋の「おたべ本館」がオススメ!工場見学や手作り体験もできます!

おたべ本社工場に併設されている「おたべ本館」。八ツ橋はもちろんですが、ここでしか買えない季節の生菓子や洋菓子などがありますよ!

ショップの他に、生八ツ橋の手作り体験「おたべ体験道場」(要予約)や製造工程を見学して頂ける「おたべ小路」も人気です。
駐車場は完備してあり、観光バスも停めれますので週末には観光客でいっぱいになります。
 (1791)

1号線十条の交差点からすぐですよ!こちらが外観です、「おたべ」の文字が目立ちますね。売店と別館の休憩室とに別れています。
 (1793)

なんと売店のお隣では工場見学やおたべ作り体験ができます!対象年齢は小学5年生以上になっており、体験料は600円とリーズナルな料金設定になっています。一週間前にはお電話にてご予約ください。

あったらラッキー!おためしバーム!

 (53521)

製造過程の中で、どうしてもちょっと形が崩れたものがでてきます。そんな京ばあむが、おためし価格が買えることもあるんです。
 (53522)

常に売っている訳でもなく、すぐに売り切れちゃうの買えたらラッキー!
もちろん味はいつも通り美味しかったですよ^^

本館にしかない季節の生菓子!

 (1796)

メロンのロールケーキ、フルーツのタルト、うんうん美味しいそう。

え?!おたべ本館には、他店舗では取り扱いのない洋菓子もいっぱいありますよ!!
 (1798)

和菓子や和スイーツだけではなく、普通のケーキ屋さん顔負けのラインナップです!
ケーキ屋さんではなく、ケーキはおたべって決めているお客さんもいるそうですよ。
 (1800)

とは言え、ぼくは生クリームあまり得意ではないので「ほんどらレアチーズ」買って帰り、美味しく頂きましたとさ(笑)

八ツ橋以外にも豊富なラインナップ!

 (1803)

定番の八ツ橋と思いきや、半分はチョコ八ツ橋です。チョコ、いちごチョコ、抹茶チョコの3種類があります。
 (1805)

最近一押しの「京ばあむ」です。美味しさもさることながら、このロゴデザインも秀逸です。
 (1807)

こちらは、抹茶やほうじ茶を使ったラスクとラングドウシャです。和スイーツですね、お土産にも喜ばれそうです。
八ツ橋だではなく、多くの和スイーツや洋菓子、工場見学や八ツ橋つくり体験もでき、美味しいと楽しいが詰まった店舗になっているのが人気の秘密ですね!

お土産にはもちろん、洋菓子もあるので普段使いにもいいかもしれません。せっかくなので、一度おたべ本館に寄ってみてください。

おたべ本館への口コミ

おたべ本館の基本情報

名称:
おたべ本館
住所:
京都市南区西九条高畠町35-2
営業時間:
9:00~18:00
定休日:
年中無休
関連URL:
http://www.otabe.jp/

MAP

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン