2018年6月19日 更新

【京都の町屋カフェ】北欧インテリアと和のオシャレ空間「cafe OWL」でクレームブリュレ食べてきたん【四条烏丸】『最先端星人の京都探索』

四条烏丸の近くにカフェ巡りが大好きだったオーナーご夫妻が開いた、京町屋をリノベーションしたカフェ【cafe OWL】があります。オシャレで居心地の良い空間で、こだわりのある手作りケーキを食べに行ってきましたん。 筆ペン画家の「最先端星人」がレポートします。

四条烏丸のカフェ【cafe OWL (カフェ アウル)】

 (126801)

京町屋をリノベーションしたカフェ【cafe OWL】が四条烏丸にあるので行ってきたなり。
場所は地下鉄「烏丸」駅から徒歩約8分、四条通から西洞院を北に入ったところにありますん。
白い外壁に緑の洋風ドアが目印だよ。
 (126800)

1階は2人席のテーブルがありますん。
北欧インテリアや置いてある食器・雑貨もオシャレな雰囲気の店内。
1人でもまったり過ごせそうな空間で、料理本などが読めるブックラックもありましたん。
 (126799)

2階の様子。
京町屋をリノベーションしたお店なので、梁を活かした和洋折衷でシンプルなオシャレ空間となっているよ。
2階にはソファー席もありましたん。
 (126744)

【cafe OWL】の【OWL】とは英語で【フクロウ】のこと。
店内には可愛いフクロウの置物があちこちにあったなり。
「不苦労」や「福来郎」と呼ばれて縁起のいい鳥らしいね◎
 (126796)

ショーケースに並ぶ手作りケーキ達。
手作りケーキってところがイイネ!
この日訪れたのが16時過ぎだったのでなかったけど、彩り豊かなフルーツケーキもあるらしいよん。
 (126798)

メニュー表。
今回はスイーツを食べに来たのでケーキセットを。

ケーキ以外にもランチメニューも興味をそそられたなり。
新鮮野菜をふんだんに使った月替わりの限定デリプレートランチや、オーナーの実家の鮮魚店から新鮮なお魚を使ったSAKANAYA丼やSAKANAYAカレーなど。
今度はランチも食べに来よう♪
 (126794)

クレームブリュレとオレンジジュースにしたよん。
 (126745)

クレームブリュレとは「焦がしたクリーム」という意味で、カスタードクリームの表面をバーナーなどで焼き目をつけ焦がしたデザートなり。

オーダーした後に表面を焦がして出してくれるなり。
 (126793)

表面は良い塩梅に焦がしてあって硬いの。
スプーンで優しくコンコンとノックしてみよう♪
パリパリンとつつくと割れまする。
 (126792)

中のカスタードクリームはとろとろ~ん。
ほどよい甘さで手作りならでわの温かみのある味。
パリパリとトロトロの食感ハーモニーは抜群。
 (126791)

こちらは一緒に行った友達が頼んだカスタードとレアチーズのタルト。
ブルーベリーソースがついてくるよ。
タルト生地の上にカスタードとレアチーズクリームが層になっていて、色んな味わいを楽しめる一品。
 (126790)

ベイクドチーズケーキ。
こちらは重厚感のあるチーズケーキ。
やはり手作りの優しさ溢れる味わいだったなりん。

カフェ巡りが好きだったオーナーご夫妻が開いたカフェだけあって、こだわりのある店内も居心地の良い雰囲気でしたん。
ケーキも美味しかったなり◎
今度はランチでもお邪魔しまする!
 (126743)

【cafe OWL】店舗情報

住所:京都市中京区蛸薬師通り西洞院東入る不動町165-2

TEL:(075)-746-5144

営業時間:11時~17時
お食事 16時 ラストオーダー(売り切れ次第終了)
カフェ 16時30分 ラストオーダー
※当日の仕入れ・仕込みの状況によりラストオーダー・営業終了時間が早まります。

定休日:不定休(HPにてお知らせ)

HP: http://cafe-owl.com/index.html

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

最先端星人(筆ペン画家) 最先端星人(筆ペン画家)