2016年5月6日 更新

【寺町二条】スタイリッシュなモダンフレンチでとっておきの時間を☆「Méchant Loup(メシャン・ルー)」

たまにはちょっとドレスアップして、フレンチディナーを。ということで、友人と。

外観からは全くなんのお店だかわからない

 (31824)

グルメな友人と久々にディナー。そしてネットで調べて行く初訪のフレンチレストラン。
寺町通りは一保堂にしょっちゅう通るのに、まったく気づかず(笑)
まさか、フレンチレストランだったとはこの時まで全く想像つきませんでした。

そして、ドレスコードもあり。まあ、ビーサンやらTシャツでなければ・・・てくらい。
 (31825)

店内もシンプルでスタイリッシュ。ところどころ紫がキーカラー。
ちょっとノーブルカラーでもありますよね。

あらかじめ予約したコースでスタート

 (31826)

あんまりワイン詳しくないので、好みを伝えてその都度グラスで。
 (31827)

アミューズ。フォアグラの舌にまとわりつくねっとり感がいい。
 (31828)

こちらもアミューズ。鴨のコンソメでしたかね。濃厚。

品数の多さに驚き!まだまだ続きます(笑)

 (31831)

いろいろな野菜でサラダ仕立てのラングスティーヌ。ホワイトアスパラが立ってます。
 (31832)

ブルターニュ産リ・ド・ヴォーのポワレ。ジロール茸も香ばしく。
 (31833)

つぎの魚に合わせて、スイッチ
 (31834)

敦賀のヒラスズキのロティ。鮮やかな食用花。ソースもアワアワの魚介系マリ二エールソース。
 (31835)

ラカン産仔鳩のグリエ。万願寺と上賀茂トマトが添えられて。
 (31836)

ソルティードッグのソルベ。グレープフルーツのジュレも爽やか。
 (31837)

あまおうイチゴをいろいろなスタイルで。イチゴの中にドロンとしたゲル状のものが(笑)
 (31838)

コーヒーのお供。
 (31839)

食用のほおずき。京都で作ってる農家さん、いるそうです。酸味がさわやか。

なんて品数多いディナー。そして、たっぷりと時間かけて贅沢にいただきました。
イマドキフレンチですね~細工もすごく細かくて、わりと軽めの素材重視な味わい。
大食漢の私もかなり満腹。ごちそうさまでした!

ヨ~イヤサ~♪

Méchant Loup (メシャン・ルー)への口コミ

Méchant Loup (メシャン・ルー)基本情報

■店舗名
Méchant Loup (メシャン・ルー)
■住所
京都府京都市中京区 寺町通二条上ル常盤木町55
■電話番号
075-212-2012
■営業時間
12:00~15:00 (L.O.14:00)
18:00~23:00 (L.O.20:30)
■定休日
水曜日、第2第4木曜日
■禁煙・喫煙
完全禁煙
■駐車場

■詳細ページ
mechantloup.com
36 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな