2019年10月19日 更新

【閉店】石窯で焼き上げたピッツァはハイレベルの仕上がり「メルカート」@梅小路公園前

※閉店されてました。 お休みの日は子供連れで大人気な梅小路公園。その前にある京果会館1階、「ピッツア メルカート」にやってきた。

こだわりの石窯

 (34205)

※閉店されました。

以前からFBなどでかなり評判が良いのを読んでいて、期待満点でお店に来たのだ。(ランチでしたが、予約OKでした)
 (34206)

梅小路公園前にある京果会館は、ハンバーグ&ステーキ店やらカレー屋、パンカフェに小じゃれた八百屋さんなど、色々なお店は入っている。その中でも結構大きそうな箱で全38席。

外に設けられたテラス席もうららか気分なのだが、今日は薪釜の斜め前ぐらいのカウンターに陣取るのだ。薪釜前でいそがしそうにピッツアを焼いておられるシェフが、非常~に体格の良い方なのでこれは当たりだ!と食べる前から確信。。
 (34207)

丁度座った目の前に、ピッツア生地を寝かせてある木箱が置いてある。ぱっと見、お正月の鏡餅ぐらいの存在感。それを件のシェフが見事な手さばきで伸ばしていくのだ。

ランチメニューは¥1300がベースで、それでサラダとピッツア1枚、それにお好きなドリンクが付けられる。個人的には、赤白ワイングラスや、シードル、ノンアルコールビールがチョイスできるのが非常~に嬉しい。ピッツアは全7種類で、水牛チーズのマルゲリータが+¥600という構成。

サラダもしっかりと

 (34208)

サラダもおまけではなく、カポナータや、茹でカボチャのサラダなど付け合わせも気が利いているのだ。
 (34209)

ランチメニューに追加できるイタリアンライスコロッケは¥300なり。2個お願いしました。
 (34210)

表面はかりりと、トマトライスにチーズとろーんで、ま、旨くない訳がないわけで。

焼き上がりはふっくらした程よい焦げ感

 (34211)

まずは登場、大定番のマルゲリータ。 ふっくらした程よい焦げ感がある生地に、しっかり量で且つ濃いトマトソース、それにチーズが高次元バランス。いやー、これはなかなか素晴らしいではありませんか。
 (34212)

ネギナーラなるこのお店オリジナルな一品で+¥200の加算メニュー。先のマルゲリータもしっかりトマトソースなのだが、こちらは角切りで濃いトマトがてんこ盛り!なのだ。いやー、よろしいではありませんか。
 (34213)

ボリューム的には非常にシッカリ量。充実!なのだが、甘いものも少しほしい。ジェラートも美味しい!とFacebookで読んでいたので挑戦してみようよということに。 店内中央部に冷蔵ショーケースがあり、ジェラートは10種類ほどスタンバっている。

野菜系のお惣菜類も美味しそう。
 (34214)

ベリーミックスとレモンをチョイス。いやー最後まで外しませんな、このお店は。CPは非常に良いと思います。
こういうお店に当たると、更にピッツア探究がしたくなる良店でした。お腹、大満腹なり!。

ピッツァ メルカートへの口コミ

ピッツァ メルカート 店舗情報

店名:ピッツァ メルカート (Pizza Mercato)
住所:京都市下京区朱雀正会町1-1 京果会館
営業時間:11:30~15:00 / 17:30~22:00※30分前LO
定休日:水曜日
TEL:050-5590-0856

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。