2017年12月10日 更新

紅葉のトンネルをくぐると?四季折々の景色が楽しめる「叡山電車」に乗るっ!

「叡電」の名で地元民に愛されている叡山電車。1~2両の電車が運ぶ先は、比叡山or鞍馬山。車窓の外を流れてゆく山の景色は春夏秋冬いつでも楽しめますが、秋はことに紅葉が美しいことで有名です。

期間限定で紅葉のトンネルがライトアップも!

「秋の夕日に照る山もみじ」と童謡に歌われるように、山の紅葉の鮮やかさは遠くから見ても素晴らしいもの。もちろん、山に入って近くで見るとその鮮やかさにうっとりします。
山の中を走る叡山電車の車窓からは、線路を囲むようにして植えられた紅葉がまるでトンネルのように連なり、重なり合っている景観を眺めることができます。
 (107450)

本日は、鞍馬山のほうへ行く鞍馬線に乗ります。こちらは、二軒茶屋駅。「もみじのトンネル」は、次の市原駅から二ノ瀬駅の間にあります。
叡電とは言えば、貴船、鞍馬、八瀬、一乗寺、宝が池など洛北エリアの観光電車として欠かせない存在です。
 (107454)

こちらは、市原駅周辺の景色。山が色付いて綺麗ですね!山のふもとのすそ模様~♪
 (107444)

さて、いよいよもみじのトンネルへ!
 (107446)

線路と紅葉の配置が、とても絵になります。
 (107447)

電車は駅以外では止まりませんので、シャッターを連続で押して写真を撮るのがオススメです。
 (107449)

夜は期間限定でライトアップされます。
 (107451)

車窓のすぐそばに紅葉が見えます。
 (107448)

ニノ瀬駅に到着!駅のホームも紅葉に彩られてきれいです。
 (107453)

終点の鞍馬駅。
 (107442)

終点なので、しばらくは電車が停車しています。紅葉と叡電を一緒にパシャリ。
 (107443)

なんとなく、ノスタルジックな気分になってしまう光景。味のある姿、叡電。
 (107452)

鞍馬駅名物の天狗です。デカイ!今年の冬の大雪で、鼻が折れてしまいました……。
 (107455)

さて、鞍馬駅で降りたらもちろん鞍馬寺へ行ってきます!

もみじのトンネルをくぐっている間はひたすらにシャッターを押していました。とにかく、どの景色も美しい!夏は青紅葉がとても鮮やか。季節ごとに、何度も訪れたい場所ですね。
2018年の春には新型車両がデビュー予定、ますます楽しみな叡電です。

叡山電車 クチコミでの評判

叡山電車 基本情報

名称:叡山電車
路線:出町柳~鞍馬(鞍馬線)/出町柳~八瀬比叡山口(叡山本線)
関連ページ:
https://eizandensha.co.jp/guide/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

キョウトピ編集部 キョウトピ編集部