2016年2月1日 更新

一乗寺 こだわり店主が作る小麦そば「おだしと小麦一三〇」【グルメ】

京都一乗寺といえばラーメン激戦区ですが、そこから少し離れた閑静な住宅街の中にある“小麦そば”のお店「おだしと小麦一三〇(いさお)」。一見ラーメンのようでもありながら「ラーメン屋ではございません」というこのお店。

かつて「伊佐夫」として営業していたお店がリニューアルして屋号も変更し、改めてオープンされたお店らしいのです。
ここのところずっと気になっていたので、たまたま京都に遊びに来た友人と一緒に行ってきました。
 (6288)

清潔感のあるおしゃれな店内とキッチン

 (6291)

爽やかな麻の暖簾をくぐって店内に入ると、清潔感のあるおしゃれな感じの空間にジャズが流れています。
 (6292)

カウンターに座りメニューを見ると、小麦そばは“天然昆布だし”、“極上いりこだし”、“芳醇鯛だし”の三種類。
悩んだ末、わたしは“天然昆布だし”を、友人は“芳醇鯛だし”を注文しました。
ごはんもかなり魅力的だったのですが、食べきれないと困るので今回は断念。

こだわりのおだしと小麦の麺

 (6295)

カウンター越しに出てきたアツアツの天然昆布だしの小麦そば、別皿で削りたての鰹節とネギが出されました。鰹節とネギはお好みで小麦そばに入れて食べるとのこと。澄み切ったなんとも美味しそうなおだしに、きれいな小麦そば。具材は超シンプルで四角豆と昆布のみ。
思わずため息が出るほど美しいです。
ひとくちおだしを口にすると、なんとも言えない幸福感です。あー、美味しい!
小麦そばは、想像していたものとは全く違い、少し固めのしっかりした麺で、それがまたこのおだしと良く合います。食べたことがあるようで、はじめての感じ。“ラーメンではない”というのも納得できます。
途中で別添の鰹節とネギを入れると、また別の印象に変わります。
 (6297)

友人が注文した“芳醇鯛だし”。別添で山葵と芽ネギと鯛だしのだし巻き。
これもまた全然違って美味しかったです!わさびと合う~。
カウンターのみなのに妙に居心地が良く、落ち着く店内で、親子連れのお客さんも来られていました。
うちのだし好きの息子もきっと好きそうです(笑)
だしの材料や小麦などすべてに店主のこだわりが感じられる新ジャンルな小麦そば、是非味わってみてはいかがでしょうか?

おだしと小麦一三〇への口コミ

店舗情報

名称
おだしと小麦一三〇(いさお)
住所
京都市左京区一乗寺樋之口町27 コーポラス禅1F
電話番号
非公開
営業時間
11:00~14:30 / 17:30~19:30
※お出汁が無くなり次第終了。
定休日
月曜日(祝日の場合は営業)
関連URL
お店のブログ
15 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

camecame camecame

オススメの記事