2017年7月25日 更新

土用の丑の日【御手洗祭】こちらが元祖だった?!☆蚕ノ社「元糺の池」7月25日開催

下鴨神社の御手洗祭(みたらしまつり)は有名ですね☆しかしこちら太秦の木嶋神社(このしまじんじゃ)でも元糺の池(もとただすのいけ)で御手洗祭が催されます☆調べるといろいろと深い不思議な関係がありそうです

糺の森と元糺の池

 (88265)

太秦の木嶋神社、通称「蚕ノ社」
こちらには「元糺の池」(もとただすのいけ)という神池があります

糺とは、「正しくなす」「誤りをなおす」という意味で、ここで禊ぎ(みそぎ)(身に罪、または汚れのある時に心身を浄める)をする行場なんだそうです

土用の丑の日には、この池で手足を浸して無病息災を祈るという足浸け神事が行われます

いわゆる「御手洗祭」(みたらしまつり)

御手洗祭と言うと皆さんご存知なのは下鴨神社の方ですよね

そして下鴨神社といえば「糺の森」

そうですね
おおいに関係ありなんです

平安時代、嵯峨天皇の時に、潔斎(けっさい、物忌み)の場がここから下鴨神社に遷され、賀茂明神も糺の杜へ遷されたという
この地には区別のため「元糺」と呼ばれたそうなんです
 (88266)

こちらが「元糺の池」

昔は地下水が湧いていたそうですが、近代化の波で残念ながら渇れてしまったそうです

現在は正月と御手洗祭の時だけ、地下水を汲み上げられています
地下30メートルの水脈だそうでとても冷たい♪

とてもミステリアスな三本鳥居

 (88268)

そしても元々水が湧いていたとされる場所には、
有名な「三柱鳥居」(みはしらとりい)、通称「三本鳥居」が

この三本鳥居の意味合いについては諸説いっぱいありますが、全くの謎みたいですね

とにかく神秘的で、近寄りがたい雰囲気は確かにあります
結界が無くてもここが限界…という感じ
 (88269)

 (88270)

池の入口の鳥居は、今こういう感じ
 (88274)

足浸け神事の前に本殿にお参りしましょう
 (88275)

 (88277)

「元糺の森」
 (88278)

下鴨神社の御手洗祭とは対照的に、こちらはこじんまりと地元のお祭的要素が強いのかも知れません

好みの問題ですが…
スピリチュアルな雰囲気がお好きなら、こちらは面白いと思います(笑)

木嶋神社(蚕ノ社)御手洗祭 基本情報

開催日時  2017年7月25日(火)

      AM8時〜PM11時

場  所  木嶋神社(蚕ノ社) 元糺の池

      京都市右京区太秦森ケ東町50

電  話  075-861-2074

駐車場   なし
15 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

千恋し 千恋し

オススメの記事

今注目の記事