2022年3月3日 更新

ゴロゴロとすじが入った『辛口カレーうどん』が名物!丸太町の人気店「食事処 やまびこ」

府庁前の人気店「食事処 やまびこ」で、名物の辛口すじカレーうどんのご紹介。柔らかいすじがゴロゴロとはいって食べ応えも満点です。

府庁前の名物食堂

 (219925)

柔らかい食感の京うどんがあるように、うどん店も多い京都。そして近年はコシの強い讃岐うどんのお店も増えています。

そんな うどんも好きな京都府民ですが、地元民ご用達 老舗のうどんが美味しい人気店をご紹介。

創業は1948年で長い歴史を持つ「お食事処 やまびこ」、場所は丸太町沿いの府庁前にあります。
地下鉄丸太町駅から数分とという距離です。
 (219926)

店頭でのアピールの通り、こちらの推しは「辛口すじカレーうどん」
単品は880円なのに温玉付きは900円。温玉は実質20円という破格のサービス価格。
 (219927)

すじカレーうどんには、ごはんやミニどんぶりのセットも可能です。
ほかに唐揚げやとんかつなどの定食やどんぶりもありました。

推しの『すじカレーうどん』

 (219929)

もちろんオーダーは、すじカレーうどんの温玉セットに。
温玉はセルフで割るタイプです。
 (219930)

うどんを少しかきわけ、センターに玉子ポケットを作って温玉をのせます。
玉子をのせると色のコントラストもでて、一気にシズル感が増しますね。美味しそう!
 (219933)

特筆すべきは、このとろとろのすじです。
こんなに大きめのすじがゴロゴロと入っているタイプはあまり知りません。

じっくりと煮込まれたすじは歯がいらないほどに柔らかく、旨味もたっぷり。スパイスの効いた出汁との相性もバッチリ。
お出汁もきいていますが、スパイスもきいていて結構辛口。じんわりと少し汗をかくほど。

その辛さでお水も何回かおかわりしました。給水機のお水はセルフなので、おかわりも気を使わなくていいです笑
最初にお茶はもってきてもらえます。
 (219934)

麺はコシがあるタイプではなく、いわゆる京うどんと呼ばれる柔らかい食感のものです。
トロみがって麺によく絡みますし、結構スパイシーなので麺の主張が強くない方が食べやすいので合っていますね。辛いんですがツルツルと箸がすすみます。
 (219931)

辛口のお出汁に温玉が力を発揮します。
黄身を崩し、玉子の旨味とまろやかさがお出汁に加わり、少し違った味わいに。
温玉はセットにしてくださいね。

すじの美味しさ、スパイシーさが際立つ、刺激的なカレーうどん。おすすめです。
 (219928)

十分辛口だとは思いますが、卓上には一味とコショウもありますので、お好みでよりスパイシーにしてくださいね。
 (219935)

店内はカウンター席と、テーブル席、お座敷といった感じで、シーンを選ばずに使えます。
府庁や府警、病院が近いということもあり、ランチタイムはお一人様のお客さんも多かったです。
 (219936)

夜には、こんな飲み放題がセットになったお手軽なコースもあるので、コロナが落ち着いたら仕事帰りにふらっと寄りたいもんです。

刺激的なカレーうどんが食べたいときにオススメです!

店舗情報

店名:お食事処 やまびこ
住所:京都市中京区丸太町通西洞院東入ル田中町122
営業時間:11:30~14:45 / 17:30〜21:30
定休日:不定休・日曜
HP:http://www.suji-curry.com/
16 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン

オススメの記事