2016年2月10日 更新

西院*めっちゃ旨な「平安白道舎」の七味は何と無人販売!【グルメ】【穴場】

阪急西院駅にほど近い住宅街にひっそりとたたずむ、年代を感じさせる民家。

一見何の変哲もないお宅の軒先なのですが、よく見ると無人販売のコーナーが。よく見るとあっとびっくりなモノが無人販売されています!
 (9350)

七味や一味が無人販売で売られてます!

 (9352)

 (9353)

趣味で作っていた七味が評判を呼び、3年ほど前から無人販売を開始。産地を厳選した七種七味を、石油ストーブで一種類ずつじっくり焙煎するという根気のいる手作業で、風味豊かな黒粉七味が完成する。
作り手の柏木さんは自家製のしば漬けに一振りするのがお好きだそう。他に、ユズが爽やかに香る「ゆず一味」や便利な「だしパック」も販売。こちらももちろん手づくり!
 (9355)

 (9356)

田舎に行くとよく軒先で野菜の無人販売をしているのを見かけますが、こんな街中で無人で売られているのは、何と七味や一味など調味料。手づくりの専用の棚に美しく収められています。
趣味で講じて販売というのがすごいですが、しかもおいしいと評判高いからなお驚きです。

七味屋など京都には七味の専門店がいくつもあって、それぞれ贔屓の七味屋を決めている人が多かったりしますが、こちらもお店で使うからとわざわざ買いに来られる料理人の方もおられるそうです。
私も七味や一味が好きで何にでもかけるので、こちらを知った時は速攻お買い上げ(笑)。
 (9358)

棚の右の穴にお金を投入。棚を開けて欲しい商品を購入しますが、薬味だけでも4種ありどれを買おうかつい迷ってしまいます。
七味系は1袋300円。ご丁寧に竹筒の七味入れも500円で売られています

山椒がよく効いている黒粉七味

 (9361)

我が家で愛用しているのはこの3種。オレンジ色のが「柚子一味」。柚子の風味がよく効いていて爽やか。下段左が黒粉七味。見た目は原了郭の黒七味に似ています。こちらは山椒のパンチある刺激が特徴。下段右は山椒の粉でまんま山椒。かなり濃厚です。
すべてに言える事なのですが、こちらのはどれもめっちゃ辛い!あまり考えずにパラパラかけるとエライことになりますので(苦笑)、少しずつふりかけながら様子を見ます。
しかしそれぞれ風味豊かで辛いだけじゃなくてとてもおいしいので、和洋問わず使えて便利。パスタにかけてもめっちゃおいしい。グッと味が引き締まります。
ぱっと見300円は高いかな?と思いますが、黒粉七味は原了郭のに似ていながら300円はリーズナブルですし、辛い分なかなか減らないので(笑)結局はかなりコスパ高い七味ではないかと。
七味好きな皆さん、一度購入してみてはいかがでしょうか。だしパックも300円とお得ですしご一緒にどうぞ!
ぼんやり通っていると見過ごすくらいさりげない店構えなので、気にしながら探してみてくださいね。

平安白道舎へのクチコミ

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

とっておきの京都の桜「高雄編②」名所から穴場、地元グルメまで

とっておきの京都の桜「高雄編②」名所から穴場、地元グルメまで

桜の見頃をむかえ、観光トップシーズンの京都。市内全体がにぎわいますが、市内中心部や人気観光地は混雑しすぎるという声も聞かれます。そこで今年は人ごみを避けて、伏見、大原、高雄、山科、西京、京北の、市内周辺部へでかけてみませんか?比較的ゆったり花見ができる「とっておき」のおすすめスポットをご紹介します。
【京都ランチめぐり】京都屈指の観光名所・嵐山の穴場手打ち蕎麦!喧噪を忘れる空間☆手打ち蕎麦「芳汕」

【京都ランチめぐり】京都屈指の観光名所・嵐山の穴場手打ち蕎麦!喧噪を忘れる空間☆手打ち蕎麦「芳汕」

京都屈指の観光スポット・嵐山の穴場的手打ち蕎麦店。渡月橋から少し南下するだけで、喧噪を忘れる空間。本格蕎麦がリーズナブルにいただけるのも良し。
【京都古墳めぐり】地下鉄駅スグの住宅街に突如あらわれる古墳!石室必見☆「天塚古墳」

【京都古墳めぐり】地下鉄駅スグの住宅街に突如あらわれる古墳!石室必見☆「天塚古墳」

地下鉄・太秦天神川駅から徒歩10分以内の住宅街に突如あらわれる古墳。一見、小高い小さな丘にも見え、古墳には稲荷の祠を祀り、参拝コースも設けられ、横穴式の石室も。
【京都神社めぐり】洛西の穴場新緑スポット!睡蓮も開花!!夏越の祓神事準備も☆「大原野神社」

【京都神社めぐり】洛西の穴場新緑スポット!睡蓮も開花!!夏越の祓神事準備も☆「大原野神社」

洛西ニュータウン、丘陵地、高台の牧歌的風景が広がる場所から山手に入った緑豊かな立地の神社。源氏物語にも登場し、京都市内の神社の中でも穴場的。
嵐山・ローズカフェ「La Vie en Rose(ラビアンローズ)」2018年春営業 6/3まで

嵐山・ローズカフェ「La Vie en Rose(ラビアンローズ)」2018年春営業 6/3まで

嵐山にあるバラに囲まれたカフェ「ラビアンローズ」。春と秋のバラのシーズンのみ営業するカフェで、2018年春の営業は6/3(日)までの予定。今年は例年に比べバラの開花が早く、間もなく満開の頃を迎えますよ。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス